学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

子供を国際感覚豊かなバイリンガルに育てるには?

 渡米6カ月で、4歳と6歳になる娘がいます。5年の滞在中に、子供たちを国際感覚豊かな「バイリンガル」に育てたいと思っています。

松本輝彦(INFOE代表)

お子さんの経験の豊かさが鍵です。

「国際感覚豊かに育てたい」
 アメリカでの生活自体が国際感覚を育てる道具ですから、積極的にアメリカ社会に接触させてあげてください。
 キンダーガーテンや小学校での学校生活は、ただ単に勉強の場ではなく、アメリカの文化や社会に触れる窓口です。お子さんたちだけではなく、ご両親も学校生活に積極的に関わって、ボランティア活動やオープンハウスなどの行事には必ず参加しましょう。お父さんも、日本の時に比べて、長期の休暇を取ることも可能だと思います。その機会を生かして、家族揃っての旅行は、海外での生活の最も楽しかった思い出として、子供の心の中に永遠に刻み込まれます。
 小学生としての海外生活のあらゆる体験は、日本に帰国後の成長の過程で意味付けされ、お子さんの考え方の基礎として定着していきます。経験の豊かさが、鍵です。

「『バイリンガル』に育てたい」
 しかし、子供をバイリンガルに育てるのは決して簡単ではないことを、ご両親の心にしっかりと刻んでください。家族全員の不断の協力と努力が必要です。海外滞在中だけではなく、日本帰国後も機会を作り、その努力を継続することが必要です。苦労は必ず報われ、お子さんの人生にとって大きな「宝」になります。では、具体的に考えてみましょう。
 ご両親は、「バイリンガル」という言葉で、子供のどんな将来の姿を想像しているのでしょうか? 子供をどんなバイリンガルに育てたいのか、親としての希望を明確にしてください。その目標により、方法も努力のレベルも異なってきます。
 英語と日本語でおしゃべりができるだけのバイリンガルであれば、日本語と英語の環境の中に入れておけば可能でしょう。しかし、大人になった時に読み書きも含めて、日本語と英語がネイティブと同じように使いこなせる様に育てたいならば、環境だけではなく、家庭でのサポートや工夫も必要です。
 2人のお子さんはこれから学校教育を受け始める年齢です。滞在期間が5年とすると、9歳と11歳で日本帰国になります。この年齢でバイリンガル教育を始めるのは、大変望ましい時期でしょう。学校での勉強をしっかりさせてください。補習授業校でネイティブとしての日本語での学習と、現地校での英語での学習の組み合わせが、バイリンガルの子供を育てるのに最も有効な方法だといえます。
 「日本語での学習」とは、さまざまな教科や学習内容を日本語で指導を受け、日本語で学ぶことです。英語についても、同じように、学習を続けることです。バイリンガルとは、言葉だけが堪能な人ではありません。その言葉を道具として使って、物事を理解し、考え方を述べられる人です。そのためには、それぞれの言葉での知識・理解する能力を高める必要があります。そのベストの方法が、学校での学習です。
 低年齢の2人のお子さんをバイリンガルに育てる、もう1つの秘訣は「読書」です。アメリカの学校での勉強は読書が基本になります。現地校の教科書が厚くたくさんの記述があるのは、自分自身で読んで理解する勉強方法を想定しているのです。そのため、キンダーから非常に積極的に読書の指導を始めます。現地校の先生の指導に従うことが、英語での読書力の向上につながることになります。
 日本の学校教育では、アメリカの学校ほど読書指導をしているとは思えません。補習校も例外ではありません。日本語での読書の指導は家庭でしましょう。お母さんの担当です。お子さんに本を与えるだけでなく、少なくとも4年生までは、お母さんが毎日読み聞かせをしてあげてください。どんな本でも、子供の気に入ったものでOKですから、「書かれた日本語」に触れる機会をなるべく多くすることが、読み聞かせの目標です。
 「家庭・補習校では日本語で、現地校では英語でしっかり学習させる」ことが、子供をバイリンガルに育てる基本形です。
 お子さんの未来のために、頑張ってください。