学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

今秋からミドルスクールの子供、どのように指導したらよい?

 この秋から子供がミドルスクールに上がります。小学校と違い中学校での学習は大変だと聞きます。子供をどう指導したらいいのかアドバイスをください。

松本輝彦(INFOE代表)

成績だけで判断せずに
精神的に温かくサポートを

子供の自主性を育てる
現地の中学校

 現地校の、小学校から中学校への指導方法の変更の理由は、アメリカ社会の伝統的な教育の考え方の中の「16歳で自立」にあります。中学に入ると、「自分で考え、行動し、責任を持つ」自立のためのトレーニングが始まります。勉強や学校生活を通して「自己管理」を自分自身の体で経験するような環境に、子供たちは放り出されます。

 親や大人に放り出された中学生は、仲間同士で助け合います。その人間関係が、時に「友達からのプレッシャー」として中学生の肩に大きくのしかかり、大人には理解できないさまざまな行動の原因となります。

学級担任から教科担任へ
 小学校との最も大きな違いは、授業が学級担任制から教科担任制に変わることです。

 現地校の先生は、それぞれの教室を持っているので、教科担任制に変わることにより、生徒が時間割に応じて教室を移動することになります。小学校より広いキャンパスを、授業終了後の数分の空き時間に、ロッカーから教科書やノートを取り出し、大急ぎで次の教室へ移動します。先生は教室にいますので、始業のベルが鳴った時に教室の自分の机に着席していないと、遅刻とみなされます。このように、生徒自身が行動することが「自己管理」のトレーニングの第一歩です。

 小学校との違いは、学習指導にも現れます。特定の科目を担当する中学校の先生が100人以上の生徒を教えることは、めずらしいことではありません。そのため、先生が生徒1人1人の学習状況を細かく把握することが困難で、宿題・テストなどの成績を通しての指導が中心になります。多くの生徒を複数のクラスで教えるために、そのクラスの学習指導のルールが大きな意味を持ってきます。

生徒指導の違い
 友達・親・大人からの精神的プレッシャーは、学校・授業の欠席や遅刻・早退などの出席の乱れとして顕著に現れます。また、一段と難しくなった学習内容の成績の変化は、出席の乱れとともに、学校生活だけではなく、学校外での生活の変化も示すサインとみなされます。そのため、出欠や成績の変化に注目して、生徒指導が行われます。

 出欠管理は学校の事務室が、成績管理はカウンセラーが担当するのが普通です。出欠・成績に急激な変化が見られた場合は生徒本人を呼んで、その理由を探ります。問題が認められた時には、必要に応じて保護者に連絡を取り、カウンセラーを含めて三者面談を行います。面談で問題が解決できなかったり、友人関係でのトラブルが認められた場合などは、学校区(school district)の心理カウンセラーなどを交えて、より丁寧な指導が行われます。

オープンハウスに必ず出席
 「自己管理」を行わせて「自立」させるトレーニングが始まる中学ですが、生徒がその試練を乗り越えるためのサポートは、学校や学校区の中に準備されています。その具体的な内容を、保護者が直接確認できる貴重な機会が、新学年が始まってすぐに開かれる「オープンハウス」です。

 生徒の日常の勉強に最も関わりの深い、教室内での学習や成績の付け方などのルールは、それぞれの教科を担当する先生の裁量の範囲が広く、クラスによって大きく異なります。各クラスのルールは、学年の初めに生徒に伝えられます。

 「オープンハウス」では、教科担当の先生がルールの詳細を、直接保護者に説明してくれます。特に、成績や評価の具体的な内容を保護者が知っておくことは、時に理解不十分でトラブルを抱える子供のサポートに不可欠です。このように貴重な情報収集の機会であるオープンハウスには、ご夫婦揃って必ず出席してください。



 中学生の時期は、身体だけではなく精神的・心理的な発達の著しい思春期にあたり、生活にさまざまな変化を生じます。日本の学校以上に「自立」を求める現地校、友達、そして保護者からのプレッシャーに、中学生は苦しみます。そんな困難な時期を過ごしている中学生を、「成績」だけで判断せず、精神的に温かくサポートしてあげてください。