学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

アメリカ生まれの子供に日本語の本を読ませたい

うちの子はアメリカ生まれ。読書は好きなのですが、英語の本ばかりを好んで読み、日本語の本を買い与えてもまったく興味を示しません。日本語だけでなく日本の文化を知るためにも日本語の本を読んでほしいのですが…。

松本輝彦(INFOE代表)

書かれた内容に興味を持たせる
「読み聞かせ」の効果は絶大

 最初に、英語であろうと日本語であろうと、お子さんが読書好きに育ってくれていることに、保護者として感謝してください。もちろん、ご両親がそのようなお子さんに育てられたのですから、お2人にも拍手です。

言語の環境

 幼児から小学生へと成長するに従って、家庭内の日本語から、学校や現地社会での英語へと言語環境が広がっていくのが、海外での滞在が長期になってきた子供にとって自然な姿です。アメリカで生活している限り、子供の成長に伴って日常生活での英語の影響が大きくなるのは避けられません。

言語の習得

 この言語環境を言語の習得から見てみましょう。
 まず、幼児の頃は、保護者の家庭内での日本語使用の影響で、日本語での会話力が向上します。使われている単語や表現は、日常生活に必要な基本的なものです。
 
その後、現地の保育園や幼稚園に通い始めると、周囲で使われている英語の影響が強くなり、英語の会話力が向上します。この頃になると、家庭では使わない、遊びのための英語の単語の数が急速に増えてきます。
 
さらに、現地の小学校に進むと、日常生活に必要な話し言葉や表現に加えて、学習上の読み書きに必要な新しい英語力を身に付けていきます。「学習言語」と呼ばれる、この段階の言語を自由に操れるようになることが、学年が進むに従って学習に不可欠になります。そして、会話から読み書きのレベルまで言語の力が達した時、それは「第1言語」と呼ばれ、母親から「口移し」で教えられた「母語」と区別されます。

 週5日現地校で使われている英語に対して、週1〜2日の補習校での日本語使用は、質・量ともに、第1言語となるためには十分とは言えません。日本語使用が家庭だけの子供にとっては、書かれた日本語に接する機会が、絶対的に不足します。
 この不足を補うのが、子供自身による読書です。

日本語での読書

 「日本語の本を買い与えても興味を示しません」というのは、お子さんが本自体に興味がないのではなく、「日本語で書かれた本」と「日本の文化」に興味が持てないのです。「日本語の本」を手にしない理由を聞くと、子供たちは「漢字が読めない」「言葉がわからない」「内容が面白くない」と話してくれます。

 漢字と内容につまずいている子に、「辞書を引きなさい」と先生のようなことを言っても、読書好きにはなりません。お母さんができることは「読み聞かせ」です。このコラムで何度も説明してきましたが、「読み聞かせ」の効果は絶大です。話し言葉ではなく、「書かれた日本語」にしっかり接させることは、「読み」だけではなく、将来の日本語での「書き」の基礎にもなります。「子供の選んだ本」を、毎日15分、ソファに座ってゆっくり読んであげてください。

 幼児の時にはよく読んであげたのに、小学校に上がると「自分で読みなさい」というお母さんがいますが、これは逆です。小学校に入って「書き言葉」の世界に入ったので、読み聞かせが必要なのです。小学校高学年まで続けてください。その継続が、日本語での読書力を向上させ、書かれた内容に興味を持たせるのです。

日本文化に触れる仕掛けを作る

 日本語で書かれた大人向けのサッカーの雑誌を必死に読んでいる、サッカー大好きで日本のJリーグに興味を持っている小学生がいました。子供は、興味を持てばどんどんチャレンジします。「内容が面白くない」という子には、まず、自分の好きな内容を与えます。最初から親の望む、例えば学年相当の内容を押し付けては、逆効果です。
 
「子供が日本文化に興味を持たない」と嘆くなら、日々の生活の中で子供が興味を持つような話を、ご両親が積極的に聞かせることです。アメリカに住んでいて、子供が日本のことを知る窓口は親です。話をするだけではなく、家庭の中で日本文化に触れる仕掛けが必要です。家庭内で日本語の本を読んでいるご両親の姿がベストの環境です。

 海外生活の長くなった子供が、ある日突然、日本語の本の読書を始めることはあり得ません。ご両親が、日々の生活の中で日本の文化を大切にしている姿を見せて、環境を作ることです。