学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

両親のサポートが子どもを伸ばす

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表)

日本語を母語とする子どもが、英語を身に付け、アメリカの学校に適応していく道のりは平坦ではありません。多くの子どもは十分なサポートを得ることができないため、自分の力で困難を乗り越え、英語力と学力を伸ばしていかなければなりません。

アメリカは英語を第二言語(ESL/ELL)とする子どものプログラムが充実しています。しかし、学校が提供するプログラムだけで十分な英語力を身に付け、学力を獲得していける子どもはごくわずかです。ELLに入れておけば、いずれ必要な英語力は身に付くだろうと安易に考えてはいけません。

なぜ多くの子どもが英語習得で苦労するのでしょうか?一番の原因は両親のサポート不足です。子どもが学校で何を勉強し、授業で何を要求され、何で壁にぶつかっているのか、正確に把握している両親は少ないのではないでしょうか。両親とも英語が苦手という場合、子どもの教育全般を学校任せにする傾向があるので注意が必要です。

ELLや教科学習の内容を知り、家庭で適切なサポートを与えなければ、子どもの英語力と学力は伸び悩みます。英語ネイティブの子どもたちが両親から教育的サポートを受けているのに、英語を第二言語とする子どもが何のサポートも得られなければ、ネイティブとの学力差は広がる一方です。

担任とコミュニケーションを取る

アメリカの小学校には、日本の教科書のように学習の目安となるものがありません。さらに困ったことに、アメリカの学校には共通カリキュラムがないのです。学区によって、学校によって、さらに、先生によって授業内容に違いがあります。つまり、子どもが何を勉強しているのかを知るには、担任の先生に聞く以外方法がないのです。

「英語が苦手」という親にとって、先生とコミュニケーションをとるのは勇気が要ることです。しかし、学習内容が分からなければ、問題を改善していくことはできません。日頃から先生とコミュニケーションを取り、友好な関係を築く努力をしてください。先生との信頼関係が成立すれば、授業内容や家庭でのサポートについて親身になって相談に乗ってもらえます。

先生とのカンファレンスは子どもの状況を伝えるチャンスです。家庭の言語環境、アメリカ滞在歴、子どもの性格、趣味や興味など、先生が知らない情報をできるだけ多く伝えてください。「言わなくても分かってくれるだろう」はアメリカでは通用しません。必要な情報を伝えることによって、先生は子どもの状態をより正確に知ることができ、適切なサポートにつながっていきます。

親が関わると子どもは伸びる

言葉も文化も異なるアメリカの学校で1日の大半を過ごす子どもは、毎日が不安で仕方ないのです。この子どもの心情を理解し、両親は精一杯サポートすることを子どもに約束してください。「困ったときは親が助けてくれる」と子どもが確信を持てなければ、学校生活を楽しむことができません。

家庭では子どもと一緒に宿題や課題に取り組むようにしてください。両親のサポートを子どもが実感できると、精神は安定し、集中力が高まり、学力が向上します。小学校レベルであれば、英語が苦手という親でも何とか一緒に取り組むことができるはずです。毎日、親子で英語と格闘することが、大切なコミュニケーションの時間となります。

多くの子どもは、学校に通い始めると、英語力の弱さから「自信喪失」状態に陥ります。英語が分からなければ、授業も理解できませんから「自分は勉強ができない」と思い込んでしまうのです。この状態が長く続くと、子どもにとって最も大切な「やる気」が失われていきます。子どもが学校で必要な英語力をできるだけ早く会得できるよう、最大限のサポートを与えてください。

必要なら専門家のサポートを得る

両親が学校と関わり、子どもの勉強に関わることで、子どもの英語力と学力は確実に向上していきます。両親にとってもアメリカの教育システムを知り、先生やクラスメートの親たちと親交を深めることは、貴重な異文化体験となります。また、子どものサポートを通して自分の英語力も向上していくので一石二鳥です。

ただし、英語経験がゼロでアメリカの学校に通い始める子のように、緊急サポートが必要な場合は、両親の努力だけでは解決できませんので専門家の助けを借りるようにしてください。

(2014年4月1日号掲載)