災害・危険から身を守る

自然災害は予期せず起こりえます。また、犯罪率は減少しているとはいえ、最近では、個人情報を無断で入手、悪用する犯罪も多くなっていますので、災害、犯罪などから身を守るためには、自らも普段から気を配る必要があります。

周囲に注意を払い標的にされないように

ショッピングモールやバス、電車の中など、混み合った場所では、スリやひったくりに注意が必要です。買い物は、クレジットカードかチェックで済ませ、現金はなるべく持ち歩かない方がいいでしょう。車関連の犯罪は、車上荒らしなどの窃盗のほかに、カージャックなどにも要注意です。車の持ち主を待ち伏せすることも多いので、薄暗い場所や人目に付きにくい場所に駐車するのは避け、貴重品は車の中やトランクの中に残しておかないようにしましょう。車に戻る際には、キーは手に持ち、自分の周囲や車の周りに不審者がいないことを十分に確認してください。
ロサンゼルス市警察(LAPD)、ニューヨーク市警察(NYPD)、シカゴ市警察(CPD)といった大都市の警察では、住所を入力すると周辺地域の犯罪記録や統計が出てくるクライムマップをインターネットで公開しています。市警察のウェブページを検索して参考にすると良いでしょう。
空き巣から財産を守るためには、長期間留守にする際、郵便や新聞をバケーションホールドにし、入り口に山積みにしないようにしましょう。警備会社と契約する警報機を家に取り付けるのもセキュリティー強化の方法です。
個人情報が狙われ悪用されるアイデンティティーセフトも多発しています。狙われる情報は名前、住所、電話番号、運転免許番号、ソーシャル・セキュリティーナンバーなどです。財布の中にソーシャル・セキュリティーカードや多数のクレジットカードを携帯しないことが大切です。

避難場所を確認し家族や近隣とも話し合う

カリフォルニア州では、数十年ごとに大地震が発生しています。地震発生時の避難場所を確認したり、家族が違う場所にいることを想定し、集合場所や、互いの安否を確認する仲介人として、州外の親戚などを決めておくのもいいでしょう。ガス、電気、水道の止め方を学び、家具や電気機器を固定しておくことも大切です。
沿岸部の地域では高浪や津波警報が出たら、内陸部や高い所に避難するのが基本です。各地の詳しい高浪、津波情報は、National Weather Serviceで知ることができます。
南部の州は、6月~11月がハリケーン・シーズンです。日頃から非常用持ち出し袋を用意し、水や燃料を備蓄しておきましょう。ハリケーンが近付いてきたら、テレビやラジオの情報に気を付け、避難時は、倒木や切れた電線等(水たまりに近付かない)に注意しましょう。
乾燥しがちな西部の州では、野火や森林火災の発生率も高くあります。野火被害を極力抑えるため、落ち葉など、燃えやすい植物は家の周りから日頃から取り払ってください。湿度15%以下、風速25マイル以上の「Red Flag Weather」が続く時や、野火、森林火災の警告が出る時は、いつでも避難できるように準備をしておきましょう。
通常、個人の財産総合保険(Home-owners Insurance)は火災、台風、落雷、雹などの自然災害時には適用されますが、山火事発生率の高いエリアでは加入不可、もしくは割増料金になることもあります。地震や洪水には、それらをカバーする保険が別途必要です。

非常時持ち出しリスト

自然災害は、いつ発生するかわかりません。非常時のために用意しておきたい必需品を紹介します。

1.水

□1日1人あたり1ガロンが目安。3~10日分を用意しましょう。プラスチック容器で保存し、ミルクカートンやガラス瓶は避けてください。

2.食料

□脂肪やタンパク質、塩分の多い食品は避ける
□冷蔵や調理、多量の水がいらない食品を選ぶ
□調理済みの缶詰
□ビタミン剤
□乳児用食とペットフード

3.緊急用品

□消毒済み絆創膏
□安全ピン
□ラテックス手袋
□2インチ、4インチの消毒済みガーゼ、滅菌包帯
□三角巾
□ハサミ、ピンセット
□下痢止め、下剤、吐剤
□消毒薬、体温計

4.工具類

□使い捨ての食器(皿、箸、コップ)
□電池式ラジオと予備の電池
□懐中電灯
□万能ナイフ、缶切り
□簡易テント
□小型消火器
□ペンチ、レンチ、スパナ
□ダクトテープ
□発煙筒、信号筒
□ビニールシート

5.衛生用品

□トイレットペーパー
□せっけん、洗剤
□生理用品
□フタ付きプラスチックバケツ
□家庭用塩素系漂白剤
□コンタクトレンズ洗浄剤

6.衣服、寝具

□丈夫な運動靴
□雨具
□毛布、寝袋
□帽子、軍手
□防寒下着
□サングラス

7.個人向け必需品

●乳幼児向け
□調合乳、粉ミルク
□おしめ
□哺乳瓶
●病人/老人
□心臓病、高血圧の薬
□インシュリン
□処方箋薬
□義歯洗浄剤
□老眼鏡

8.重要書類

□現金、小切手
□遺言状、保険証書、株券、土地の権利証書
□パスポート、移民関連書類、予防接種記録
□銀行口座番号、クレジットカード番号と発行会社名
□財産目録
□出生/死亡/結婚証明書
□ソーシャル・セキュリティーカード
□運転免許証
□州外、国外への連絡先
 
参考:ロサンゼルス郡緊急対策本部監修『Emergency Survival Guide』

「アメリカ生活大事典」のコンテンツ