学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

将来帰国するかもしれません。幼稚園は日本語、それとも英語?

子供が来年から幼稚園(Kindergarten)に入ります。両親共に日本人です。家では日本語と英語を併用していますが、将来帰国するかもしれないので、どちらも身につけさせたいです。このような場合、日本語の幼稚園に行かせるべきでしょうか、それとも現地校の幼稚園に行かせるべきでしょうか。

松本輝彦(INFOE代表)

アメリカでの子育ての基本は
家庭では日本語、外では英語で

家庭では日本語

 「家では日本語と英語を併用しています」とのことですが、なぜ、家庭で「英語」なのでしょうか? 家庭での会話は、ご両親の母語である日本語だけを使うよう、最大の努力を払うべきです。母語で伝わるものは情報だけではなく、お母さんの優しい言葉に秘められた愛情であり、日本語の中に含まれた日本の習慣や伝統・文化です。日本人的なものの見方すら、子供は身につけていきます。

 「ケンカは英語の方がしやすい」という子供が多くいます。自分の意見をはっきり言う習慣や文化を基礎としているアメリカ社会の言葉である英語は、その言葉や表現にその社会で大切にしているものが反映されているのです。家庭外や学校では遊びに使う言葉が英語になります。兄や姉が外で覚えてきた遊びを家の中ですると、弟や妹も遊び言葉が英語になります。そんな時は、家庭の中では日本語の遊びができるように、お母さん自身が子供の頃の遊びを、子供と一緒に日本語でしてあげましょう。

 「言葉は、コミュニケーションの道具としてだけではなく、さまざまな多くのものを子供に伝えるものだ」ということを、しっかり認識して、子育てしてください。

外では英語

 幼稚園は、アメリカの学校教育の第一歩です。家庭で教育を受けてきた子供が、友達や親以外の大人に接しながら社会生活を始めます。子供の世界が広がり、社会が子供の教育を始めるのです。

 ご相談のケースは、はっきりした帰国予定がなく滞米が長くなる可能性が大きいようです。その場合、週5日通う現地校での学習が、お子さんの教育の中心です。学校での学習は、言葉だけではなく、子供が成長した時に必要な知識やスキルを身につけるのが目的です。その基礎が英語です。勉強に必要な英語力は、幼稚園からの生活や学習の中で十分に身についていきます。そして、本当の学力を身につけるために、社会も教育に大きな役割を果たします。

短期滞在は日本語

 もし、2、3年の短期で日本へ帰国する場合、帰国後の日本語での生活や学習を考えて、日本語で教育をする幼稚園へ通わせるのもひとつの選択です。小学生ならば、全日制の日本人学校で日本語による教育をしっかり受けることも大きな意味があります。

 日本でもアメリカでも、小学校3年生くらいまでは話し言葉中心の学習です。話し言葉の完成と並行して、読み書き学習の基礎も作っていきます。4年生以降の読み書き能力の完成への学習をしっかりさせるためには、幼児から小学校低学年での言葉の習得が非常に重要です。短期間の滞米予定であったり、小学校1・2年生での帰国になる場合は、日本語での学校教育を考えてください。

やはり、バイリンガル?

 「アメリカに来たのだから、英語で教育」と、決めている保護者も多くおられます。英語の習得よりも貴重なアメリカでの生活を十分体験させたいという親心のようです。幼児期をアメリカで過ごし、今は日本の大学で学ぶ教え子が「幼いながらもアメリカでの生活は、今の自分の大きな部分を占めている」と言った言葉を思い出します。

 しかし、小学校低学年までで日本へ帰国した場合は、英語の習得は期待できません。乳幼児の時期をアメリカで過ごし、小学校低学年で日本へ帰国した場合、英語で話す力は急速に消えてしまいます。

 アメリカ生まれの我が子を、半年ほど日本の幼稚園に通わせたことがあります。そうすると、アメリカに帰ってくる飛行機の中で、乗務員に「水をください」と英語で頼めなくなっていました。しかし、アメリカに戻って2週間後には、英語で遊べるようになっていました。

 また、中学校で再渡米した子供が、短い期間でネイティブに近い英語の発音ができるようになり、現地校の先生を驚かせることも多くあります。このような例から、「短期滞在だが、幼児でもバイリンガルになる基礎を」と希望される保護者もおられます。

 「幼児の言語習得」は、このコラムで最も質問の多いテーマです。日本人の幼児の数が増えており、アメリカでの子育てで、若いご両親による子供の言葉の悩みが増えてきているようにもみえます。私のアドバイスは「子供の教育を、言葉だけではなく、もっと大きな、長期的な目で見てほしい」ということです。