学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

バイリンガル子育てはノウハウが大切

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表)

この度、ライトハウス誌面で「アメリカで実践、バイリンガル子育ての秘訣」を連載することになりました、バイリンガル教育カウンセラーの船津徹(ふなつとおる)です。これまで、日本とハワイで20年にわたって、約2千名以上のバイリンガルキッズ教育に関わってきた私の経験が、海外で子育て奮闘中のお父さん、お母さん方のお役に少しでも立てれば、とても幸いです。

さて、祖国を離れ海外で子育てをすることは簡単ではありません。言葉の壁に加え、身近に頼れる人もなく、手探りで子育てをしている親御さんが大半だと思います。しかし、困難な環境の中でも立派にバイリンガルキッズを育てている方もまた、大勢いることを知ってください。

そのような親御さんと接していますと、気楽な環境での子育てでないだけに、子どもを心から大切な存在として、大きな愛情で育てていると強く感じます。何ごとも、やすやすとできることには大きな価値はありません。考えに考え、行動に行動を重ねてやっと成功させたことにこそ貴重な価値が生まれます。海外子育てほど、親が子どもに対する真の愛情と知恵を要求され試されることはないのではないでしょうか。

バイリンガル子育ての担い手は母

海外子育て中のお母さんに課せられる大仕事がバイリンガル子育てです。英語圏で暮らし、お母さんの母語が日本語の場合、子どもをバイリンガルに育てることは「選択」ではなく「必修」です。人間形成の土台となる母語(日本語)を育て、さらにアメリカの学校教育についていける英語力を身に付けさせなければなりません。

「アメリカに住めば自然とバイリンガルに育つのでは?」と簡単に考えるのは危険です。海外では日本語環境が貧弱になりますから、日本と同じ感覚で子育てをしていると、子どもの日本語は必ず弱く育ちます。母語の貧弱さは、第2言語である英語の発達に影響を与えるだけでなく、学業不振、精神不安定など、さまざまな問題を引き起こします。

また、英語力についても「親が英語が苦手だから」と学校任せにしてはいけません。学校で要求される「学習英語力」を身に付けるには、母語が育っている子でも5〜7年、母語が弱い子では7〜10年かかると言われています。このプロセスをいかに短縮できるかが、子どもの学校適応力を大きく左右します。親は学校との連携を密にして子どもの英語力をモニターし、必要な時には適切なサポートを与えることを心がけましょう。

「自信」は異文化適応を促す特効薬

言葉と同様、海外子育てで配慮してもらいたいのが、子どもの心理面のケアです。毎日アメリカの学校に通う子どもは、言葉も文化も習慣も異なる社会の中で一日の大半を過ごさなければならず、心と体が想像以上に疲労します。また、英語力不足が原因で自信が喪失したり、周囲から誤解を招いたり、習慣や文化の違いから嫌な思いを経験することも少なくありません。

大抵の子は、どんなに辛くても親に心配をかけないようにと、学校での出来事について多くを語りません。しかし、子どもなりにアメリカ社会に適応しようと精一杯努力しているのです。親はそんな健気な気持ちを理解し、最大限のサポートを与えることを伝え、子どもを安心させてあげてください。

子どもの学校適応を促す特効薬が「自信」です。英語ではクラスメイトにかなわなくても、スポーツ、音楽、芸術、何か1つ得意なことがあるだけで、子どもの自信は倍増します。その自信がエネルギーになって「不快」や「困難」といったマイナスの刺激に立ち向かえる心が育つのです。子どもが興味を持っていること、得意と思っていることに取り組む時間をできるだけ作り、「自信」を大きく育ててください。

バイリンガル子育ては難しくない

現代社会では、必要な情報が何でも簡単に手に入るように思えます。しかし、バイリンガル子育てという、比較的歴史が浅い分野については、知識や経験を共有できる場が少ないのが実情です。その結果、言葉を育てる時期が混乱してしまったり、優先順位を間違ったりするケースが多いのです。

バイリンガル子育てはノウハウさえわかれば決して難しくはありません。大きな愛情で子どもを包み、適切な時期に、適切なサポートを与えていくだけなのです。後は子どもが生来持つ能力に任せておけば、2つの言葉と文化を身に付けた、たくましいグローバル人材に育っていきます。

(2013年8月1日号掲載)