遊ぶ
Leisure

アメリカ西部を肌で感じる
【2泊以上】モニュメントバレー

アメリカ国立公園

西部劇などでおなじみの円筒形のビュートの
光景は広範囲から見ることができる。
ビュートは高いものでは1000フィートに達する

国立公園ではないが、西部大自然の旅にぜひ加えたいのがモニュメントバレーだ。雄大な赤い土地に広がる不毛地帯は、アメリカ西部を最も感じることができる場所と言えるだろう。ユタ州とアリゾナ州の境界線が走る全米最大のネイティブアメリカンの居住地(ナバホネーション)にあり、独立した自治体になっている。

モニュメントバレーはいわゆる谷ではなく、メサやビュートと呼ばれる台地状、あるいは円筒形の地層が点在する広大な平地。幹線道路からもメサやビュートを見ることができるが、映画などで記憶にある景色は、モニュメントバレー・ナバホトライバルパーク内にある。パーク内は土地がもろく舗装されておらず、一般車は入れない場所が多いので、ぜひ現地ツアーに参加したい。

「ホーガンと呼ばれるネイティブアメリカンの家も見せてくれるので、値打ちがあるツアーです。ツアーに参加しないとモニュメントバレーの良さを堪能することは難しいでしょう」と岩澤さん。


映画でおなじみの
名所が目白押し


人間が誕生する前は入り江だったが、山が侵食されてたまった地層が土地の隆起と共に盛り上がってできた台地が、5千万年かけて風や雨で浸食され、独特の地形を造った。台形状のメサが、さらに侵食されてできたのが円筒形のビュート。高いビュートになると千フィートに達する。

 ナバホ族運営のグールディングロッジ(MAP1) は、モニュメントバレー唯一のホテル。1923年、初の交易所として設立され、その2階に住んでいたのがハリーとマイク・グールディング夫妻で、西部劇の撮影場所を探していたジョン・フォード監督にこの地を紹介した人物でもある。以来、フォード監督はジョン・ウェイン主演で『駅馬車』など数多くの名作をここで撮影した。他にもクリント・イーストウッド主演の『アイガーサンクション』、マイケル・J・フォックス主演の『バック・トゥー・ザ・フゥーチャー3』などでもロケ地として使われている。

 グールディングロッジは、ほとんどの部屋からビュートやメサを正面に捉えることができる最高のロケーションで、ツアーも当ロッジから出ているものがオススメ。グールディングロッジの予約が取れない場合は、パーク近隣やモニュメントバレーから約2 時間のところにあるペイジの街で1 泊すると良いだろう。



●アクセス:幹線道路は163 号線のみ。
アリゾナ州のカエンタの北24 マイル、ユタ州のメキシカンハットの南西22 マイル
●オープン時間:通年(クリスマスとサンクスギビングを除く)。
7:00am-7:00pm(5〜10月)・8:00am-5:00pm(11〜4 月)
●入場料:1人につき5ドル(ツアー料金別)

Goulding's Lodge and Tours
P.O. Box 360001, Monument Valley, UT 84536
435-727-3231
www.gouldings.com
Monument Valley Visitor Center
P.O. Box 360289, Monument Valley, UT 84536
435-727-5874
Navajo Parks and Recreation Department
P.O. Box 308, Window Rock, AZ 86515
www.navajonationparks.org/







ロサンゼルス・サンディエゴ周辺の観光・レジャー

ロサンゼルス・サンディエゴ近郊のおすすめ観光・レジャー情報。人気の観光スポットをはじめ、食事、ゴルフやカジノなどのレジャースポット、アウトレット・モールなどの買い物・ショッピング情報をお届けします。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部