学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

神奈川県初の中等教育学校ができるそうですが、詳しく教えてください。

神奈川県初の中等教育学校ができるそうですが、詳しく教えてください。

松本輝彦(INFOE代表)

生徒の個性を重視した教育の実現を目指して導入されました。

表1 全国の国公立の中等教育学校

中等教育学校
「生徒や保護者が6年間の一貫した教育課程や学習環境の下で学ぶ機会も選択できるようにすることにより、中等教育の一層の多様化を推進し、生徒1人1人の個性をより重視した教育の実現を目指す」(文部科学省)として、平成11年4月より中高一貫教育を導入しました。現在、日本全国に500程度ある高校の通学範囲に少なくとも1校整備されることを整備目標として、積極的な推進を図っています。

そして、「生徒や保護者のニーズ等に応じる」ために、「中等教育学校」「併設型の中学校・高等学校」「連携型の中学校・高等学校」の3つの形態の学校を、中高一貫教育校として定めています。その1つの中等教育学校は「1つの学校として、6年間一体的に中高一貫教育を行うもの」として作られた、新しい種類の学校です。


公立の中等教育学校
平成19年度現在、国立4校、私立104校に加えて、43都道府県に149校の公立の中高一貫校が設置されています。そのうち、公立の中等教育学校は17校で、平成20年に2校、今後5校が開校です(表1)。

公立の中等教育学校の特徴の1つは入学選考です。「受験競争の低年齢化を招くことがないよう学力検査を行わない」とされていますが、入学希望者が多いので、学校の特徴に応じて工夫した、「適性検査」を含む選考方法が取られています。


神奈川県初の開校
今年4月に、神奈川県の平塚市と相模原市に、県立中等教育学校が開校します。

2009年4月開校予定の公立中等教育学校
・仙台市立仙台青陵中等教育学校
www.sendai-c.ed.jp/~seiryo/
・神奈川県立平塚中等教育学校
www.hiratsuka-chuto-ss.pen-kanagawa.ed.jp/
・神奈川県立相模原中等教育学校
www.sagamiono-h.pen-kanagawa.ed.jp/chutou/index.html

参考:
文部科学省
www.mext.go.jp/a_menu/shotou/ikkan/main5_a2.htm
神奈川県教育委員会
www.pref.kanagawa.jp/osirase/40/4001/map/index.html


選考方法は、次のような内容になっています。
‥性検査:これからの社会で必要とされる幅広い教養を育成していく上での基礎的な力を測る
▲哀襦璽彝萋:より良い人間関係を築くための基礎的な力および自己を表現する力を測る
作文:中等教育学校で学ぼうとする意欲や目的意識を見る
つ敢砂:今後の学習につながる基礎的学習の状況を見る


海外子女への影響
県立の中等教育学校ができることにより、神奈川県に帰国予定の海外子女にとって、新しい進学のチョイスができます。

海外から帰国する児童生徒の多い地域ですが、これらの新設校の入試では、帰国生向けの特別枠はありません。どれくらいの受験希望者が出るのでしょうか?

参考に、昨年春開校した東京都立立川国際中等教育学校の初めての入試結果を見ると、一般枠募集の競争率約15倍に比べて、海外帰国・在京外国人生徒枠募集では1・5倍と、一般枠に比べて10分の1の広き門でした。国際教育に力を入れて帰国生・外国人の特別入学枠30名を設けたにもかかわらず、受験者が集まりませんでした。

公立の中等教育学校ですので、中学校は義務教育で授業料はなく、その経済的なメリットは大きくなります。しかし、6年間同じ学校で学ぶ、また「表現コミュニケーション力」「科学・論理的思考力」育成と特徴のある教育を目指しているこれらの学校への進学に当たっては、「その教育が本人と保護者にとって希望するもの」かどうかの、慎重な判断の上、受験されることをおすすめします。



(2009年1月16日号掲載)