学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

子供をキンダーに就学させられる年齢を教えてください。

この夏に渡米しました。友人から、長女が「9月からキンダーに入学する年齢だ」と言われたのですが…。

松本輝彦(INFOE代表)

12月2日以前に5歳になる子供が対象です。

「保護者は、子供をキンダー(Kindergarten)に就学させる義務はない。しかし、保護者が希望すれば、12月2日以前に5歳になる子供を、学校開始時か子供が編入して来た時に、学校は受け入れなければならない」とカリフォルニア州の法律で決められています。

●入学手続き
まず、通学校区になっている小学校に出向き、事務室で入学手続きについて聞いてください。もし、学校が夏休みで閉まっているならば、学校区(School District Office)へ行ってください。具体的な入学手続きについて教えてもらうには、お子さんの年齢と居住地を証明する書類が必要です。法律で決められた予防接種を受けていれば、必要書類に記入し提出して、入学手続き完了です。

学校区にもよりますが、先生が子供にインタビューをして、指導・授業についていける学力や英語力を判定します。知的発達や共同生活へのトレーニングが不十分で、キンダーへの入学を1年延ばすようにすすめられることもあります。

●キンダーの生活
キンダーは公立小学校に併設されており、幼児の安全のためのキンダー専用の校舎や遊び場などが作られています。授業開始は小学校と同じ時刻で、午前中の4時間が指導に当てられ、お昼に下校します。保護者が送迎するのが基本です。

●キンダーでの教育
キンダーでの教育は、「子供の社会的・感情的・身体的・知的な成長を最大限伸ばす」のが目的です。そのため、教員資格を持った先生がクラス担任となって、継続した指導を行います。カリフォルニア州がガイドラインで決めた基本的なカリキュラムは、日本とよく似ています。従って、日本からの保護者が、キンダーでの日常の指導に大きな違和感を持つことは少ないと思われます。

ただ、日本以上に、先生の判断で具体的な内容が決められることが多く、クラス・先生ごとの指導内容の違いとなって現れます。また、最近のアメリカ全体の傾向で、知的発達に重点を置く指導が増えています。

●1日キンダー?
全米規模での幼児早期教育(Early Childhood Education)の流れを反映して、指導時間の長い教育(Extended-day Kindergarten)を提供するキンダーが、1998年で約半数と、増えています。一般に1日キンダー(Full-day Kindergarten)と呼ばれ、通常4時間の半日でなく、小学校低学年と同じ下校時刻まで指導時間を延ばすプログラムです。

その目的は、指導時間を長くすることで、短時間の指導より教育内容の充実を図ろうとするものです。また、働く保護者の送迎の便宜に応える意図もあります。この時間延長に必要な州からの財政援助(先生の給与など)はありません。実際の時間延長は、学校区の判断に任され、各学校区の財政状況などに応じて、指導の時間延長が決められます。お子さんが通学するキンダーで時間延長指導があるか、確認してください。

●私立のキンダー
私立のキンダーも多くあります。上で紹介したプログラムを基本として、各キンダーの特徴的なプログラムを加えています。例えば、英語に加えて日本語の指導をする、また、公立キンダー以上のレベルの学習内容を教える私立のキンダーなどがあります。働く両親の時間に合わせて、夜まで保育をするキンダーや、昼の下校時にキンダーに子供を迎えに来て、午後、子供の面倒を見る私立のデイケア施設もあります。

●アメリカでの教育の始まり
キンダーは、アメリカでの義務教育の始まりです。公立学校での義務教育は「良きアメリカ市民を育てる」のが目的の1つで、さまざまな内容・工夫・仕掛けが、キンダーの教育指導に散りばめられています。幼児の教育として、知的な指導、マナーなど、アメリカでの社会生活の基本を指導されます。

その日々の指導が、「日本人に育てる」ための日本人家庭の教育内容と異なり、戸惑いが出てきます。その違いを受け止め、乗り越えて、海外で子育てをするには、「お子さんと一緒に、保護者もアメリカの教育について学ぶこと」が必要です。

子供にとってキンダーでの教育の始まりは、保護者にとってもアメリカでの教育の始まりです。頑張ってください。