学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

家では日本語中心に? それとも英語を使うべき?

両親とも日本人です。以前は子供がトーランスの現地校に通っており、バイリンガルになるには家では日本語で、との指導を受けていました。けれど、日本人の少ない引っ越し先での現地校からは、家でも英語を使うようにと厳しく指導されました。どうしたらよいでしょう?

松本輝彦(INFOE代表)

「家では日本語を」か「家でも英語を」か
ご両親の教育方針によって決まる

 「家では日本語を」か「家でも英語を」という2つの指導は、異なった考え方から出ています。どちらの指導に従うかは、子供にどんな教育をするのかという、ご両親の考え方で決まります。

「家では日本語を」:
バイリンガルに育てる


 家庭では日本語でしっかり指導し、現地校で英語での学習に集中するというのは、バイリンガル教育の基本です。これに週末の日本語補習校が加わると、最も効果的だと私は体験から信じています。

 トーランスのように、英語を第1言語としない子供たちが多い地区では、ESLなどの指導を通して、そういった子供たちへの英語教育のノウハウが蓄積されています。トーランスの学校での調査結果では、バイリンガルで育てた子供の方が、英語だけのモノリンガルの子供より、アカデミックな力がついていると出ています。そのような豊富な指導経験から、家庭で日本語をしっかり教えることが、長期的には英語の習得にプラスになると考え、「家では日本語を」というアドバイスの言葉が出てきたのだと思います。

 駐在員の家庭なら、帰国後を考えると、家庭での日本語の使用は絶対に必要です。帰国予定はなくとも、子供をバイリンガルに育てたい場合は家庭における日本語環境が欠かせません。日本語での会話力が、ネイティブとしての日本語での読み書きの基礎になります。そして、その会話を通して日本の文化に触れ、日本人特有の考え方が身についていきます。

「家でも英語を」:
英語での学力充実させる


 現地校での学習は、当然のことですが英語で行われます。その英語の力が、授業への参加や学習内容の理解に大きく関わることは、容易に理解できます。「家でも英語を」は、英語力が不十分な子供に対して、担当の先生がするアドバイスです。近年、カリフォルニア州ではSTARと呼ばれる統一学力試験が公立学校の児童生徒を対象に実施されていますが、英語の語彙が少ないという試験結果が出た場合などに、現地校の先生から出る指導の言葉です。

 この言葉の裏には、「英語力の向上が、アメリカの社会で生き残っていくのに必要だ」という考え方があります。そのためには、最終的に読みと書きの力が必要です。それらの力を伸ばすためには「英語での会話が基礎である」としています。

 日本への帰国予定がなく、アメリカで教育を続けるならば、当然、英語での学力の充実を最優先に考えなければなりません。

学齢で異なるアドバイス

 ご質問の2つのアドバイスの言葉は、4年生以下の子供に対するものだと察します。この学齢段階の子供たちの学習は話し言葉が中心ですから、聞き話す機会を増やし、語彙を増やし、表現を身につけるために、家庭で話す言葉が大切です。

 しかし、5、6年生以上の学習は、話し言葉ではなく、書かれた言葉、すなわち読み書きが中心となります。その基礎は読書です。低学年での「楽しむ読書」から、書かれた内容をしっかり読み取る「クリティカル・リーディング」に移ります。高学年では、授業を理解し、学習成績を上げるためには読書、さらにはエッセイなどの能力が要求されるようになります。そのため、「家では日本語を」「家でも英語を」よりも、「家でも読書を」というアドバイスが出てきます。

それでも家庭では日本語を

 「家でも英語を」のアドバイスの根拠はよく理解できます。しかし、その場合でも、家庭ではしっかりした日本語を話すべきだと、私は思います。その理由は、[梢討質量ともに豊かな英語を話せない、△燭箸╂験莢駭辰世韻任眛本語ができることは、子供の将来のメリットになり、ものの考え方を広げる、情感のこもった言葉で親が子供に話しかけることは、子供の心の発達や将来の親子関係に大切である、の3つです。ただし、なかにはレベルの高いバイリンガルには向かない子供がいることも理解していただくことが大切です。