暮らす
LIFE

病気の処方Q&A

かかりやすい病気や怪我の症状と、治療のポイントを解説。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

めまい・貧血

鉄分補給は食物で取り過ぎは禁物

 めまいの原因はいろいろあり、原因が必ずしも貧血であるとは限りません。甲状腺に異常があったり、中耳炎など耳に関する疾患が原因で起こすこともあります。

 女性の場合、特に生理がひどい人は、貧血がめまいの原因である可能性が高いと言えます。鉄分が不足していると貧血になりやすいので、ほうれん草などの緑黄色野菜をしっかり取ったり、鉄鍋で料理するなど鉄分を補うようにするとよいでしょう。

 ただし、鉄分を食物から取ったり、サプリメントでもビタミン剤に入っている程度の鉄分量なら問題ありませんが、鉄分だけをサプリメントで補給する場合は、事前に医師に相談することをおすすめします。鉄分も取り過ぎると不快感を催すことがありますので、取り過ぎも良くありません。

 また貧血の原因にもいろいろあり、1番多い原因は鉄分不足ですが、高齢者にはビタミンB12が足りない場合も多く見られます。また腎臓などに慢性の疾患がある人や、胃腸からの出血がある場合にも貧血を起こすことがあるので、症状がひどい人は1度、血液テストを受けて、原因をきちんと検査したほうがよいでしょう。


水分不足も原因に
お茶ではなく水を

 低血圧の場合、朝起き上がった時にめまいを感じることがあります。このような場合は、水分不足が原因であることが多いようです。日本人はよくお茶を飲みますが、コーヒーやお茶に含まれるカフェインには利尿作用があり、トイレに行く回数が増えるので、反対に水分が少なくなってしまいます。水分を補給するには、水を飲むのが1番です。

 また、生理が原因でめまいがひどくなる場合は、ピルを飲むなどの対策もありますので、医師に相談してみてください。

 めまいがするからといって、勝手に貧血だと決めつけて、サプリメントで鉄分を補給して自分で治そうとするのはおすすめできません。貧血気味だと感じたら、その原因をきちんと調べるのが先決です。まずは医師に相談して検査を受けるとよいでしょう。



ユウワ・ファング内科医
USCメディカルスクール卒
セント・メリー・メディカルセンターおよび
ハーバーUCLA レジデンシー