学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

夏休みの過ごし方

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表)

アメリカの長い夏休みをどう過ごすか。これはバイリンガルの子どもにとって重要なテーマです。英語力でハンディがある子どもが、夏休みを遊んで過ごしてしまうと英語力は錆びついてしまいます。夏休みはアメリカの学校生活をがんばってきたご褒美の「遊ぶ時」ではなく、新学年に向けての準備期間です。 
アメリカでは6月初旬から8月下旬まで長い夏休みがあります。多くの子どもは夏休みの里帰りを心待ちにしていると思います。もちろん、日本に住む祖父母や親戚と過ごす経験は、日本語習得やアイデンティティー形成にとって大切です。しかし、ただ毎日を遊んで過ごしてしまうとアメリカに戻ってきた時にツケが回ってくるので注意しましょう。
理想は、新学年が始まる1カ月前にはアメリカに戻り、生活面と学習面の準備を整えること。アメリカの学校生活に合わせて、早寝早起きをし、頭がすっきりしている午前中に勉強に取り組ませましょう。できれば、サマープログラムや夏期講習に参加させて、頭を英語モードに切り替えさせましょう。

アメリカのサマープログラム概要
アメリカにはあらゆる種類のサマープログラムがあります。スポーツ、演劇、音楽、絵画、国際交流、屋外キャンプなど、子どもの特技や興味に合わせてプログラムを選ぶことができます。
サマープログラムは、普段学校ではできない経験を通して、子どもがひと回り成長する機会です。多くのアメリカ人家庭は子どものニーズに応じて毎年サマー
プログラムに参加させます。 一般的にサマープログラムへ参加できる年齢は5歳以上です。プログラムの多くは、6月初旬から8月下旬にかけて実施されます。4〜6週間といった長期参加が多いですが、中には1週間単位で参加できるものもあります。住んでいる地域によって時期や期間は異なりますのでリサーチしてください。
サマープログラムは、学校が主催するもの、非営利団体が主催するもの、一般企業・団体が主催するものに大別されます。
公立学校のサマースクールは、学習遅れがある生徒のキャッチアップが目的です。極端に学習遅れがある生徒は、進級の条件としてサマースクールへの参加が義務付けられることがあります。
私立学校のサマースクールは、豊かな設備と学校スタッフを利用して、スポーツ、音楽、演劇、絵画、勉強などの複合プログラムを提供しています。安全な環境で勉強もアクティビティーもやらせたいという家庭にお勧めです。
YMCAなど非営利団体主催のプログラムは、アクティビティー(遊び)中心です。同年代の子どもたちとさまざまなアクティビティーを通して交流を深めることができます。子どもの自信や社会性を育てたい方にお勧めです。
企業や団体主催のプログラムは、勉強からスポーツまで目的に応じて選択できます。テニス漬けにしたければテニスアカデミー、演劇漬けにしたければシアタープログラム、英語漬けにしたければ集中英語など、子どもの弱点克服や得意
分野を伸ばしたい方にお勧めです。

ニーズに合ったプログラム選択を
プログラム選びのポイントは、子どもの性格とニーズに合ったプログラムに参加させること「。仲の良い友だちが参加するから」という理由で選んでもあまり得るものはありません。普段とは違う環境で、新しい仲間と切磋琢磨することにサマープログラムの価値があります。
一般にバイリンガルの子どもは英語力に遅れがあります。英語力の遅れは教科学習の足を引っ張るだけでなく「自分は勉強が苦手だ」と自信喪失につながるので深刻です。夏休みを利用して英語力の遅れを解消し、新学年を自信満々で迎えられるように準備するのも一つの選択です。
スポーツや音楽などに真剣に取り組んでいる子どもであれば、サマープログラムを利用して技術を飛躍的に向上させられます。同年代のライバルたちと差をつけるチャンスも夏休みなのです。

親の責任でプログラムの選択を
子どもに合ったサマープログラムを選ぶには情報収集が必要です。参加を決める前に学校や施設を訪問して担当者から話を聞いてください。どういうタイプの子どもが参加するのか、指導者の資格や経験は十分か、指導者に対して子どもの数は何人なのか、安全面の配慮は行き届いているかなどを確認してください。十分なリサーチをせずにプログラムを選ぶと、子どもが適応できずに嫌な思いをすることがあるので注意してください。

(2015年5月1日号掲載)