学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

夏休みを利用して、日本の学校へ体験入学させたいのですが

 私の娘は4月から小学2年生です。こちらの夏休み期間を利用して日本の学校に一時入学させようと思っています。その目的や効果について教えてください。

松本輝彦(INFOE代表)

体験入学は大変意義のあるもの
学校の状況と子供の変化に注意

 現地校の夏休みを利用して、日本へ帰国し、日本の学校に一時的に入学することを「体験入学」といいます。

目的
 体験入学の最も一般的な目的は、「学校も含めた日本での生活体験をさせたい」です。より具体的には「日本の学校での勉強を体験させたい」。特に、日本帰国が視野に入ってきた家庭で、帰国後の学校での勉強の適応の練習として体験入学を実施する場合です。
 また、滞在が長くなり、「日本語だけでの生活体験」を通して、言葉としての日本語、または日本語での勉強へのモチベーションを高めたいと考える保護者もいます。時には、保護者が一時帰国しなければならない、家庭の都合に付き合わされたケースもあります。

時期・期間・学校
 現地校の夏休み開始と同時に帰国すれば、日本の学校が夏休みに入るまで約4週間。実際には2〜3週間の体験入学が一般的です。小・中学生の公立学校での体験入学がポピュラーですが、私立の中学校や高校でも受け入れてくれる学校があります。

手順
 公立の学校の場合を考えてみましょう。
ヽ惺擦墨⇒蹐鮗茲
 一時帰国先が通学区域となっている学校に、自分で直接連絡を取るか、親類・友人に依頼して、問い合わせます。
¬笋す腓錣擦詁睛
 体験入学受け入れの是非は当然ですが、受け入れ可能な時期や学年、教科書や学校用品についてのルールの確認も。体験入学先の学校で、教科書の一時的な貸与ができないと、すべての教科書を購入させられたケースや、制服・体操服・上履き用の靴などの学校用品をすべて揃えることを要求する学校もありました。友人の子供の物を借りる手配が必要かもしれません。
持参品の準備
 入学後、指導してもらう先生の参考として、お子さんの日本語の力や教科の学習の理解度が判断できるような資料を準備しましょう。子供が書いた作文やテストの結果などが役に立ちます。補習校によっては、持参する資料の準備をサポートしてくれるところもあるようです。

注意点
●学校の状況の理解を
 体験入学の時期は、日本の学校では1学期終了直前です。遅れている指導内容の追い込み、学期末の成績・評価、夏休みの宿題の準備など、先生と学校にとって超多忙な時期です。この時期に、短期間しか在籍しない子供の面倒をしっかり見てもらおうと期待するのは無理です。
 「体験入学で、海外での日本語での勉強の遅れを取り戻そう」と意気込むお母さんがいますが、このような学校の状況を考えると、それは無理です。勉強にあまり大きな期待を抱かないことが必要です。
●子供の変化に注意
 子供にとっては、渡米直後と同じくらいに緊張する環境です。短期の滞在であっても、子供の日々の変化、適応の様子に十分注意をしましょう。
 小学校高学年や中学生で、友達との間でトラブルを抱えたり、ちょっとした「いじめまがい」の扱いを受けたりするケースが見られます。体験入学の目的と逆に、子供を「日本嫌い」にしてしまう場合もあります。

効果
 体験入学の評価は、子供によって大きな差があります。「体験入学」は、文字通り、日本での生活を「体験」することです。良くも悪くも、現実の日本の生活を体験し、知ることです。学校だけではなく、家族全員で日本の親戚を訪問したり、旅行したりして、日本の生活をエンジョイさせてあげてください。その体験を通して日本を理解し、日本にも自分のベースがあることを知るのは、将来のアイデンティティーを確立するのに大変貴重な経験となります。
 現地校の夏休みを利用しての日本の学校での「体験入学」は、大変意義のあるものです。機会を見つけ、ぜひお子さんに体験させてあげてください。