学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

米国人の夫との間に幼稚園の娘。現地校のみにするか迷っている

夫がアメリカ人です。娘は今、日本語の幼稚園に通わせていますが、今後、こちらで生活をすることを考えると、この先は現地校だけに通わせるほうがよいのか、それとも土曜日の日本語学校にも行かせようか迷っています。

松本輝彦(INFOE代表)

どのレベルを期待するかによって
指導や学校の選択が違ってくる

帰国の予定がないのなら
英語が第1言語


 言語の習得には、話す・聞くが中心の生活言語、読み・書きの学習言語の2段階があります。そして、それら4技能の段階のほかに、幼児・小学生・中学生・大人などの年齢・発達段階に応じた言語の違いがあります。
 ご相談の場合は、この先、日本への帰国予定もないようなので、現地校での聞く・話す・読む・書くの言語の4技能すべてが身に付く英語が、お子さんにとっての第1言語になります。さらに、ご主人がアメリカ人で英語が第1言語だと思いますので、お子さんにとって日本語は第2言語になります。

 ご相談のケースだと、日本語が母語のお母さんが、お子さんにどのレベルまでの日本語を期待するのかによって、指導や学校のレベルが異なります。年齢や学齢での違いもありますが、ここでは、お子さんが成長し、英語が学習レベルで完成する6年生になった時の日本語力のレベルをみてみましょう。

本人は英語で話すが、お母さんの日本語での指示を理解できる
お母さんと日本語で、日常会話程度ができる
日本の同学年の子供と話ができる
日常会話に加えて、簡単な日本語(2・3年生程度)の読み書きができる
日本の学年相当の読み書きができる

 ここで示したどの段階までを、お母さん、お父さんが希望するかにより、教育の方法や学校が決まります。
 もし、これらの選択肢の内、 ↓程度の日本語力を希望するならば、お母さんがご家庭で努力すれば実現可能です。しかし、0幣紊離譽戰襪魎待するならば、学校などで他の子供たちと一緒に学ばせることが必要です。
 
南カリフォルニアには
3タイプの学校


 南カリフォルニアには、週末などに日本語を指導してくれる教育機関がいくつかあります。それらの学校は、日本語の指導レベルで次の3つに大きく分けられます。

英語が完全に第1言語になっている子供に、英語で日本語を教える
主に日本への帰国予定のない子供を対象に、日本語のレベルに応じた内容を日本語で教える
日本帰国を前提として、日本の学校と同じ学年レベルの教材を使用し、同じレベルで教える

 ご質問にある「日本語学校」がどんな学校を示しているのかはっきりしませんが、上の ↓△乏催するのが「日本語を教える学校」です。は日本語補習授業校(補習校)と呼ばれ「日本語で学習をする学校」で、日本語の言語学習だけではなく、日本語で算数・社会・理科などの科目の勉強をします。
 このように、将来の子どもの日本語力への期待度、通学可能な学校などの条件も関わってきます。

現地校での勉強で
まず学習スキルを付ける


 今まで日本語の幼稚園に通わせていたのですから、土曜日の補習校へ続けられるまで行かせてください。しかし、お子さんの言葉を超えた学力の基礎は、月曜日から金曜日毎日通う現地校での学習によって培われるものであることを忘れないように。また、将来、日本語でも読み書きできるようなレベルのバイリンガルに育てたいなら、本人だけではなく、お母さんの大変な努力が必要であることをよく肝に銘じて、指導してください。
 高いレベルのバイリンガルに子供たちを育てるのは、親にとっても、子供にとっても、大変な仕事です。しかし、最終的に完全なバイリンガルに育てることができなくても、子供は多くのことをそのプロセスで学びます。単に言葉だけでなく、文化を含めて非常に多くのことを学びます。子供の将来に必ず役に立ちます。

 しかし、バイリンガルの基礎は、第1言語です。ご相談の場合は英語が第1言語です。まず、現地校での英語での学習を大切にしてください。アメリカの学校では、日本の学校で決して学ぶことのできない学習スキル(Study Skills)を身に付けることができます。このスキルは、日本語や日本語での学習にも大きな力を発揮します。