遊ぶ
Leisure

海沿いを南へ走る(5)
San Juan Capistrano〜Oceanside

1号線の旅

オレゴン州からメキシコ国境まで海岸に沿って続くハイウェイ1号線。
ロサンゼルスからサンディエゴまでの南下の旅【San Juan Capistrano〜Oceanside】
Pacific Coast Highwayの地図はこちら>>


珠玉のミッションの町

「ミッションの宝石」
Mission San Juan Capistrano

 ここで少し内陸に寄り道。北上の旅でもたびたび訪れたカリフォルニア・ミッションがこの周辺にも2カ所あるのだ。1つは74号線沿いにあるMission San Juan Capistrano(26801 Ortega Hwy.・☎949- 234-1300)。
 サンホアンカピストラーノのミッションは、宣教師ジュニペロ・セラがサンディエゴからサンフランシスコまで、1776年から建てていったカリフォルニア・ミッション21カ所のうち、7番目に当たり、「ミッションの宝石」と呼ばれている。手前にある石造りの教会Mission's Great Stone Churchは1797年に建てられたものだが、1812年の地震で倒壊し、現在はその一部しか残っていない。
 花々が美しい中庭から入るSerra Chapelは、カリフォルニアミッションで現在使用されている礼拝堂としては最古のもの。スペインから運ばれた祭壇は金箔が豪華。ちょうど修復作業が行われていた。


こちらは「ミッションの王様」
Mission San Luis Rey de Francia

 もう1つはMission San Luis Rey de Francia(4050 Mission Ave.・☎760-757-3651)。こちらはサンディエゴ郡にある。5号線のみになった海沿いの道で、郡境に広がるジョセフ・H・ペンデルトン海兵隊基地の横を16マイル通過する必要がある。そして、サンディエゴ郡第3の都市オーシャンサイドに入ってから、76号線を東に向かうと左手にミッションが見えてくる。
 こちらは、1798年にセラ神父の後継者、ファミン・フランシスコ・デ・ラスエンによって建てられた18番目の教会。「ミッションの王様」と呼ばれるだけあり、構えが大きい。1830年まではカリフォルニアで最大の建物だった。今ではそんなに大きくないが、当時はもっとそびえ立って見えていたことだろう。







ロサンゼルス・サンディエゴ周辺の観光・レジャー

ロサンゼルス・サンディエゴ近郊のおすすめ観光・レジャー情報。人気の観光スポットをはじめ、食事、ゴルフやカジノなどのレジャースポット、アウトレット・モールなどの買い物・ショッピング情報をお届けします。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部