学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

日本の寮がある高校への留学。どんな生徒が、何を目的に参加?

日本の寮がある高校への留学。どんな生徒が、何を目的に参加?

松本輝彦(INFOE代表)

海外子女+外国人が留学中。日本語・文化の習得に大きな成果。

昨年のこのコラムの「高校生 の日本留学」を読んで、全寮制 の日本の高校に留学する生徒 が出てきました。その高校生た ちの留学の目的と学習・生活の 様子を紹介しましょう。

明徳「1年留学プログラム」

以前紹介したのは、明徳義塾 高校(高知県)の「1年留学プロ グラム」です。この学校では在 校生の9割(約 800 人)が寮生と して、校地に住む教職員(とそ の家族)と共同生活をしていま す。また、留学生( 300 人・日本の 高校で最多)向けの基礎日本語 から、大学入試向けの高レベル の国語まで、数多くの授業が提 供されています。

◎Aさんの場合

アメリカ人・日本人をご両親 に持つAさんが、このコラムで 明徳のプログラムを知ったの は、高校 11 年生の初めでした。

バイリンガルに育てたいと いうご両親の強い希望で、毎年 のように、夏休みに日本に滞在 していたAさんですが、「日本 の高校生活を体験したい」と希 望して、 11 年生の4月から8月 の終わりまで、明徳の制服を着 て、寮生活を経験しました。

日本語の日常会話には困り ませんが、読み書きは小学校3 年生程度。日本語クラスで特訓 を受けると同時に、留学生と一 緒に他教科の勉強もしました。 放課後の部活動では「和太鼓」 を選び、夢中になって活動を楽 しみ、和太鼓大会出場を最後 に、アメリカに帰国しました。

12 年生の初めから現地校に 戻り、アメリカの大学に出願中 です。明徳での経験で自信を得 て、少なくとも1年は日本の大 学で学び、卒業後は日米の橋渡 しになるビジネス関係の職業 に就きたいと希望しています。

◎B君の場合

ご両親が日本人でロサンゼ ルス生まれのB君は、メキシコ の高校9年生でした。ご両親が サンディエゴで手にしたライ トハウスのこのコラムを読ん で、B君の明徳への留学が決ま りました。

数多くある部活動の見学中 に、重量挙げのコーチに「良い 体格しているな、少し挙げてみ ろ」と言われました。初めてリ フトしたところ、そのコーチの 「重量挙げの才能がある!」の 一言で入部。その後の3カ月間 の上達ぶりがケタ違いに素晴 らしく、オリンピック選手を育 てた有名なコーチが東京から 高知まで出向いて指導に来る ほど。周囲の期待と同時に、「日 本のチャンピオンになる」と本 人も自信が付いてきました。

大学進学は、「メキシコには 大学が少ないので、アメリカ の大学へ」と計画していました が、「勉強と重量挙げの両立を」 との希望が強くなり、1年の留 学を3年に伸ばし、日本の大学 への進学も考え始めました。

◎C君の場合

英語と韓国語のバイリンガ ルで育った9年生のC君は、3 年ほど前から日本文化に興味 を持つようになりました。高校 の日本語クラスだけでは物足 らず、日本語学校に通い、家庭 教師にも付いて、日本語・日本 文化を学びました。

ある日、明徳のパンフレッ卜 を日本語学校で貰って帰って 来て、「明徳へ行きたい」と言 い出しました。「他の子供と違 う教育を」と考えていたご両親 にとって、アジアからの留学生 が3割を占める明徳のユニー クさと、韓国からの留学生も多 く、C君が英・韓・日の3カ国 語を身に付ける機会は魅力的 なので、留学を決めました。

日本語の日常会話がやっと のC君ですが、寮で同室のB君 と英語で意思疎通し、日本語の サポートを受けられるので、入 学後3カ月で見違えるように 日本語力が向上しました。同時 に、寮生活を通して、挨拶・食 事などの日本的なマナーも身 に付き、「留学生が多く、楽し い」と明徳での生活をエンジョ イしています。

多様な留学生と目的

昨年始まったばかりの明徳 の1年留学プログラムは、ここ で紹介したように、多様な子供 たちが異なった目的を持って 入学しています。しかし、その 子供たちに共通するのは、「日 本の学校生活を通して、日本 語・日本文化を身に付ける」こ とです。永住予定や長期滞在の 日本人家庭が増えています。そ の様なご家庭のお子さんたち を「日本人に育てる」例として、 ユニークなプログラムで学ぶ 生徒を紹介しました。

留学プログラム説明会
ロサンゼルス・
オレンジカウンティー地区
2月4日(金)、5日(土)、6日(日)
詳細:明徳義塾ホームページ
   www.meitoku-gijuku.ed.jp

(2011年2月1日掲載)