学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

日本の大学への進学方法とメリットについて教えてください。

 駐在が10年を超え、12年生の息子がアメリカ、日本のどちらの大学に進学するべきか迷っています。日本の大学進学方法、メリットなどを教えてください。

松本輝彦(INFOE代表)

最大のメリットは、バイカルチャーになれることです。

帰国子女大学入試
Q:
「日本の大学への進学の可能性はあるのか?」
A:「帰国子女大学入試」が受験できます。帰国子女入試で大学が求める学生は、アメリカの高校で精一杯勉強した人です。現地校では英語で学んでいるので、日本語よりも英語での学力が伸びていることを大学は期待します。高校生として生活している場所で、何語であろうとしっかり学んだ学生は、短期間で日本語を習得し、日本の大学で学ぶことができます。
Q:「入試は、難しいのか?」
A:首都圏の私立大学や国立大学の一部には、受験者も多く、難易度も高い大学がありす。しかし、大学が募集している帰国子女の定員は受験者の少なく見積もっても2倍はあるので、浪人をする人はほとんどいません。もちろん、医学部などの入学が極めて難しい学部はあります。

英語で学べる大学
Q:
「日本に、英語で勉強できる大学はあるか?」
A:最近、英語での授業だけを受講して、卒業できる大学が増えてきました。国際化の波の中、日本の高校を卒業した学生・各国からの留学生・帰国子女などがお互いに刺激し合いながら、共に学んでいます。海外滞在が長くなって日本語より英語での学習が楽な場合は、これらの大学を選択し、学ぶことのメリットは大きいと思います。

編入できる大学
Q:
「アメリカの大学で2年学び、その後、日本の大学に編入できるか?」
A:アメリカの大学のように編入を受け入れる大学はほとんどありません。アメリカのシステムを採用している上智大学(国際教養学部)・国際基督教大学などは、編入の可能性がありますが、得単位の認定が厳しく、在籍年数が長くなる場合があります。

日本の大学進学のメリットは?
Q:
「アメリカの高校卒業後、日本の大学に進学するメリットは?」
A:最大のメリットは日本語と英語のバイリンガル、両国の生活習慣や文化を身に付けた、バイカルチャーになれることです。もし、アメリカ生活が長く英語での勉強を日本の大学で続けても、大学の外での日本語の生活の中で日本の文化や社会常識を習得することにより、日米両国だけではなく、その国際的感覚を生かし、世界に通用するスキルを身に付けられます。教え子には、そうして活躍する若者が多くいます。

どちらの大学かいつ決めればいいのか?
Q:
「日米、どちらの大学に進むか迷っている。どんなタイミングで決めればいいの?」
A:アメリカの大学は、12年生の11月・12月に出願です。まず、この出願時にベストの成績が出せるよう全力でチャレンジしてください。現地校での勉強をしっかりしていれば、日本の大学の受験準備はそれから始めても遅くありません。アメリカの大学の合否の連絡は3月頃です。合格した大学から1校選び、5月初めに入学希望の届出をします。日本の大学出願・受験は、現地高校を卒業後の夏以降です。アメリカの大学を決めて、日本の大学に挑戦して、最終的に進学先を決めることも可能です。
 第1志望のアメリカの大学に入れなかったり、日本の大学の方に気持ちが向いている受験生は、合格したアメリカの大学に「入学時からの休学」や「入学の延期」の届けを出して、日本の大学を受験する場があります。また、9月からアメリカの大学で学びながら、日本の大学の入試日に日本に一時帰国して受験する人もいます。そして、運良く日本の第1希望の大学に合格した場合、アメリカの大学を正式に退学して、日本の大学に進学します。

 日本の大学は、現地の高校でしっかり学んでいれば、さまざまな方法で進学が可能です。お子さんの未来のために、一度その可能性を考えてみませんか? 具体的な資料については、ご連絡を。