アメリカTV・インタビュー

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカで活躍する俳優、監督/プロデューサー、脚本家へのインタビュー記事など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

アメリカTV Q&A

Q : シリーズを欠かさず観る方法は? A:ケーブル会社のDVRを借りて、好きなシリーズを登録しておけば、毎週欠かさず録画されます。デジタルなので、録画した順序は無関係に、好きな時に観られる上、メモリーが一杯にならない限り、半永久的に保存できて便利です。 U-Verse(at&t)のDVRは優れもの!同時間枠に観たい作品が重なっても、4本まで同時録 …
»アメリカTV・インタビュー「アメリカTV Q&A」の続きを読む

Chris Lowell

◎クリス・ローウェル【俳優】デビュー作 『: Life As We Know It』最新作 『: Private Practice』 『Veronica Mars』シーズン3以来、クリス・ローウェルに注目していた。『Private Practice』では、サーファーの受付デル・パーカーが、先輩医師たちに意見する「大人」に成長したと喜んでいたら…。尊敬できるデ …
»アメリカTV・インタビュー「Chris Lowell」の続きを読む

Paul Gross

【俳優、脚本家、プロデューサー、監督、音楽家】デビュー作 『: Due South』最新作 『: Eastwick』 『Due South』で律儀な騎馬警官を演じたポール・グロスは、1994年以来私の「死ぬまでに会いたい人」リストの首位を維持。やっと叶ったグロスとの対面は、期待以上!カナダの自然もさることながら、長年の異文化体験も器の大きさに加担しているのだ …
»アメリカTV・インタビュー「Paul Gross」の続きを読む

俳優Eijiro Ozaki◎尾崎英二郎

デビュー作 : 連続テレビ小説『あぐり』 (NHK)、『Heroes』(NBC)最新作 『: FlashForward』 映画「Letters of Iwo Jima」の好演、American Film Institute生の卒業作「The 8th Samurai」で主演男優賞を受賞し、スター街道まっしぐらの尾崎英二郎。LAに越して来て間もないが、人柄、感性 …
»アメリカTV・インタビュー「俳優Eijiro Ozaki◎尾崎英二郎」の続きを読む

俳優 Taylor Kinney

【テイラー・キニー】デビュー作: 『 Fashion House』最新作 : 『Trauma』 数年に1度、「希望の星!」と直感する役者に出逢う。今回ご紹介する、テイラー・キニーは、ルックス、演技力はもちろん、人柄がきらきら輝いている。新番組『Trauma』を、見習いグレンの目から見たドラマ仕立てにすれば、視聴率も上がるのだが…。 『Trauma』のパイロッ …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 Taylor Kinney」の続きを読む

シーズンプレスリポート

今夏もリアリティー番組満載の新番組内覧会。ドラマは貴重な存在? とほほ。それでも、中にはと探していたら…「前向きで賞」をあげたいリアリティー作『Giuliana & Bill』が登場。『The Apprentice』1期生ビル・ランシックと『E! News』のレポーター、ジュリアナの新婚生活ビデオ日誌は、後味が良い。   パネルインタビューで、新妻 …
»アメリカTV・インタビュー「シーズンプレスリポート」の続きを読む

監督/プロデューサー クリストファー・チューラック

多数決で決められないテレビ制作 Christopher ChulackLAで生まれ育ったテレビ界の叩き上げ。大学を卒業することなく、19 歳で撮影所の使いっ走りで業界入り、編集、プロデューサーと、着実に技を磨いて昇進。1992 年『Homefront』で監督としてデビュー。『ER』制作を任されたライター出身のジョン・ウェルズと共に、TV 史に残る番組作りに関 …
»アメリカTV・インタビュー「監督/プロデューサー クリストファー・チューラック」の続きを読む

俳優/歌手 クリスチャン・ケイン

空想を現実にしたルネサンス・オーキー Christian Kaneオクラホマ州ノーマン育ち。転校5回の一匹狼は、映画と空想に逃避。オクラホマ大学で美術史専攻中、思い立ってLAに。タレント事務所の使いっ走りから、1997 年『Fame L.A.』でデビュー。映画、テレビのゲスト出演、『Angel』『Close to Home』を経て、2008年より『Lever …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/歌手 クリスチャン・ケイン」の続きを読む

上級プロデューサー/監督 グリア・シェパード

文学少女からライターの守護神に Greer Shephard父の転勤を期に、13 歳でLAに。文学少女は、東海岸の大学に進み、国文学専攻。卒業後、ディズニー・テレビジョンの幹部候補生養成プログラムを経て、1991 年ABCの企画部に転職。93 年ドラマ企画部長、95 年より副社長を務めたが、新人ライターのビジョンを守りたいと独立。98 年The Shepha …
»アメリカTV・インタビュー「上級プロデューサー/監督 グリア・シェパード」の続きを読む

俳優 タニア・グナディ

ジェットコースター初乗りで掴んだ運 Tania Gunadiインドネシアで生まれ、14 歳でグリーンカード抽選に当たり、兄姉を頼ってLAに移民。ピザハットの販売員からディズニーランドのCFを経て、2002 年『Even Stevens』2話にゲスト出演、「ディズニーっ子」になる。テレビ映画『Pixel Perfect』『The Magic of Ordina …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 タニア・グナディ」の続きを読む

創作者/プロデューサー  デボラ・ジョイ・ラヴァイン

「希望を捨てないで!」がメッセージ Deborah Joy LeVine親の期待を裏切ることなく、カリフォルニア州弁護士協会会員となり、LAで数年弁護士として活躍した。弁護士一家への義務を果たした後、1985 年テレビ映画『Murder: By Reason of Insanity』の創作/制作で業界入り。93 年『Lois & Clark』を共同 …
»アメリカTV・インタビュー「創作者/プロデューサー  デボラ・ジョイ・ラヴァイン」の続きを読む

小児科医/司会者 ジム・シアーズ

公共電波上の発言は責任重大 Dr. Jim Sears1996 年、セントルイス大学医学部を卒業、オハイオ州で小児科研修医を修了。カリフォルニア州カピストラーノ・ビーチで、両親が開業したシアーズ小児科医院を弟と共に運営する医者一家。一家の著書『The Baby Book』『The Premature Baby Book』等は和訳されている。『Dr.Phil』 …
»アメリカTV・インタビュー「小児科医/司会者 ジム・シアーズ」の続きを読む

俳優 リサ・エデルスティーン

タイトスカートはもう懲り懲り Lisa Edelsteinボストン出身。ニュージャージーで育ち、NYU 芸術学部で演劇を専攻。自らも君臨したNY のナイトクラブ体験をもとに、エイズを主題にした画期的ミュージカル「Positive Me」を自作自演して一躍有名に。90 年代、MTV を皮切りに、主にコメディーにゲスト出演したが、『The West Wing』『 …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 リサ・エデルスティーン」の続きを読む

俳優 モニカ・レイマンド

たくましい母を思い浮かべて役作り Monica Raymundフロリダ州出身。著名な受験校を経て、理系に進学しようと願書を提出したが、結局、ジュリアード学院で演劇を専攻。在学中、『Cymberline』『The Diviners』『AnimalFarm』等に出演して、才能を発揮。幼い頃からピアノ、声楽訓練を受けていたので、卒業後はミュージカル出演を目ざしてい …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 モニカ・レイマンド」の続きを読む

放送作家/プロデューサー:ベッツィー・トーマス

暇に飽かして書いた芝居が認められて Betsy Thomasミシガン州出身。ノースウェスタン大学で演出家になる勉強をした後、LA に引っ越した。1992 年に執筆/演出した戯曲『Us & Them』『Choices』で注目を浴び、『My So-Called Life』のスタッフライターとしてテレビ界入り。30 分コメディーが得意で『Then Cam …
»アメリカTV・インタビュー「放送作家/プロデューサー:ベッツィー・トーマス」の続きを読む

俳優 キャスリーン・クィンラン

骨の随まで俳優だな~って Kathleen Quinlanパサデナ生まれ、ミルバレー育ち。スポーツ万能の高校時代、映画『American Graffiti』の端役がきっかけで芸能界入り。以来、50 本余りの映画に出演。代表作は『I Never Promised You a Rose Garden』『TheDoors』『Apollo 13』。1999 年より『 …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 キャスリーン・クィンラン」の続きを読む

特別企画『Samantha Who?』セット訪問レポート

Christina Applegateサマンサ役。芸能一家に生まれ、CMや子役を経て、17歳から11シーズンもの間、『Married with Children』のケリー・バンディー役で名を馳せた。映画、舞台でも活躍し、女優として飛躍を遂げた。 Barry Watsonトッド役。15歳で昼メロに抜擢され、WBの看板番組『7th Heaven』で一躍有名になっ …
»アメリカTV・インタビュー「特別企画『Samantha Who?』セット訪問レポート」の続きを読む

俳優 アヤ・スミカ

「Yes we can」魂は母譲り Aya Sumikaシアトル出身。日本人の母とドイツ系アメリカ人の父のハーフ。幼い頃から舞台が大好きで、高校からダンスに専念し、名門ジュリアード音楽院でコンテンポラリー・バレエ専攻。NYでCMモデルをしながら、演劇を勉強。 LAに越して間もなく『Hawaii』に抜擢され、オアフ島で9カ月ほど撮影したが、あっけなく打ち切りに …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 アヤ・スミカ」の続きを読む

プロデューサー リーナ・ミムーン

つらかった20代を描くのが大好き! Rina MimounLA出身。劇作家を目指していたが、初仕事はプロデューサーのアシスタント。 『Dawson’s Creek』で、バーランティと肩を並べて働き、才能を認められて、バーランティ創作の『Everwood』に引き抜かれた。バーランティ多忙時、ピンチヒッターとして制作を任されて昇進。同作終了後、ワーナ …
»アメリカTV・インタビュー「プロデューサー リーナ・ミムーン」の続きを読む

俳優/作曲家 マリアンヌ・ジャン・バプティースト

視聴者に任せるドラマが好き Marianne Jean-Baptisteロンドン出身。王立演劇アカデミー卒。 96年、映画『Secrets & Lies』でアカデミー助演女優賞候補となり、脚光を浴びた。90年代はヨーロッパの舞台、映画、テレビで活躍したが、2001年以降、映画『The Cell』『28 Days』『Spy Game』や、テレビ映画『 …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/作曲家 マリアンヌ・ジャン・バプティースト」の続きを読む

俳優 ポール・エーデルスタイン

真の芝居好きが集まるシカゴで修業 Paul Adelstineシカゴ出身。英文科を主席で卒業した後、ジョン・キューザックのNew Crime Productionsで舞台経験を積む。キューザック主演の『The Grifters』で映画デビュー。 90年代『Cupid』『ER』『Without a Trace』『Scrubs』などにゲスト出演。2005年『Me …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 ポール・エーデルスタイン」の続きを読む

脚本家/プロデューサー ジョーザン・マクギボン&サラ・パリオット

1+1=3にも4にもなるコンビ脚本家/プロデューサージョーザン・マクギボン&サラ・パリオット Josann McGibbon & Sara Parriottマクギボンは劇作家を目指し、パリオットは美術を専攻。出会いは出版業界の上下関係だったが、意気投合して2人で脚本を執筆するようになって20年余り。脚本家コンビの代表作は、『Runaway …
»アメリカTV・インタビュー「脚本家/プロデューサー ジョーザン・マクギボン&サラ・パリオット」の続きを読む

プロデューサー/俳優 グレッグ・エヴィガン

アイドルを卒業して制作を目指す Greg Evigan両親共に、音楽界のプロ。幼い頃から歌って踊れる芸人になる訓練を受けた。高校卒業直後にブロードウェイで『Grease』等の主役を演じ、運試しにハリウッドに。プロデューサーのノーマン・リアーに見込まれ、『A Year at the Top』でティーンアイドルに。『B.J. & the Bear』『M …
»アメリカTV・インタビュー「プロデューサー/俳優 グレッグ・エヴィガン」の続きを読む

制作総指揮 グレッグ・バーランティ

人間の悲しい性(さが)を描く地味な作品 Greg Berlanti 『Dawson’s Creek』のライターとして業界入り。弱冠30歳でお抱えプロデューサーとなり、WBの看板番組『Everwood』(2002-06)を創作、『Jack & Bobby』(04-05)で評論家の注目を浴びた。 06年Touchstone Televisi …
»アメリカTV・インタビュー「制作総指揮 グレッグ・バーランティ」の続きを読む

俳優/監督/プロデューサー トニー・ダウ

「これだ!」と直感すると信じて Tony Dow西部劇のスタントを母に、建築家を父に持つ生粋のハリウッドっ子。飛び込みの子供チャンピオンだった。 12歳で『Leave It to Beaver』に抜擢され、1957~63年まで兄ウォリー役を演じる。『My Three Sons』『Dr. Kildare』など数々のゲスト出演後、70年代には映画/テレビ制作を学 …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/監督/プロデューサー トニー・ダウ」の続きを読む

衣装デザイナー キャサリン・ジェーン・ブライアント

芸者に夢中だった子供時代 Katherine Jane Bryant テネシー州出身。幼い頃からファッションに興味を示し、8歳でサンドレスを縫製。ジョージア州立大学で美術、応用美術大学でファッション史を専攻し、主席で卒業後パリでも勉強。ニューヨークでは、ジョン・シェアーに弟子入りしてデザインを学ぶ。 90年代よりCFや映画を数々手がけ、LAに本拠地を移したが …
»アメリカTV・インタビュー「衣装デザイナー キャサリン・ジェーン・ブライアント」の続きを読む

俳優 ミケーラ・コンリン

逃げ道がないことが活力に Michaela Conlinペンシルベニア州出身。中国系とアイルランド系アメリカ人のハーフ。6歳から舞台に立ち、ニューヨーク大学ティッシュ芸術学部で演劇を専攻。卒業後、ケーブル局のドキュメンタリー『The It Factor』に俳優の卵として出演。2001年、LAに本拠地を移し、『Law & Order』『The Div …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 ミケーラ・コンリン」の続きを読む

俳優 カイル・ハワード

高校で親を説き伏せ、進路をまっしぐら Kyle Howardコロラド州ラブランド出身。中学生で芝居に魅せられ、『Sound of Music』『The Unsinkable Molly Brown』などの舞台に立つ。新聞配達をして車を買い、休学してLAでオーディションのハシゴをした結果、映画『House Arrest』『Skeltons』に出演。TVデビュー …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 カイル・ハワード」の続きを読む

俳優 ジェイク・ウェバー

マルコヴィッチの名演技に魅せられて Jake Weber15歳までロンドンで育ったが、養子としてサンフランシスコに移住。バーモント州のMiddlebury Collegeで英文学と政治学専攻。ジュリアード学院で演劇を勉強し、舞台、映画『Meet Joe Black』『Dawn of the Dead』、テレビ『American Gothic』『Law � …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 ジェイク・ウェバー」の続きを読む

創作者/プロデューサー ドナルド・トッド

善悪の岐路に立った瞬間の二者択一 Donald Todd自他共に認めるテレビっ子。大学で演劇を専攻したが、ブロードウェイはご免と、放送作家を目指してLAに。業界の使いっ走り、広報など、さまざまな地位を経て、『Twilight Zone』のリメイクを執筆して以来、『Alf』『Dave’s World』『Life As We Know It』など、主 …
»アメリカTV・インタビュー「創作者/プロデューサー ドナルド・トッド」の続きを読む

地上波局の戦略を披露

ストの後始末をどうする? © 2008 CBS Broadcasting Inc., © 2008 NBC, © 2007 Fox Broadcasting Co. Cr: Isabella Vosmikova/FOX, © 2008 ABC 2月末にWGA(脚本家組合)のストが解決したのに、「私の好きな番組はいつ復帰 …
»アメリカTV・インタビュー「地上波局の戦略を披露」の続きを読む

テレビ評論家チーフ バリー・ギャロン

未だに消えないテレビへの畏敬の念 Barry Garronミズーリ大学でジャーナリズム科卒業後、政治記者を目指し同校で政治学学士号取得。『The Kansas City Star』紙に就職し、政治、教育や消費者お助けコーナーを担当すること10年。経営学の修士号を取得、管理職への道を歩み出して1年後、常勤のテレビ評論家のピンチヒッターをして病みつきになり、以来 …
»アメリカTV・インタビュー「テレビ評論家チーフ バリー・ギャロン」の続きを読む

俳優 ショーナ・コーフェッド

今はテレビ探検モード Seana Kofoedシカゴ出身。ノースウェスタン大学で演劇を専攻、ロンドン国立劇場でも勉強。卒業後はシカゴで舞台経験を積んだ後、ニューヨークへ。ブロードウェイでは『Proof』『Night Must Fall』などが代表作。テレビ『Third Watch』『Law & Order:SVU』『Ed』のゲスト出演や多数のCF出 …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 ショーナ・コーフェッド」の続きを読む

デザイナー カレン・マッカルーン

やってやれないことはない! Karen McAloonレドンドビーチ出身。幼い頃から室内装飾に余念がなく、高校時代には衣類をデザイン。高卒で全米7都市に住む大冒険を試み、25歳でサンフランシスコに落ち着く。1930年築の田舎屋のリフォームが受け、口コミで売れっ子デザイナーに。造園家として数回HGTVの『Landscaping Design』に借り出され、20 …
»アメリカTV・インタビュー「デザイナー カレン・マッカルーン」の続きを読む

プロデューサー ケイ・サムナー

奇跡的な「変身」を目撃できる最高の仕事 Kay Sumnerミシガン出身。デトロイトの局で営業を経て、プロデューサーに。最初に制作したクイズ番組が大当たり。同番組をカナダでリメイク後、『Any Woman Can Fix It』『Eye Bet』など数々のテレビ番組を制作、ジニー賞候補に。5年かけて映画『Shadow Dancing』を制作したが、テレビ制作 …
»アメリカTV・インタビュー「プロデューサー ケイ・サムナー」の続きを読む

俳優 ジェームス・サイトウ

アンバランスが面白い役 James SaitoLA出身。12歳で芝居に魅せられ、芸能界で活躍していた兄姉に励まされ、UCLAで演劇を専攻。1976年、テレビ映画『Farewell to Manzanar』でデビュー。『M*A*S*H』『Airwolf』『Law & Order』『Third Watch』等、ゲスト出演は数え切れない。映画『The T …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 ジェームス・サイトウ」の続きを読む

俳優 マルゲリート・マッキンタイヤー

満足の行く仕事をさせてもらえる舞台 Marguerite Maclntyreアリゾナ州出身。USCの演劇部を卒業後、ロンドンの王立演劇アカデミー芸術院で演劇を専攻。16歳から舞台に立ち、ブロードウェイで『Jane Eyre』『City of Angels』など数多くの芝居を手がける。1994年『Seinfeld』で音痴のミス・ロードアイランド役でテレビデビュ …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 マルゲリート・マッキンタイヤー」の続きを読む

『Friday Night Lights』ロケ現場レポート!

新年特別企画 Zach Gilfordシカゴ出身。ノースウェスタン大学卒業後、映画『The Last Winter』『Rise: Blood Hunter』やテレビ『Law & Order: Special Victims Unit』等を経て、『FNL』のナイーブな高校生マット役で活躍中 Adrianne Palickiオハイオ出身。俳優を目指して …
»アメリカTV・インタビュー「『Friday Night Lights』ロケ現場レポート!」の続きを読む

俳優 ジェームス・パーソンズ

演じたい役=はまり役の稀なケース James Parsonsテキサス州ヒューストン生まれ。ヒューストン大学で演劇専攻、大学院ではコミュニケーション/テレビ/映画を研究。劇団のニューヨーク公演時にエージェントが付き、仲間と集団引っ越し後、舞台で活躍。テレビ『Ed』『Judging Amy』のゲスト出演、CF、映画『Garden State』『The Great …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 ジェームス・パーソンズ」の続きを読む

創作/制作総指揮者 ハート・ハンソン

起業家と雇われ社長の関係 ヘビメタのギタリストの道を断念後、トロント大学で英文学と政治理論を専攻。小説コンテストに入賞し、自転車カナダ横断日記を地元新聞に投稿。修士号取得中に宿題で書いた脚本をCBC局が購入してテレビ界に入り、『Traders』でジェミニ賞受賞。1999年、エージェントに逆らってLAに移住。『Cupid』『Snoops』を経て、『Judgin …
»アメリカTV・インタビュー「創作/制作総指揮者 ハート・ハンソン」の続きを読む

編集者 エリック・ゴールドファーブ

今を逃したらいつ? の気力で アリゾナ生まれ。アリゾナ大学でメディア芸術を専攻、97年LAに移住。制作助手から始め、編集助手としてドラマ『The Chronicle』『SpecialUnit 2』等に関与。00年、編集者に昇格、スピルバーグの『Taken』を経て、ノンフィクションに転向。『Burned』『What Should You Do?』『Totall …
»アメリカTV・インタビュー「編集者 エリック・ゴールドファーブ」の続きを読む

俳優 カイル・チャンドラー

苦しみに一抹の光を見出す 11歳までシカゴ郊外、高校卒業まで南部の片田舎で育った。ジョージア大学で演劇専攻中にABCのタレントスカウトに合格、『China Beach』の端役、『Tour of Duty』の脇役を経て、『Homefront』で一躍主役に抜擢された。『Early Edition』で役者として地位を確立、最近では映画『King Kong』、TVド …
»アメリカTV・インタビュー「俳優 カイル・チャンドラー」の続きを読む

ニューシーズン・プレスツアーリポート

今年からケーブル局のプレスツアーに参加が許され、7月12日から計17日間の長~いツアーになった。ケーブル局は金持ちだ♪ 印刷代の高そうな凝ったパンフレット、番組にちなんだ手土産が席に山積みされる。ホテルに宿泊している評論家の部屋には、毎日つけ届けがあったらしい。 なかでもHBO主催のパーティーは、オシャレなブティックホテルのプールサイド、星空の下でスターらと …
»アメリカTV・インタビュー「ニューシーズン・プレスツアーリポート」の続きを読む

放送作家/プロデューサー/監督 スティーブン・ネイサン

情熱を実現した世界一幸せな人間 バッファロー出身。ニューヨークで演劇を勉強、1971年ヒット・ミュージカル『Godspell』のイエズス役で一躍有名になり、ニューヨークとロサンゼルスで舞台、映画、テレビに出演。76年テレビ『Laverne & Shirley』の脚本を書いて以来、放送作家に転身。『Everybody Loves Raymond』『F …
»アメリカTV・インタビュー「放送作家/プロデューサー/監督 スティーブン・ネイサン」の続きを読む

俳優/コニー・ブリットン

対等な夫婦なんて羨ましい! ボストン生まれ。7歳でバージニア州の田舎町に引っ越す。学芸会の脚本を書く程、芝居に魅せられたが、ダートマス大学ではアジア学を専攻、中国へ短期留学した。同大卒業後、ニューヨークに引っ越し、演劇を勉強。舞台、映画での活躍が認められて、テレビ進出のためロサンゼルスに。『Spin City』に配役され、ニューヨークに逆戻り。『The We …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/コニー・ブリットン」の続きを読む

脚本家/制作総指揮 グラハム・ヨースト

米国の健全さ、懐の深さに脱帽! トロントで生まれ育ったが、今年米国に帰化。大学卒業後、ニューヨークでテクニカルライターの仕事を5年、1987年LAに。『Hey Dude』で放送作家の訓練を受け、『The Powers That Be』『Band of Brothers』等を経て、2002年『Boomtown』で注目を浴びた。映画『Speed』『Broken …
»アメリカTV・インタビュー「脚本家/制作総指揮 グラハム・ヨースト」の続きを読む

監督/俳優/歌手/実業家 コニー・スティーブンス

「生きる=美しい」の方程式に書き替える ジャズミュージシャンの両親の影響で、幼い頃からバンドで活躍。14歳で父に付いてロサンゼルスに移住し、映画『Rock-a-Bye Baby』でデビュー。ワーナー・ブラザース初のアイドルとして養成され、『Hawaiian Eye』のクリケット役で世界的に有名に。芸能界で活躍しつつも、Forever Springs化粧品で富 …
»アメリカTV・インタビュー「監督/俳優/歌手/実業家 コニー・スティーブンス」の続きを読む

制作総指揮者/ヴィーナ・スード

ハリウッドって、意外と公平! コロンビア大学の映画・テレビ学学士号、1999年にニューヨーク大学(NYU)の修士号を取得。ジャーナリスト、リアリティー番組の監督を経て、2002年ABC / Disney Writing Fellowshipを獲得。テレビ番組『Push, Nevada』で実地訓練を受けたが打ち切られ、『Cold Case』創作者に抜擢されて、 …
»アメリカTV・インタビュー「制作総指揮者/ヴィーナ・スード」の続きを読む

俳優/解放運動家 キャシー・ナジーミ

自信のない人が煙幕をはるもの サンディエゴで生まれ育ったレバノン系2世。幼い頃から自作自演が得意で、サンディエゴ州立大学で演劇と女性学を専攻。芝居仲間と書いた『Kathy and Mo』をニューヨークでヒットさせて注目を浴び、1992年映画『Sister Act』で一躍有名に。テレビでは『Veronica’s Closet』やアニメ『King o …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/解放運動家 キャシー・ナジーミ」の続きを読む

俳優/オードリー・マリー・アンダーソン

(情熱+献身+やる気)×2 幼い頃からモデルをし、日本で働いたことも。ニューヨーク在住中に演劇学校で訓練を受け、エージェントに巡り会い、ロサンゼルスに。1994年『Beverly Hills 90210』の端役に始まり、『Once and Again』のカーラ役、『Without a Trace』等にゲスト出演。TV映画『A Painted House』や映 …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/オードリー・マリー・アンダーソン」の続きを読む

脚本家/プロデューサー ジェニー・ビックス

おっかなびっくりの領域に追い込む 生粋のニューヨークっ子。広告代理店で5年間勤務後、コメディアンを目指してGotham City Improvに入団。舞台に立つより、脚本家の道を選び、ロサンゼルスに移住。『Seinfeld』『Dawson’s Creek』の逸話を執筆後、映画『What a Girl Wants』『The Nanny Diarie …
»アメリカTV・インタビュー「脚本家/プロデューサー ジェニー・ビックス」の続きを読む

エンターテイメント・ライター/ジム・コルッチ

生みの苦しみは記憶に残らない ペンシルベニア大学でコンピューターとマーケティングを専攻しながら、学園誌に映画評論を投稿。プログラミングやメディアリサーチを経て、『TV Guide』『CBS Watch』『In Touch』誌に投稿するライターに転身。著書に『Will & Grace: Fabulously Uncensored』『The Q Gui …
»アメリカTV・インタビュー「エンターテイメント・ライター/ジム・コルッチ」の続きを読む

アメリカTVファンの聖地 ワーナースタジオ博物館のテレビ歴史展

LAに引っ越して来て以来、ほとんどの撮影所やテレビ局を見学したが、テレビの歴史を体験できる展示がないのが不満だった。数年前、テレビ芸術科学アカデミー(ATAS)から、センチュリーシティーにテレビ博物館を建設したいが、会員の意見を聞きたいというアンケートが舞い込んだ。 ちょうど日本の広告代理店の視察旅行を企画しており、LAには目新しいアトラクションがないと指摘 …
»アメリカTV・インタビュー「アメリカTVファンの聖地 ワーナースタジオ博物館のテレビ歴史展」の続きを読む

俳優/監督/プロデューサー デビット・ジェームス・エリオット

「変な癖」がないのを買われて カナダ生まれ、1989年にロサンゼルスに移住。ジュリアードに匹敵するライヤーソン・ポリテクニック学院演劇科を卒業した正統派。『Street Legal』『The Untouchables』『Melrose Place』を経て、『Seinfeld』のゲスト出演が引き金となり、95年から『JAG』のハーモン・ラブ役を10年。2005 …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/監督/プロデューサー デビット・ジェームス・エリオット」の続きを読む

俳優/コービー・ベル

試しに…で、はや10年 ロングビーチ出身。サンノゼ州立大学で演劇を専攻し、主席で卒業。『ER』に出演後、『L.A. Doctors』と『Third Watch』のパイロットを射止め、1998年『L.A. Doctors』を1シーズン完了し、『Third Watch』に移行。新人ながら、熱血漢・デイビス役を6シーズンこなした。UPNの『Girlfriends』 …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/コービー・ベル」の続きを読む

俳優/フェリシティ・ハフマン

まだまだ、学ぶことがいっぱい! 離婚した母親と兄姉の頑張りを見て育った。8人兄姉の末っ子。10歳で劇団キャンプに入団し、演劇に病みつきに。NYUで演劇を勉強した後、20年余り舞台、映画で活躍。1998年、テレビ『Sports Night』で実力を発揮、『Frasier』『The West Wing』のゲスト出演を経て、2004年から『Desperate Ho …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/フェリシティ・ハフマン」の続きを読む

プロデューサー/脚本家 キャリー・ライザー

「これだけは譲れない!」を大切に Kari Lizer『Matlock』のアシスタント役で有名な元女優。30歳以降、役が付かず、子育てをしながらできる仕事として、脚本を執筆。女優を続けながら、1994年『Weird Science』のスタッフライターに。『The Empty Nest』『Boston Common』などを経て、98年『Maggie Winte …
»アメリカTV・インタビュー「プロデューサー/脚本家 キャリー・ライザー」の続きを読む

脚本家/デイナ・スティーブンス

1日も早くJ.J. になりたい!! Dana Stevensロサンゼルス生まれ、アリゾナ育ち。UCLAで演劇を勉強し、俳優・脚本分析を経て、1994年『Blink』で映画界にデビュー。98年、メグ・ライアン主演の『City of Angels』をドイツ映画から焼き直した脚本で一躍有名になり、スピルバーグ、シドニー・ポラック、リドリー・スコット監督と企画を練っ …
»アメリカTV・インタビュー「脚本家/デイナ・スティーブンス」の続きを読む

俳優/レイチェル・ハリス

己を知って、親友になるのが鍵 Rachel Harrisオハイオ州出身。幼い頃から家族を笑わせる芸人で、大学では音楽/演劇を専攻。卒業後、ニューヨークで舞台女優を目指したが4年で諦め、94年ロサンゼルスに。雇用主の俳優から役をもらいTVデビュー。即興劇一座でコメディーに惚れ込み、TV『The Daily Show』『Curb Your Enthusiasm』 …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/レイチェル・ハリス」の続きを読む

俳優/スレーカ・マシュー

現在のバランスを維持したい Suleka Mathewインド生まれ。2歳でバンクーバーに移住。10歳で演劇に興味を持ち、中学校の演技指導で開花。大学時代、友達の紹介で演劇学校に通い、テレビデビュー。以来、テレビ、映画、舞台で活躍、カナダのヒット作『Da Vinci’s Inquest』で4年、検死官を好演。サンダンス映画祭で絶賛を浴びた『Touc …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/スレーカ・マシュー」の続きを読む

俳優/監督/プロデューサー スコット・フォーリー

役作りのプロセスが何より好き! Scott Foley父親の転勤で子供時代を東京・京都・シドニーで過ごし、セントルイスの高校を卒業。18歳でロサンゼルスに引っ越した。アルバイトをしながら演劇学校に通い、下積み6年余り。1997年、エージェントに巡り会い、翌年『Dawson’s Creek』のクリフ役を射止めた。テレビ『Felicity』『A.U. …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/監督/プロデューサー スコット・フォーリー」の続きを読む

脚本家/監督/制作総指揮 ピーター・トーラン

自分でやるっきゃない! と監督まで Peter Tolanマサチュ-セッツ大学で学び、卒業を待たずにミネアポリスの劇場で俳優から音楽ディレクターまで体験。1988年『Murphy Brown』のスタッフライターでテレビ業界入り。『Home Improvement』『The Larry Sanders Show』など90年代前半にヒット作を次々と手掛け、200 …
»アメリカTV・インタビュー「脚本家/監督/制作総指揮 ピーター・トーラン」の続きを読む

俳優/エリック・クローズ

やっとヒット作に恵まれた! Eric Close7歳からサンディエゴで育ち、USCでコミュニケ-ションを専攻。医学部志望だったが、大学で友人制作の映画に出演して、幼い頃の夢を実現することを決意。小劇場での芝居が認められ、映画、テレビにゲスト出演。1996年『Dark Skies』、98年『The Magnificent Seven』、99年『Now and …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/エリック・クローズ」の続きを読む

脚本家/ジェームス・ダフ

パイロット16本目にして大成功! James Duff役者から出発したが、暇な時に書いた芝居『Home Front』がヨーロッパ・中東・オーストラリアで爆発的ヒット、米国では映画化までされた。映画、テレビに執筆し、エミー賞候補に。連続ドラマ『Popular』『Felicity』『Wolf Lake』『The Agency』などを執筆後、パイロット15本を次々 …
»アメリカTV・インタビュー「脚本家/ジェームス・ダフ」の続きを読む

俳優/ウエントワース・ミラー

アーティスト魂と官僚の脈を併せ持つ プリンストン大学で英文学専攻。アカペラグループに所属し、世界巡業。幼い頃、芝居に魅せられ、弁護士家業を継がず、卒業後にハリウッドへ。10年余りの下積み中、映画やテレビに多数ゲスト出演、ABC『Dinotopia』で初主演した。2003年、映画『The Human Stains』で演技力を発揮し、マライア・キャリーのミュージ …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/ウエントワース・ミラー」の続きを読む

プロデューサー/ローリー・マッカーシー

貧乏時代のけちけちデート体験から発想 Laurie McCarthyボストン大学で化学、哲学を学び、ジャーナリズムを専攻。卒業後、アラスカの魚加工工場で働いたり、グラフィックデザイナー助手、ソフトウエアの広報など、さまざまな職業を体験。昼メロのメッカ・ニューヨークでインターン、ライター助手、スタッフライターを経て、番組を創作するプロデューサーに。『Bever …
»アメリカTV・インタビュー「プロデューサー/ローリー・マッカーシー」の続きを読む

俳優/ダニー・ピノ

オールスターゲームで活躍している気分 Danny Pinoマイアミで生まれ育ったキューバ系アメリカ人。6年生の学芸会から演技に病みつきになり、フロリダ国際大学で演劇を専攻後、奨学金でNYU 大学院。修了後は東部の劇場で舞台経験を積み、2001 年『Men, Women and Dogs』でテレビ出演。02 年、マドンナに選ばれて『Up for Grabs』に …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/ダニー・ピノ」の続きを読む

俳優/イーサン・サプリー

定職と一家団らんが夢だったパパは俳優 Ethan Suplee演劇学校に通うのを止めた途端、オーディションに受かって『Boy Meets World』にレギュラー出演、『ThirdWatch』にゲスト出演後、NBCの期待を一身に受けた『MyName is Earl』のランディー役を射止めた。映画界には95 年『Mallrats』でデビュー、『Remember …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/イーサン・サプリー」の続きを読む

ライフコーチ/ロンダ・ブリッテン

修羅場を踏んだからこそ痛みがわかる Rhonda Britten大学卒業後、マーケティング、俳優、PR会社経営などを経て、2001年Fearless Living Instituteを設立。14歳から体験した数々の修羅場をもとに書いた『Fearless Living』で、恐怖を退治して勇猛果敢に生きようと提唱する、ライフコーチに転職。03年からNBCのリアリ …
»アメリカTV・インタビュー「ライフコーチ/ロンダ・ブリッテン」の続きを読む

プロデューサー・脚本家・映画監督/グレン・ゴードン・キャロン

心がこもっていない作品は、世に出さない Glenn Gordon Caron広告代理店勤務中に書いた脚本が認められ、NBCの新番組のパイロット執筆で異例の業界入り。番組はシリーズ化されなかったが、24歳でエージェントと契約、78年『Taxi』のスタッフライターを経て、82年『Remington Steele』創作に至る。85年『Moonlighting』を創 …
»アメリカTV・インタビュー「プロデューサー・脚本家・映画監督/グレン・ゴードン・キャロン」の続きを読む

脚本家/ディー・ジョンソン

ジャンルを選ばないテレビ大好き人間 Dee Johnson軍人の父の転任で、数年毎に環境が変わる生活を強いられ、テレビが唯一の友だった。『I’ll Fly Away』のデビッド・チェースのアシスタントを足掛かりに、93年『Melrose Place』のスタッフライターに迎えられ、着々と出世。NBCの『Profiler』『ER』でプロデューサーとし …
»アメリカTV・インタビュー「脚本家/ディー・ジョンソン」の続きを読む

俳優/ホランド・テイラー

遠回りして古巣ブロードウェイに戻る Holland Taylorフィラデルフィア生まれ。ベニントン短期大学で演劇を勉強。卒業後、22歳でブロードウェイに進出、15年舞台経験を積んだ。80年、『Bosom Buddies』でテレビ界にデビュー。テレビ代表作は『The Powers That Be』『The Practice』で、99年『The Practice …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/ホランド・テイラー」の続きを読む

俳優/ジェレミー・ラッチフォード

父親から生きることを学んだ優しい人 Jeremy Ratchford カナダ生まれ。学芸会で舞台に立って以来、自らの天職は俳優と決めたという。クラウン演劇学校で学び、DJ・港湾労働者・大工など、さまざまな職業を経て、80年代半ばからカナダでテレビ出演するようになった。映画『Angel Eyes』『Unforgiven』など、テレビ『The Practice』 …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/ジェレミー・ラッチフォード」の続きを読む

俳優・声優・脚本家/エイミー・ヒル

未だにオーディションが嫌いなんです Amy Hill 日本人の母とフィンランド系米国人の間に生まれ、サウスダコタ州の田舎で幼少時代を過ごした。高校時代に演劇部に入り、天職を発見。卒業後、1年間の予定で上智大学に留学し、結婚して7年滞在。帰米後はサンフランシスコの劇団で活躍、ワンマンショー三部作『Tokyo Bound』『Reunion』『Beside Mys …
»アメリカTV・インタビュー「俳優・声優・脚本家/エイミー・ヒル」の続きを読む

プロデューサー/脚本家 デビッド・ショアー

第3の答えで唸らせるのが私の使命 David Shore カナダで弁護士をしていたが、クリエーティブな仕事がしたくて、ロサンゼルスに引っ越して脚本を書き始めた。『Law & Order』に数本書いた後、94年にカナダ騎馬警官を描いたCBSの『Due South』のスタッフライターに迎えられた。97年デビッド・ケリーの下で『The Practice』 …
»アメリカTV・インタビュー「プロデューサー/脚本家 デビッド・ショアー」の続きを読む

俳優/ライザ・ウィール

つっぱりパリスも人の子を演技する Liza Weil 幼い頃、両親の劇団一座と共にヨーロッパを巡業。ペンシルバニア州に定住するようになると、すぐに地元の劇団に入団し、12歳からニューヨークに出向き、オーディションを受けるようになった。コロンビア大学在学中、インディペンデント映画『Whatever』の主役に抜擢され、以降『Lullaby』『Dragonfly』 …
»アメリカTV・インタビュー「俳優/ライザ・ウィール」の続きを読む

脚本家/シェリル・ヒュートン

脚本家が実権を握れるテレビ業界が面白い Cheryl Heuton ロサンゼルス生まれ、サンディエゴ育ち。UCSD文学部を卒業後、サンディエゴで長年新聞記者を勤めた後、業界誌『Media Week』の編集長として活躍。84年以降、ロサンゼルスに戻り、夫のニック・ファラッチと10本余りの映画用脚本を書き、制作されたものも多数ある。コメディー『Outfoxed』 …
»アメリカTV・インタビュー「脚本家/シェリル・ヒュートン」の続きを読む

監督・プロデューサー・俳優/フレッド・サベージ

21世紀の「ロン・ハワード」を目指す Fred Savage 弱冠28歳で、芸歴20年強のベテラン。コマーシャルに始まり、4歳で映画『Dinosaur』、9歳で『The Boy Who Could Fly』に出演。88年、11歳でABCの『The Wonder Years』の主人公、ケビン・アーノルドに抜擢され、115話に出演してお茶の間の人気者になった。9 …
»アメリカTV・インタビュー「監督・プロデューサー・俳優/フレッド・サベージ」の続きを読む

女優/アリア・ショーカット

アイビーリーグを目指す堅実派 Alia Shawkat 9歳でモデルから芸能界入りし、映画『Three Kings』(1999)でジョージ・クルーニーと共演。12歳でABC Familyの『State of Grace』の主役・ハナで一躍子役スターに。テレビドラマ『JAG』『Without a Trace』『Boomtown』『Presidio Med』のゲ …
»アメリカTV・インタビュー「女優/アリア・ショーカット」の続きを読む

脚本家/監督 グレッグ・バーランティ

感受性豊かで、謙遜な「希望の星」 Greg Berlanti ノースウエスタン大学劇作家課程卒。映画用脚本が『Dawson’s Creek』(WB)創作者の目に留まり、スタッフライターに登用された。2000年、『The Broken Hearts Club: A Romantic Comedy』がサンダンス映画祭で好評を博し、業界紙から前途有望な …
»アメリカTV・インタビュー「脚本家/監督 グレッグ・バーランティ」の続きを読む