学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

日本帰国後の英語学習には、どんなチョイスがある?

渡米して4年。現在6年生の女の子の母親です。今年の夏ごろ日本帰国になりそうです。これまで苦労して、やっとネイティブの子と一緒に勉強ができるようになりました。日本帰国後も英語の学習の機会を作ってやりたいと思います。帰国後の英語学習にどんなチョイスがありますか?

松本輝彦(INFOE代表)

レベル・目的別にさまざまな学校が
「英語の読書」もおすすめ

 子供が現地校で苦労して身に付けてきた英語を、日本帰国後もさらに伸ばす機会を与えてあげるのは、親の責任です。日本語と英語での教育を受けさせておきながら、帰国後、せっかく身に付けた英語を風化させてしまう保護者が多くいます。

 ご質問のお子さんは、ほぼネイティブに近い英語力を獲得して、通常クラスでの学習に問題ない、とのことです。このようなお子さんの帰国後の英語学習のチョイスについてみてみましょう。

学校での英語教育

 学校での英語教育はコミュニケーション、特に会話中心の学習になっていますので、帰国した子供にとっては、ほとんど得るものはありません。

 帰国した子供が学校の勉強で抱える問題を考えてみましょう。教科書の英語学習は、きわめて限られた英単語を使って進めますので、表現が型にはまった定型的なものになります。帰国した子供は様々な表現ができますので、テストなどで必ずしも正解できるとは限りません。

 さらに現地校では英語だけを使っての学習でしたが、日本の学校では英語を日本語に直したり、日本語の内容を英会話や文章を通して表現することが要求されます。しかし、これらで帰国後一時的に困ることはありますが、時間が解決します。

外国語保持教室

 海外子女・帰国子女教育のサポートを公的に行っている海外子女教育振興財団(JOES)が、「帰国子女のための外国語保持教室」を開いています。この教室は、帰国子女が海外で獲得した語学力の保持を目的としており、首都圏(6教室)・関西(2教室)で小中学生を対象に開かれています。現在1100名以上の子供たちが学んでいます。

 会話から読み書きまで総合的な内容を、最大15名の少人数クラスで、ネイティブまたはバイリンガルの講師が指導します(http://www.joes.or.jp/)。

帰国子女受入校の英語教室

 日本の子供を対象とした英語教室のなかに、帰国子女のためのレベルの高いクラスが設けられています。

 関西の帰国子女受入校の千里国際学園(http://www.senri.ed.jp/)では、「土曜学校」として、イマージョン形式の英語クラスを、小学生を対象に年間30回、土曜日のほぼ終日、提供しています。最近、帰国子女の入学が多くなり、それに対応したネイティブレベルのクラスを開いています。

 同様なプログラムは京都の立命館宇治中学高校でも開かれており、首都圏でも新しい動きが見られます。

英語教室・個人指導

 英語の指導をしている教室や学習塾などで、帰国子女のためのクラスをネイティブの先生が教えているところがあります。さらに、個人指導の形で同様のプログラムを設けている教室もあります。

英語補習校

 アメリカの公立学校の通常クラスと同じレベルで同じ内容を学習する教室です。

 東京・新宿のABCD学院(http://www.abcde.co.jp)は、海外での日本語補習校の英語版で、土曜日に授業をしています。このプログラムの狙いは、日本の教育では得られない、現地校でのアカデミックスキルの集中的なトレーニングにあります。学期ごとにテーマについての調べ・まとめ・発表をすべて英語で行います。

 EFFECT(多摩プラザ校・http://www.effect.ne.jp)では、同じ狙いのDIPLOMAXというプログラムを、放課後、週末に開講しています。

 小学校高学年から中学生の場合は、日本語での学力を伸ばすためにも、「帰国後、英語での学習を続ける必要がある」ということをしっかり認識してください。



 ここでは、いくつかのチョイスを紹介しました。どれも選択できない方には「英語の読書」を強くおすすめします。むしろ、帰国後も現地校の子供たちが読むような英語の本の読書を続けることが、英語力の伸長・向上に最も効果が高いと言えます。