学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

英語が苦手な母親、子供は学校で不利になる?

小学3年生と5年生の子供を持つ母親です。自分自身、英語が苦手なため、先生とのコミュニケーションがうまく取れません。アメリカ人の先生とうまく話している保護者を見ると、自分の子供は不利になっている気がします。どうしたら良いでしょう?

松本輝彦(INFOE代表)

効果的な指導を受けるためにも
コミュニケーションを取る努力を

子供の扱いは全員平等
それでも意志疎通の努力を


 先生とのコミュニケーションがうまく取れない、と感じているお母さんは多いと思います。そのことで、現地校の先生が、意図的にお子さんに不利な扱いをすることはないと思います。それはアメリカ人が大切にする「Fair」の精神に反するからです。しかし、お子さんの発育や教育に関わる詳細な情報が先生に伝わっていれば、お子さんがその先生からより的確で効果的な指導を受けられることに間違いはありません。そのためにも、先生とのコミュニケーションを良くする努力を保護者、特にお母さんは心がけなければなりません。

英語力以上に重要なのは
積極的な行動と話し方


 それでは、なぜ日本人のお母さんが現地校の先生とのコミュニケーションに不自由を感じているのでしょうか?

 その第1の理由が「言葉」なのは明らかです。英語で教育を受けてきたネイティブの先生に対して、日本語が母語で渡米間もないお母さんが意思の疎通を図るのは本当に大変なことです。先生に伝えたいことが英語で表現できず、いやな思いをしたり、辛いこともあります。そんなお母さんに、先生とのコミュニケーションを上手く取る秘訣を2つ教えましょう。

 お母さんが先生と話をしなければならないのは、「わが子のことを先生に理解してもらって、指導に役立ててもらう」「子供が悩んだり、トラブルに巻き込まれた時、その解決策を先生と話し合う」などの場面が想定されます。そのための先生とのコミュニケーションは、言葉以上に「積極的な行動」と「話し方」が重要で効果的です。

クラスのボランティアに
積極的に参加を


 多民族・多文化社会で言葉による意思伝達の大変なアメリカでは、積極的な行動が大きな意義を持ちます。

 子供のクラスのボランティアに積極的に参加してください。英語ができなくてもできることが多くあります。コピーを取ったり、プリントを揃えたり程度の作業でも、子供の指導に1分でも多くの時間を使いたい先生にとっては大歓迎です。お母さんの時間の取れる時だけでもOKですし、定期的にクラスに行けるならば「クラスマザー」になることも可能です。

 クラスに出入りして、わが子の勉強ぶりや友達との交流の様子を知ることは、家庭での指導に大きく役立ちます。また、「教育熱心な母親だ」と先生に思われることは、クラスでのお子さんの様子や、家庭での指導方法についての教育のプロとしてのアドバイスを、先生自身からしてもらえる貴重な機会を作ることにもなります。

「郷に入れば郷に従え」
話し方もアメリカ式で


 「日本人のお母さんの話を聞いても、何を話したいのかわからない」という言葉を、日本人の子供が多く通う現地の小学校の校長先生を長年務めたアメリカ人の友人から、繰り返し聞きました。彼の指摘するのは言葉でなく、「話し方」です。「前置きが長い」「お母さんの質問や主張以外の話が多い」「私の話を聞いていない」などが具体的な指摘です。

 現地校の先生はアメリカ人です。本当に自分の子供のことをわかってもらいたいのならば、「郷に入れば郷に従え」で、アメリカ人のコミュニケーションの取り方を理解し、実行できるようになることです。「質問や苦情などの言いたいことを、話し合いの1番最初にはっきりと伝える」、そして「その後に、自分の主張の根拠や理由を具体的に述べる」ことが、アメリカ社会でのコミュニケーションの取り方の基本形です。

 日本的に、相手が「私の気持ちや意見を察してくれる」「行間を読んでくれる」という考え方を捨てて、お母さん自身がアメリカのコミュニケーションの方法を試みてください。たとえ言葉数が少なくとも、先生との話し合いが上手くいくことうけあいです。



 「英語ができない」と引っ込み思案になるのは避けましょう。言葉以上に、積極的な態度が大切です。それと「最初に重要なことを伝えていく」。単刀直入な話し方が、先生とのより良いコミュニケーションの秘訣です。
 わが子のために頑張りましょう。