本場アメリカのハロウィンを思い切り楽しもう!

ハロウィン

もうすぐハロウィン!カボチャのランタンを飾ったり、パンプキンパイを食べて仮装パーティーに出かけたりと、あらためてアメリカにいることを実感する時期。でも毎年同じじゃつまらない。ちょっと知識も貯めて、いままでとは違うハロウィンを楽しんでみませんか?

 


そもそも「ハロウィン」ってナニ?

ハロウィンパーティ

仮装パーティーで楽しく過ごすイメージが強いハロウィンだが、アメリカではれっきとした伝統行事。ハロウィンとはそもそも、カトリックの万聖節(AllSaint’s Day)の前夜祭のこと。ちなみに万聖節とは、聖人たちを讃えるためのお祭りで、ハロウィンの語源も、「神聖な(Hallow)」と「夜(Evening=een)」からきている。
 
さらに元をたどれば、2千年前の古代ケルト人の時代までさかのぼり、彼らの宗教的行事に起源を持つ。古代ケルト歴では、10月31日が1年の終わり。この日に新年と冬を迎え、秋の収穫を祝うお祭りを開催していた。同時に、その夜には亡くなった家族や友人らの霊が家に戻って来ると信じられていた。
 
そういう意味では、ご先祖様を迎える日本のお盆に似た意味合いもあるのだが、気味の悪い幽霊にはとっととお引き取り願おうというのがケルト式。先祖などの良い霊だけでなく、子供をさらったり、作物や家畜に被害を与える悪霊も横行するとして、「ここは、あなたたち悪い幽霊の戻って来る所ではありませんよ」というメッセージを込めて、自宅の明かりを消し、冷えた料理を用意したというからユニークだ。


ハロウィンの“重大3要素”の意味を知ろう

ハロウィンには欠かせない「Trick or Treat」「仮装パーティー」「カボチャのランタン」の由来や意味を知ると、さらにアメリカでのハロウィンが楽しくなる。

 

「Trick or Treat」(トリック・オア・トリート)の意味

まずは「Trick or Treat」。意味は前述のとおりだが、直訳すると「トリック(魔法)をかけられたくなかったら、トリート(お菓子)をよこせ」ってこと。これは19世紀のヨーロッパが発祥地という説が濃厚。万聖節の翌日である11月2日は死者の日。「オール・ソウルズ・デー(All Sauls’ Day)」と呼ばれ、その昔、キリスト教徒らは死者の霊魂を天国へ導くお祈りをする代償として、「魂のケーキ(Soul Cake)」を乞いながら村中を練り歩いたという。この風習が「Trick or Treat」の起源と言われているが、今のように仮装をした子供たちがお菓子を求めて近所を歩き回るスタイルになったのは、ほんの半世紀ほど前のことらしい。

「仮装パーティー」の起源

「仮装パーティー」に関しても諸説があるが、これもケルト人の時代にさかのぼると見られている。当時、ハロウィンの夜には悪霊が徘徊し、色んな悪さをしたという。これに業を煮やした村人が、自らお化けの格好をして街中を歩き、悪霊を追い払った名残だという。

 

「カボチャのランタン」の由来

最後に、ハロウィンの象徴ともなっている「カボチャのランタン」について。英語では、これを「Jack-o’-Lantern(ジャック・オー・ランタン)」といい、アイルランド移民がアメリカに伝えたと言われている。
 
アイルランドには「ジャックのランタン」という古い民話が残っている。その内容はこうだ。
 
昔、ケチで嘘つき、おまけに大酒飲みのジャックという、とんでもない男がいた。ある日、酒を買うお金が底を尽きたジャックは、思案した挙句、こともあろうに悪魔をだまして銀貨を手に入れた。年月が流れ、ジャックの寿命も終わってしまったが、生前の悪行の行き過ぎで、ジャックは天国はもちろん、地獄からも門前払いを受ける。行き場を失ったジャックは、悪魔から石炭に火をつけたカブのランタンをもらい、それを灯しながら永遠に冥界をさまよい続けた。
 
民話にもあるように、オリジナルはカボチャではなく、カブ。だからケルト人の末裔でもあるアイルランド人は、カブでランタンを作っていた。しかしアメリカに渡って来たアイルランド系移民たちは、カラフルで可愛いカボチャでランタンを作り始め、今のスタイルが定着した。
 
これらがハロウィンにまつわる話だ。起源などには色んな説があるが、真偽はともかく、ハロウィンの背景を知っていると、きっと楽しさも倍増するはずだ。


コスチュームで仮装して、ハロウィン気分最高潮!

さて、今年こそは仮装して、ハロウィンの主役を気取ってみてはいかがだろうか。といっても、その種類は千差万別。数もとても多い。選ぶ基本は、自分のお気に入りキャラクターや、友達をアッと驚かせる凝ったものを選べばいいのだが、いくつか知っておきたい留意点もある。
 
1.安全なコスチュームを買う
自分の視界を塞いだり、動きを妨害するコスチュームは選ばない。また、耐火素材を使用しているものを選ぶ。
 
2.着ていく場所を考える
パーティーなどでコスチュームを着る場合、ゲストリストをあらかじめ知っておく。大人だけのパーティーなら好きなものを着ればいいが、子供がいる場合は、テーマや趣旨をよく考えて奇抜なものは避ける。
 
3.世間の話題をモチーフに
基本的には、最新の出来事やニュース、流行のキャラクターなどをモチーフにしたコスチュームが無難。例えば今年は、アメリカ大統領候補のオバマ氏、マケイン氏などが注目株。
 
4.親の勝手で選ばない
子供にコスチュームを買う場合、子供が気に入るものを選ぶ。2~3歳くらいまでは親の好みで選んでもいいが、それ以降は子供の意見を尊重し、子供自身が着たいと思うものを買うこと。
 
これらの基本事項に注意すれば、どんなコスチュームを買っても大丈夫。自分にピッタリの、楽しくて人目を惹くコスチュームを選んでほしい。


楽しいハロウィンのための注意事項

ハロウィンの子供

世間がお祭り気分に浮かれている時こそ、犯罪が起こりやすくなる。特に子供が主役の「トリック・オア・トリート」は、注意が必要。安全なハロウィンのための注意事項をまとめた。
 
<自分の子供に対する注意>
● 「トリック・オア・トリート」はなるべく、昼間の明るい時間帯に
● 「トリック・オア・トリート」には、必ず大人が付き添う
● もらった菓子類は、必ず大人がチェックし、安全を確かめてから食べさせる(果物類は、切って中身を確認する)
● 知らない家へは近寄らず、知らない人の車には乗らない
● 他人の家の庭庭や通路を使って近道しない
● 夜間に「トリック・オア・トリート」に出る場合、具体的な制限時間を設ける
● 「トリック・オア・トリート」の際は走らない
● 親は、子供の回るルートを必ず把握する
● 子供は常に歩道を歩く
● 道路を渡る時、必ず四方を確認する
● ハロウィンの夜は、家でも子供だけにしない
 
<他人の子供やその他の注意>
● 訪れて来た子供を家に招き入れない
● 手作りの菓子は、知っている子供だけにあげる
● 付き添いの大人は必ず懐中電灯を持参する
● ハロウィンの夜は、ペットを屋内か安全な場所に移動する
 
参考:ロサンゼルス市警ウェブサイト
www.lapdonline.org


1度に色々揃えられるコスチューム、グッズの専門店

<全米展開店舗>
Spirit Halloween Superstores
www.spirithalloween.com
 
Party America
Spirit Halloween Superstores
www.partyamerica.com
 
Party City
www.partycity.com


安い、簡単、楽しい!自分で作るハロウィン・コスチューム

ハロウィンのコスチューム

店に行けば、何でも揃う。しかし、ここはあえて、自作に挑戦してみてはいかがだろう。というわけで、毎年アメリカでよく見る「ハンドメイド・コスチューム」をいくつか紹介しよう。
 
●大統領
男性用スーツを着用し、大統領の顔を模したマスクを購入してかぶると、インスタント大統領のできあがり
 
●ブドウ
緑か紫のスウェットと同じ色の風船をたくさん用意する。スウェットを着用し膨らませた風船を安全ピンやテープで身体中に貼り付ける
 
●ダルメシアン
フード付きの白いスウェット、黒のフェルト、アイロンの熱でテープになる素材(手芸店で入手可)を用意する。フェルトを無造作に丸く切り抜き、スウェットとフェルトの間にテープを挟んでアイロンをかける。顔は白く、鼻は黒く塗る。黒の斑点とヒゲを描けばできあがり
 
●ガイコツ
黒のスウェットを用意。白のフェルトを細く切り、それを骨(骨格)のように組み合わせて貼り付ける


アメリカ中が大騒ぎ! ハロウィンイベントを楽しもう

ハロウィンが始まる1カ月ほど前から、アメリカ各地で色んなイベントが開催される。特にハロウィン当日の夜には、教会、学校、コミュニティーなどで多彩なイベントが目白押しだ。コスチュームの心配はもうなくなった。後は、ハロウィン気分をさらに高める楽しいイベントに出かけるだけ。


アメリカ・南カリフォルニアの3大ハロウィンイベント

奇抜な衣装を楽しめる
West Hollywood Halloween Carnival

 
毎年50万人の人出で賑わう全米で最大級のハロウィンカーニバル。サンタモニカ通りを1マイルにわたって車両通行止めにし、色んな人が思い思いのコスチュームで通りを練り歩く。
 
開催地がゲイやレズビアンの街でもあることから、行き交う人のコスチュームはとにかくド派手で奇抜でセクシー。ガイコツやモンスターの定番コスチュームはもちろん、ドラッグクイーンやコールガールなど、かなり刺激的。入場は無料で、食べ物の露店やライブ会場やダンスエリアなども。
 
▼Santa Monica Blvd., West Hollywood
(La Cienega Blvd.とDoheny Dr.の間)
www.westhollywoodhalloween.com
■10/31(金)・6:00pm~12:00am ◆無料


 

巨大お化け屋敷の登場!
Halloween Haunt: Knott’s Scary Farm

 
園内を何気に歩いていると、出るわ出るわのお化けたち!ベンチの後ろから、木の陰から、前列に並ぶ人の間からと、あらゆるところから色んなお化けが登場するのだ。園内には、何と1000人(?)以上のお化けがウヨウヨしているから、アイスクリームやポップコーンを食べならが歩いている人は要注意!
 
また、特別に設置された恐怖のお化け屋敷もあり、ここではハロウィンをテーマにした恐怖のパフォーマンスが多数登場!とびっきりの恐怖感を味わえる。
 
▼Knott’s Berry Farm 8039 Beach Blvd., Buena Park
☎714-220-5000
www.halloweenhaunt.com
■10月中の水曜日~日曜日と11/1(土)
水木日・7:00pm~1:00am / 金土 ・ 7:00pm~2:00am
◆$52.99(前売り$49.99)


 

本物の幽霊に会えるかも?
Queen’s Marry Halloween Terror Fest “Shipwreck”

 
ロングビーチ港に浮かぶ、美しい豪華客船のクイーンメリー号。現役を退き、今では宿泊施設やレストラン、各種レセプション会場が入ったホテル船となっている。
 
ここが毎年ハロウィン時期になると、恐ろしい幽霊船と化すのだ。元々本物の幽霊が出ると噂される豪華客船。これまでも幽霊に遭遇したという実際の報告は多々ある。そんな中でのハロウィンイベント。怖くないわけがない。船内に設置された恐怖の迷路や幽霊デッキ。順路となっているコースを歩くと、そこには凝りに凝った幽霊の仕掛けが! 
 
▼The Queen Mary 1126 Queen Hwy., Long Beach
☎562-435-3511
www.queenmaryshipwreck.com
■10月中の週末と11/1(土)日時の詳細はウェブサイト参照 ◆$34
 


その他のハロウィンイベント

Dia de Los Muertos – Day of the Dead
▼Olvera Street in LA Downtown
☎213-625-5045
http://olvera-street.com/html/dia_de_los_muertos.html
●11月1日の「万聖人の日」と、翌日2日の「死者の祭り」。メキシコ文化に根ざした伝 統のフェスティバル
 
Shawn’s Pumpkin Patch
▼Albertson’s Shopping Center 5748 Mesmer Ave., Culver City
☎310-621-8419  
www.shawnspumpkinpatch.com
●パンプキンの販売を始め、併設の小さな動物園で動物を抱いたり、ロバに乗ったりできる
 
Spooktacular Halloween Parade & Fall Festival
▼Downtown Anaheim周辺の数カ所
www.anaheim.net
●巨大迷路の設置やコスチュームコンテスト、パレード、ライブ音楽の演奏会など、家族揃って楽しめる総合ハロウィンフェスティバル
 
Haute Dog Howl’oween Parade
▼Livingston Park 4900 E. Livingston Dr., Long Beach
www.hautedogs.org/howloween
●ワンちゃんたちのハロウィンコスチュームパレード。ペットが主役のハロウィンイベントとしては世界最大!毎年600匹を超えるワンちゃんが、可愛いコスチュームに身を包み、街を大行進
 
Annual Hollywood Cemetery Walking Tour
▼Hollywood Forever Cemetery 6000 Santa Monica Blvd., Hollywood
☎323-769-0195
www.cemeterytour.com
●ハリウッドフォーエバー霊園は、美しく壮大な霊廟を有した墓地。園内には、同墓地にまつわる不思議な展示品やモニュメントなどが多数あり、2時間のツアーでその歴史や逸話、ミステリーに迫る
 
Halloween Horror Fest with the Mighty Murlitzer Organ
▼The Old Town Music Hall 140 Richmond St., El Segundo
☎310-322-2592
www.otmh.org
●古典ホラー映画の上映会。最新技術を駆使したホラー映画もいいが、必要以上に想像力を駆り立てる無声白黒映画の方が、恐怖感は倍増する

ハロウィンに欠かせない!グッズやケーキを自分で作ろう!

ハロウィンには欠かせない、カボチャのランタンとお菓子の作り方を紹介しよう。スーパーで買うのとは違って、今年は手作り感に満ちた素敵なハロウィンが過ごせるはず。ぜひ、家族揃ってチャレンジしてほしい。


 

カボチャのランタンの作り方

ハロウィン気分を一気に高めるカボチャのランタンの作り方
<用意するもの>

●形のいいカボチャ
●市販のカービングキット
($5前後/写真右)果物ナイフや包丁でもいいがカボチャの表面は固いため危険。キットを購入すれば安全に楽しめる
●ロウソク
カボチャ

①ランタン用のカボチャを用意する
②カボチャの頭(柄の部分)を円を描くようにしてくり抜くナイフは、中の空洞部分まで突き抜けるように、そして外側から内側に斜めになるように突き刺す。また、くり抜いた部分はフタになるので捨てない
③中身を取り出す中には、水分を含んだ繊維質の実と、大量のタネがある。それらを掻くようにして、きれいに取り出す。見えない所に実が残らないように、丁寧に取り除く

④カボチャの表面に、顔のパーツを描く

⑤④に沿って、ナイフでパーツをくり抜く
⑥切り口をキレイに整える

⑦ロウソクを中に入れ、火をつけたらできあがり
 

カボチャのランタンお役立ちサイト一覧

●パンプキン・カービング101
www.pumpkin-carving.com
カボチャの選び方から、必要なナイフやスプーンの選び方、キレイな切り方や削り方などを紹介した充実のサイト
 
●パンプキンマスターズ
http://pumpkinmasters.com
顔型の無料ダウンロードやカボチャの話が充実
 
●ジャック・オー・ランタン・ドットコム
www.jack-o-lantern.com
カービングの仕方や、珍しいスイカちょうちんの作り方、美しいロウソクの話などを紹介
 
●スプークマスター
www.spookmaster.com
オンラインで型紙が手に入るサイト。ハロウィン料理のレシピも充実


ほんのりシナモンが美味しい!パンプキンパイのレシピ・作り方

パンプキンパイ

材料(8~10人分)
<パイ生地>
グラハムクラッカー 9枚くらいのパック
無塩バター 150g(1本半)
砂糖 大さじ1
PAMスプレー 少々
 
<フィリング>
パンプキン(ペースト) 1缶(425g)
グラニュー糖 大さじ2
ブラウンシュガー 75g
メープルシロップ 大さじ2
タマゴ 大2個
生クリーム 100cc
 
レシピ・作り方
①レンジで溶かした無塩バター、グラハムクラッカー、砂糖をボウルに入れ混ぜる
②オーブンバットにPAMスプレーを塗って、①を流し込み、全体に広げる
③350°Fに熱したオーブンに入れ、10分ほど焼く
④焼けたら外に出して冷やす
⑤大きめのボウルに、フィリングの材料を上から1つずつ入れ、ハンドミキサーで混ぜ合わせる
⑥全部がよく混ざったら、㈬の上に流し込み、軽く全体に広げる
⑦350°Fのオーブンで40~50分焼く
⑧焼けたら取り出して、冷ます
⑨好みに切ってできあがり


さくさくの歯ざわりがたまらない!ハロウィンクッキーのレシピ・作り方

ハロウィンクッキー

材料
<クッキー生地>
小麦粉 3・1/3カップ
ベーキングパウダー 小さじ1・1/2
塩 小さじ 1/2
バター 大さじ20
タマゴ 1個
牛乳 大さじ1
バニラエッセンス 小さじ1
 
<アイシング>
卵白 2個分
粉砂糖 1/2カップ
レモン汁 1個分
 
レシピ・作り方
①ボウルに小麦粉、ベーキングパウダー、塩をふるいにかけて入れる
②別のボウルにバターと砂糖を入れ、よくかき混ぜる
③②に、クッキー生地の残りの材料と&①を加えて混ぜる
④③を1/4インチの厚さに伸ばし、好みの形にくり抜く
⑤375°Fに熱したオーブンで、6~9分焼いて冷ます
⑥卵白を泡立て、砂糖、レモン汁を加える
⑦⑥を小分けにしてから好みのフードカラーを加えて混ぜる
⑧焼き上がったクッキーに&⑥のアイシングで飾ればできあがり
 
レシピ監修:バーベル良子
バーベルケーキ教室
☎714-847-7404
www.babelcake.com


「アメリカの文化・習慣」のコンテンツ