学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

小学生で地方に帰国します。 英語力を伸ばす方法は?

小学生で地方に帰国します。 英語力を伸ばす方法は?

松本輝彦(INFOE代表)

英語での読書が最も有効。言葉に加えて、学力も伸びる。

保持ではなく、向上を

帰国後の英語学習の目標は、英語力の「保持・維持」ではなく「伸長・さらに伸ばす」です

海外でバイリンガルの教育を受けさせられた子供の苦労に報いるためには、せっかく身に付けた英語力を、大人になった時に仕事で役立つレベルまで、さらに伸ばしてあげることが、仕事の都合で子供をアメリカに連れてきた保護者の責任です。

会話よりも読み書き

現地校4、5 年のお子さんは、英語がネイティブ、あるいはそれに近いレベルに達し、レギュラークラスで学んでいると思われます。日本帰国後も、その子の英語力をさらに伸ばす鍵は、「会話」ではなく「読書」です。

英会話に不自由を感じている保護者の多くは「話せることが英語力」と思っておられます。「英語でのおしゃべり」ではなく、お子さんが大学生や社会人になった時に読み書きも含めた英語力、仕事の内容や学問のテーマについて議論し、相手の意見を聞いたり読んだりして理解し、そして、自分の意見を話したり書いたりして表現すること。これが、お子さんにとって本当に役立つ外国語の力です。

英語での学力向上

現地校での読書習慣のトレーニングをご覧になると、日本の学校での読書指導の量や内容がいかに限られたものであるかおわかりいただけると思います。現地校で身に付けた読書習慣を帰国後も維持させ、さらに伸ばしていくことは、英語、日本語の別なく、自ら学ぶ姿勢、すなわち日本の指導要領の目指す「生きる力」が身に付くことです。

英語の読書を続けることにより、単語力が向上、第1言語のレベルで定着、読解力の向上、また、欧米流のものの見方や考え方表現方法も身に付いていきます。これらのメリットは、日本語の読書で習得する日本流のメリットと合わせて、二刀流、文字通りのバイリンガル・バイカルチャーのレベルに達するのに必要な道具です。

日本語向上に必要

日本語よりも英語の言語力の方が高い子供には、帰国後の日本語、日本語での学力向上のために、英語による学習が絶対に欠かせません。

日本からアメリカに来た後に、補習校などで日本語の学力を向上させ続けたからこそ、英語力が着実に身に付き向上したのです。同様に、日本帰国後も、英語、英語での学習を続けながら、日本の学校での勉強に徐々に馴染んで日本語力、日本語での学力が伸びていきます。

また、英語での学習継続は、日本への適応にも大いに役立ちます。馴染んだ英語に家庭で触れることにより、学校での日本語での学習で抱える多くのストレスを、多少なりとも軽減することができます。英語学習を続けることにより、帰国直後の不適応を乗り越えた子供をたくさん見てきました。

帰国前にスタート

日本帰国後の英語読書ですが、帰国前にその準備をスタートします。

まず、本をそろえます。学校で推薦図書のリスト(Core Book List)入手し、お子さんの学年向け図書を10冊程度購入してください。帰国前に本屋さんで、お子さんの興味・関心のある本を一緒に選び購入しておくことが、帰国後の読書の動機付けになります。

購入した本を、毎週1冊などと予定を決めて帰国前から読み始めることをすすめます。帰国直後は、子供は日本の学校に慣れるのに精一杯になり、英語での読書が後回しになってしまいます。そんな時期でも、英語の読書をスタートできるように帰国前に準備開始です。

帰国直後は、英語の読書の環境作りが必要です。子供に読書を無理強いするだけでは長続きしません。保護者も一緒に読書するなどの習慣作りを心がけてください。

  ◇  ◇  ◇  ◇
INFOE Book Clubの紹介
子供のレベルの本を、毎月アメリカから日本の自宅へ送ります。子供はその本を読み、質問に答え、解答をアメリカへ返送します。現地校と同じように採点、評価された解答と次の本が返送されます。このプログラムは10年以上続いており、小学生から高校生まで数多くの子供たちが英語力を伸ばしました。
詳細はこちら www.infoe.com



(2011年5月1日掲載)