学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

英語の成績は良いのですが、エッセイが書けません。

 渡米して3年。10年生の娘は、英語の成績は良いのですが、エッセイが書けないと悩んでいます。
 どんな勉強方法があるのでしょうか?

松本輝彦(INFOE代表)

「Five Paragraph Essay」の
基礎トレーニングがあります。

「Five Paragraph Essay」
 小学校高学年で学ぶ「Five Paragraph Essay」は、自分の意見を読み手に伝えるための文章です。
 文章の形式は、序論(Introduction)・本論(Main Body)・結論(Conclusion)からなる3段法ですが、本論をさらに3段落に分け、全部で5段落になることから「5段落エッセイ」と呼ばれています。各段落の役割をはっきりさせ、形をしっかり習得することから、本格的な書き(Writing)が始まります。
 テニスの入門者にラケットの握り方・振り方を教えるように、4年生から6年生の間に徹底して型にはめるトレーニング方法を科し、子供全員ができるようになるまで続けられます。

エッセイの重要さ
 「Five Paragraph Essay」のトレーニングは、アメリカの教育のねらいを最も良く表しており、かつ、日本の教育ではまったく見られないものです。
 このエッセイは、相手を説得・納得させるために書くもので、内容的には「Persuasive Essay」に分類されます。自分の主張がないと書けませんし、書く必要もありません。
 まず、自分の意見をしっかり持ち、それを相手に伝え、時には相手に行動を取らせるために書くものです。「民主主義を守るアメリカの国民」を育てる目的に合致するものです。
 そのトレーニングは4年生から始まり、高校卒業まで続きます。大学入学に当たり、しっかりした「Five Paragraph Essay」が書けることが、書きの最低限の能力として要求され、大学出願のための統一試験にも含まれています。 さらにそのトレーニングの特徴は、5段落というしっかりした形式・構造を、子供たちに叩き込む勢いです。その構成の単純さゆえに、誰でもできる、誰にもやらせるトレーニングになっているのです。
 まさに、「書く」というアカデミックなスキルと、自分の意見を最も効果的に伝える形式という意味で、「Five Paragraph Essay」を書くトレーニングは重要なのです。

勉強方法
 日本からやってきた子供自身はあまり自覚していませんが、このエッセイのトレーニングは大きなハードルです。
 英語力の問題は明らかですが、それに加えて、日本の学校で型にはまった文章の書き方などを学んだことがないからです。さらに、自分の主張を相手に伝えるための文章を書く指導もほとんど受けていません。
 エッセイの日本語訳は「随筆」ですが、情感豊かな文章を表す日本の随筆とはまったく異なります。伝統的にも、文化的にもなじみのない文章なのです。これらの違いをはっきり認識しておけば、現地校で学ぶ日本人の子供たちにとっては、そんなに大きなトラブルにはなりません。
 具体的な勉強方法は、「『Five Paragraph Essay』の型を知り、練習すること」です。小学生でもできる簡単な型の練習ですから、中学生や高校生にとっては決して難しいものではありません。現地校の英語の先生に指導してもらっても結構ですが、日本語でしっかりと理解できるようにバイリンガルの家庭教師や大学生を探してみることをおすすめします。
 「Five Paragraph Essay」は、アメリカの教育で最も重要なスキルです。また、日本帰国後の子供にとっての「宝」になるものです。しっかり理解し、確実に学んでください。


Five Paragraph Essay
(5段落エッセイ)

第1段落:
序論(Introduction)

自分の意見(Thesis)を述べる。
第2-4段落:
本論(Main Body)
  自分の意見をサポートするため、段落ごとに異なった事実や根拠を示す。
  各段落の始めにはその段落の内容を述べた文(Topic sentence)を必ず入れる。
第5段落:
結論(Conclusion)
  表現を変えて、自分の意見をもう1度述べる。