学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

日本の高校に帰国編入予定 将来はアメリカの大学へ留学したい

2年半後くらいに帰国予定です。7年生の娘が、日本の高校を卒業後、アメリカの大学へ進学を希望しています。日本の高校編入、帰国後のアメリカの大学への進学準備などで、どんなことに気をつければいいのでしょうか?

松本輝彦(INFOE代表)

留学準備を自分でやり遂げる
英語力と行動力を身につけよう

 ここで説明をする「留学」とは、「アメリカのレベルの高い4年制の大学で、自分の志望する専攻を学ぶこと」を意味し、「短期留学」「語学留学」「インターンシップ留学」などは、対象にしていません。
 「留学」を実現するためには、[嘘悗里燭瓩留儻賣呂慮上、⊆舁弉別椶留儻譴任粒惱、E一試験(TOEFL・SAT)の受験、だ豺恭愽瑤簑膤悗鯀考ぶためのカウンセリング、ソ亟蠅離汽檗璽函△覆匹了愼海筌汽檗璽箸必要です。日本では、「高校」または「学校外の塾(予備校)・留学業者」に、これらの指導やサポートをしてもらうのが一般的です。

高校で留学準備

 最近は日本の「国際化」も根を張ってきたようで、留学に必要な指導・サポートを積極的に行い、海外の大学への進学を推し進める高校が徐々に増えてきました。帰国子女受け入れ校の茗溪学園(茨城県つくば市)、千里国際学園(大阪府箕面市)などが好例です。
 高校卒業のための勉強と留学のための勉強は、英語の学習を考えてもわかるように、その内容と方法は同じではありません。ですから、そのような高校へ進学し、高校での勉強の中で留学の準備を進められるのであれば、高校卒業と留学が同時に達成できます。
 ただし、高校入学・編入に当たり、希望する高校がここで示した,らイ泙任了愼魁Ε汽檗璽箸鬚匹海泙納尊櫃帽圓辰討り、その実績はどうなのかを、しっかり調べることが必要です。特に、△鉢に注目してください。前者は大学進学後の勉強を続けていくために必要な知識や常識を英語で身につけるために、また後者はそのスコアが入学審査での大きな判断材料になるために、非常に大切です。
 「留学をサポート」と言いながら、英語の授業が1コマ多いだけという高校もあるようですし、「高校から海外の大学へ」という動きは新しいものなので、最新の実態を十分把握して、進学する高校を選ぶ必要があります。

塾・留学業者の利用

 留学のサポートを行っている塾や業者は、高校に比べてはるかに数多くあります。そのため、指導・サービスの内容や規模は、塾・業者によって大きく異なります。
 前述のサポートを一括して実施しているところはほとんどありません。特に、注意が必要なのは、きイ鬘丕劼虜猯舛忙箸ぁ▲▲瓮螢への渡航や現地でのホームステイ斡旋を業務としている旅行代理店が多いことです。
 高校でのサポートを受けられない場合は、,らイ泙任了愼魁Ε汽檗璽箸裡韻庁韻弔髻誰に、どこに頼むのかを自分自身で計画を立てて、決めていく必要があります。本当に「留学」を成功させたいならば、この留学準備のプロセスを自分自身でやり遂げる英語力と行動力が必要です。

帰国生の留学準備

 アメリカでの生活・学習経験のある帰国生は、日本の高校生に比べて、留学準備で非常に大きな「宝」を持っています。しかし、アメリカのレベルの高い大学でしっかり学んで成果を上げるには、現地の高校生と同じような学力向上の準備が要求されます。自分1人でもできる最低限の、留学準備のための英語での学習は、「英語での読書」と「アメリカ史の勉強」です。
 「英語での読書」は、英語力の維持・伸長だけではなく、アメリカの高校生が身につける知識や考え方を学ぶことが目的です。最低限、現地の高校生が読む課題図書は読破してください。帰国前に、現地校の英語の先生や図書室で「Core Book List」を入手し、そのリストの主な本を買い求めて帰国することをすすめます。その本を読み終えることが、最大の留学準備だと思ってください。
 「アメリカ史の勉強」とは、高校の教科書を帰国前に入手し、帰国後、自学自習することです。アメリカの大学進学後、留学生が最も困難を感じるのがアメリカ史の内容です。現地の小学校や中学より内容の豊富な、高校の教科書で勉強してください。歴史の勉強だけではなく、最高の「英語での読書」にもなります。