暮らす
LIFE

病気の処方Q&A

かかりやすい病気や怪我の症状と、治療のポイントを解説。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

肘の脱臼

腕を急に引っ張ると骨が靭帯から抜ける

 「子供の肘が抜けた」と言って、子供を連れてくる方が多くいます。こういった脱臼は子供にひんぱんに起こるケースです。

 腕を急に引っ張ると、肘の橈骨頭(手の平を上に向けた状態で、肘の折り目の線の下外側にある筋肉が大きい場所)のアヌラー靭帯から、骨がわずかにすべり抜けることがあります。

 アヌラー靭帯とは、輪ゴムのように骨の回りを巻いている靭帯で、骨が抜けないようにしています。ですが急に引っ張ったために骨がわずかでもすべり抜けると、アヌラー靭帯に亀裂や歪みが起きます。すると引っ張った肘を放した時に、巻いていた中身が抜けた輪ゴム状態の靭帯が、肘の関節の間に引っかかります。ちょうど木の棒を輪ゴムで巻き、棒を少し引き抜いてから、もう1度輪ゴムに入れようとしても、引っ掛かって以前の状態に戻らないのと同じです。すると痛みが生じて、肘が曲がらなくなります。

 子供は痛みのため、誰にも触らせず、その腕を使わないので、腕が麻痺しているようにも見えます。脱臼が起きた場合は、すぐに小児科やカイロプラクターに診てもらいましょう。


旅先でなった時の応急処置の方法

 もし旅行先で肘が脱臼してしまった場合には、どうしたら良いのでしょうか?

 まず脱臼した子供の腕を、手の平を上に向けて伸ばし、親は自分の親指を子供の肘の橈骨頭の上に当てます。親指でその部分を固定したまま、もう片方の手で子供の手首をつかみ、軽く引っ張ります。同時に前腕をすばやく仰臥位(手の平が外側を向くように)になるように4分の1回転します。

 脱臼した骨が元に戻ると、「パキ」という音を感じることが多くあります。その後に腕を固定する必要はありません。子供は痛みのため、しばらくは腕を使わずにいますが、あせらずに様子を見てください。おもちゃなどを渡して、痛めた腕を使わせてみてもいいでしょう。

 ただし、肘が酷く腫れていたり、手先に痺れがある場合は、この方法を行わず、すぐにドクターに診てもらってください。



East-West Chiropractic acutherapy Clinic
Dr. ロバート・ジョー D.C.
UCLA卒。
スポーツカイロプラクティック認定士