遊ぶ
Leisure

海沿いを南へ走る(9)
La Jolla〜San Diego

1号線の旅

オレゴン州からメキシコ国境まで海岸に沿って続くハイウェイ1号線。
ロサンゼルスからサンディエゴまでの南下の旅【La Jolla〜San Diego】
Pacific Coast Highwayの地図はこちら>>


「宝石」の海岸から
加州発祥の地へ

海や海洋生物のことが学べる
Birch Aquarium at Scripps

 友人に穴場として教えてもらったのが、ラホヤのBirch Aquarium at Scripps(2300 Expedition Way・☎858-534- 3474)。カリフォルニア大学サンディエゴ校の所有する水族館で、同大学の海洋学部の施設でもあるため、啓蒙的な意図も大きい。半分が水族館、半分が海洋学の学習センターになっており、魚の生態から海の保全まで子供にもやさしく学べるようになっている。大人11ドル、子供7.50ドル。


ペリカンも人も集まる浜辺と洞窟La Jolla Cove

 スペイン語で“宝石”を意味するラホヤで最も美しい場所の1つがLa Jolla Coveという小湾だろう。ペリカンたちは岩に集い、潮が作った洞窟には子供たちが遊ぶ。夏はビーチの近くでは駐車場所を探すのが大変なほどのにぎわい。
 湿地に小さな島が浮かぶミッションベイではいくつか橋を渡る。ここにはシャチのショーで有名なSea World Adventure Park(Sea World Dr.・☎619-226-3901)がある。しかし、目指すはポイント・ローマなのである。


アメリカ西海岸にヨーロッパ人で
初めて降り立ったカブリロの像

 カタリナ・ブルバードを半島の先端に向かう。途中、Fort Rosecrans Military Reservationという白い墓標の並ぶ海軍墓地を過ぎ、Cabrillo National Monument(☎619-557-5450)へ。ここは、コロンブスの新大陸発見からちょうど50年後の1542年、ポルトガル人のホアン・ロドリゲス・カブリロが航海の末、ヨーロッパ人として初めてアメリカ大陸西海岸にたどり着いたところ。まさに、カリフォルニアが始まったのはこの地点からだったのだ。その後、スペイン人が入植し、サンディエゴの街が誕生した。


カリフォルニア・ミッション第1号、
Mission Basilica San Diego de Alcala

 
 

 「そうだ、ここまで来たら、最初のミッションにも行かなくては」。そう思い立って8号線を東に向かい、北上、南下、両方の旅でしばしば訪れたミッションの第1号Mission Basilica San Diego de Alcala(10818 San Diego Mission Rd.)へ。1769年、セラ神父によって設立されたこの教会から西海岸のキリスト教の布教活動が始まったのだ。静かな住宅街の一角、中ではミサが始まろうとしていた。セラ神父の像が「とうとう、ここまで来たね」と微笑んでくれた。

 途中寄り道もしたけれど、片道220マイルの1泊2日旅行。日頃は時間に忙殺され、何かと慌しく過ごしてしまうものだが、1つの道を軸に、小さな旅でカリフォルニアの良さをじっくり味わってみるのも贅沢なことだ。

■取材協力
American Honda Motor Co., Inc.
http://www.honda.com
カールスバッド観光局
http://www.carlsbadca.org





ロサンゼルス・サンディエゴ周辺の観光・レジャー

ロサンゼルス・サンディエゴ近郊のおすすめ観光・レジャー情報。人気の観光スポットをはじめ、食事、ゴルフやカジノなどのレジャースポット、アウトレット・モールなどの買い物・ショッピング情報をお届けします。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部