太陽光線で刻々と変化する大渓谷グランドキャニオン(2泊以上)

グランドキャニオン_ウエストリム

約400万年前、台地に走った1 本の断層からできた大渓谷。ウエストリムのピマポイントからのパノラマ

約400万年前、台地に走った1本の断層にできたコロラド川。コロラド川が約280万年かけて大地を削り、今ある大渓谷ができたのは約120万年前。地球史を紐解くような地層の堆積は、ユネスコの世界遺産でもある。東京都の2倍以上の広さを有し、南壁のサウスリム、北壁のノースリムに分かれているが、観光客が集まるのは交通の便が良く、施設の整ったサウスリムだ。
 
日の出、日の入りが特に美しいが、日の出のオススメポイントはホピポイント(MAP 1)。エリザベス女王が「素晴らしい」と感嘆したという場所だ。「ベストなのは、朝日が上がる20分前くらい前にブライトエンジェルロッジ(MAP 2)を出て、ホピポイントに向かって歩く。約1時間半の距離ですが、昇りゆく太陽を背に浴びながら歩いていくと、270度の角度で見渡すことができます。途中で通るパウエルポイント(MAP 3)もまた素晴らしいですよ」と岩澤さん。

地図

暗いうちに出発することになるので、初めての人は不安かもしれない。そこでその次にすすめてくれたのが、ヤバパイポイント(MAP 4)。「ヤバパイポイントでご来光を見てから、ブライトエンジェルロッジまで歩いてみましょう。やはり朝日を背中に浴びて歩きますが、ここはほぼ一本道なので安心ですし、約1時間でブライトエンジェルロッジに出ます」(岩澤さん)。
 
ヤバパイポイントの東にあるグランドビュー(MAP 5)界隈は、1540年、西洋人として初めてグランドキャニオンを発見したスペイン人、フランシスコ・コロナドの遠征隊が、グランドキャニオンと劇的な対面を果たした場所と言われ、夕陽を見るポイントでもある。
 
「よく沈んでいく太陽を見る人がいますが、夕陽に映る渓谷を見てください。太陽が沈む1時間半から2時間前からが1番きれいな時間なので、早めに行って自然の芸術を堪能してください」。

今年100周年を迎える格式高いエルトバーホテル

コロラド川

コロラド川が約280万年かけて大地を削った

グランドキャニオンが注目を集めるようになったのは、1869年、南北戦争の退役軍人ジョン・パウエルが調査探検を行ってから。82年には鉄道工事が始まり、1901年に完成。国立公園に指定されたのは1919年。アメリカでも屈指の歴史的リゾートホテル・エルトバーホテル(MAP 2)は、1905年オープンで今年100周年を迎える。
 
ブライトエンジェルロッジからミュールに乗って人々が下りるトレイルが見える。歩いて下りることもできるが、注意したいのが行きが下りで、帰りが上りだという点。帰りは下った時間の1.5倍から2倍はかかり、標高が低くなるため温度も上がる。十分な飲み水を持参して行こう。谷底にあるファントムランチ(MAP 6)は、宿泊予約なしでは絶対に下りないように。ファントムランチまでは、下りで7~8時間、上りは12~13時間要する。

冬のグランドキャニオン

グランドキャニオンではせめて2泊したい。リム沿いにあるホテルが、ブライトエンジェルロッジ&キャビンとサンダーバードロッジ(MAP 2)。ブライトエンジェルロッジは、部屋のグレードはやや落ちるが、ビレッジの中心なので便利。
 
サンダーバードロッジは設備も新しく、部屋からキャニオンを眺めることができる部屋も。マスウィックロッジ(MAP 7)は、リム沿いではないが比較的お手頃でリムまで歩いて5分ほど。いずれも予約(1-888-297-2757・www.grandcanyonnorthrim.com・Xanterra Parks & Resorts:14001 E . Illiff Suite 60 0,Aurora, CO 80014)は早めに。

◎ グランドキャニオン国立公園 / Grand Canyon National Park
P.O. Box 170001
P.O. Box 129, Grand Canyon, AZ 86023
☎ 928-638-7888(Visitor Information)
www.nps.gov/grca/index.htm
 
● 面積:121万7403エーカー
● 年間訪園者数:430万8549人(2004 年)
● アクセス:ラスベガスから93 号線を南に行き、キングスマンで40 号線を東、ウィリアムズでアリゾナハイウェイ64 号線を経由。ウィリアムズからサウスリムまで60 マイル
● オープン時間:通年 Canyon View Information Plaza(8:00am-5:00pm)、Desert View Information Center(9:00am-5:00pm)
● 入場料:車1 台につき20ドル。車でない場合は1人10ドル(15歳以下は無料)

「アメリカを満喫する1週間観光旅行」のコンテンツ