学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

現地校と補習校の両立が、親子ともにかなりの負担に…

 渡米2年目、6年生の息子がいます。週末補習校に通わせていますが、現地校との両立が、親にとっても子供にとっても、かなりの負担になっています。

松本輝彦(INFOE代表)

現地校第一、補習校はその次
日本語は保護者のサポート次第

 「両立」とは具体的には、補習校、すなわち日本語での勉強をどのように続けるのかを考えることです。最初に、この学齢期の子供がどんな状況にあるのか、整理してみましょう。

小学校高学年の子供の状況
●読み書きの勉強が増える
 4年生くらいになると、学校での学習内容は「話し言葉」中心の勉強から、「読み書き」中心の勉強へ移っていきます。言葉の習得、第1言語習得の最終段階にさしかかっています。机に座って、自分自身でコツコツ勉強する時間と量が増えてきます。それまで皆と一緒で楽しかった学校の勉強が、だんだん苦しくなってくるこの時期は、日本の子供、アメリカの子供にとっても大変で、勉強嫌いの子供が生まれます。

●体力を持て余す
 小学校高学年から中学生にかけては、体力の成長が最も著しい、心身のバランスの取れた発達のために大切な時期です。「体力を持て余す」男の子が増えてきます。「落ち着いて、机で勉強をする」ことが困難になって、宿題をスキップするなど勉強にも影響が出てきます。

●自己主張が出てくる年頃
 体力の伸長と心の成長のバランスが取れない、自分で自分自身がコントロールできない年頃です。それまで、お母さんの言うことをよく聞く「良い子」だったのが、言うことを聞かない「反抗児」に変わってきます。

●渡米2年
 ESLレベルからレギュラーに移る時期で、勉強の内容も、英語自体も難しくなります。渡米直後は余裕のあった算数などの貯金も使い果たし、英語で新しい内容を学び、理解していかなければなりません。

どんな子供に育てたい?
 人間の成長にとって最も困難な時期にあるお子さんに向かい合って、勉強を含めて、日々どのように対応すればいいのか? その答えは、「親として、お子さんをどんな大人に育てたいか?」によって決まります。

 お子さんを「日本語も英語もネイティブレベルのバイリンガル・バイカルチャー」に育てたいならば、この時期の英語と日本語での勉強を何とか乗り越えられるように、親子一緒に頑張るしかありません。

 「勉強よりも心身の発達を」と考えて、スポーツに専念させることも可能です。その場合、「半年間の補習校の休学は、読み書きの能力を極端に低下させ、日本語の会話ができるだけの子供にしてしまいます」と、私自身の補習校の教員の経験から警告しておきます。

 または、渡米後のお子さんの学習状況をよく振り返って、「日本語で勉強させたい」と考えられるならば、これを機会に日本人学校へ転校し、日本語だけでの勉強に集中させてあげることです。

 あなたのご家庭はどの方向へ向かっていますか? 現実的には、「日本語も英語もスポーツも、バランス良く。子供の選択できる幅を広く取っておきたい」と考え、「両立」に悩む保護者がほとんどでしょう。答えは、「現地校第一、補習校はその次」。そして、「日本語での学習は、お父さん・お母さんの努力・サポートで決まる」です。

夏休みを利用して
 1つだけ、現地校の勉強への、具体的なサポートの方法を紹介しておきましょう。

 週5日通う現地校の勉強の負担の方が大きいので、現地校の学習内容の新学年に向けての予習を、この夏休みにさせてください。まったく知識のないアメリカの地理・歴史などを学ぶ社会科、日本語での理解が簡単な算数や理科の、次の学年の教科書を使った予習です。

 これで、これまでお客さんだった授業の内容が少しでも理解できるように、現地校の勉強に対する余裕を持たせ、心の負担を軽くします。その結果、宿題やクイズなど日々の学習を評価する現地校の成績が上がってくれば、勉強に対する気持ちも大きく変わってきます。

 補習校の勉強の具体的なサポート方法については、ただ1つだけアドバイスを。お子さんは小さい時と違います。別の勉強のさせ方を工夫してみてください。