携帯電話を選ぶ

新生活を始めたら、なるべく早く手に入れたい携帯電話。日本とは異なる料金体系やサービスなどを含め、携帯電話サービスへの加入の仕方を説明します。

アメリカの携帯電話システム

日米の携帯電話システムは大きく違います。日本では電話を受ける側には着信料がかかりませんが、アメリカでは、電話をかける側も受ける側も通話した分数が課金されるか、契約プランの無料通話分から料金から差し引かれます。このシステムは、テキスト(携帯電話同士でメッセージをやりとりするSMS)も同様です。とはいえ、現在は大半のプランが通話無制限になっています。
アメリカの主要携帯電話会社は、AT&T、Verizon、Sprint、T-Mobileの4社です。会社により電波状態など、サービスがカバーするエリアが異なります。各社のウェブサイトでは、エリア別の電波状態を確認できるので、よく利用するエリア状況を確認してから契約することをお勧めします。
どの会社も、料金プランには、一人で加入する「個人プラン」、家族で契約する「ファミリープラン」、会社で契約する「ビジネスプラン」があります。主要携帯電話会社以外の小さな携帯電話会社を利用する場合には、会社の合併などにより契約期間中に契約したプランの取り扱いが終了したり、購入した携帯電話本体が使用できなくなったりする場合があるので、注意が必要です。

プリペイド方式とポストペイド方式の携帯電話料金

携帯電話の契約形態は、大きく分けてプリペイド方式とポストペイド方式の2種類あります。プリペイド方式は、利用ごとに事前に支払った金額から利用した分だけ差し引かれるものと、月額料金を前払いし、一定時間または無制限で利用できる月額定額制のものの2種類があります。最近は、後者の定額制プランが主流です。
渡米したばかりで自分や家族の携帯電話のニーズがはっきりしない場合、まずはプリペイド携帯電話を購入し、アメリカでの生活に慣れてから携帯電話会社や利用プランなどを変更するのも良いでしょう。プリペイド携帯電話の番号は、新しく契約した携帯電話にも移せるので安心です。プリペイド携帯電話の端末や料金カードは、Best Buyなどの大手家電量販店やTarget、Walmart、ドラッグストア(CVS)などで購入できます。一時的に使うだけなら、100~150ドル程度のスマートフォンで十分でしょう。
ほとんど携帯電話を使わない人には、使った分だけ差し引かれるものの方が利用料金が安く済みますが、毎月ある程度利用する場合には、KDDI Mobile x H2Oのように単価が割安に設定されている定額制プラン(月30~60ドル程度)の方がお得です。
ポストペイド方式は、AT&T、Verizon、T-Mobileが、「2年縛り」といった長期契約をする代わりに最新機種を割引価格で購入できるプログラムを廃止しました。これにより違約金なしで、いつでも他の会社に乗り換えられるようになりました(Sprintは、希望すれば長期契約によって、端末代が割引になるプランがあります)。その反面、端末は定価購入になるため、iPhoneなどの最新スマートフォン購入には数百ドルの初期費用が必要となります。なお、古い端末をトレードイン(下取り)して新端末の購入費を割り引いてくれたり、無利子の分割払いサービスを提供する会社もあります。
現在はどの会社でも、アメリカ国内通話、テキストが無制限になっているプランが主流で、料金プランは使用したいデータ量により選ぶのが一般的で、安いプランほどデータ量が少なくなっています。もし、月の途中でプラン内のデータ量を超えた場合、データ速度が大幅に落ちたり、割高なデータ通信料が超過分として課金されたりする仕組みになっています。
主要携帯会社で通話とデータ通信を含むプランを契約した場合の月額料金は、、個人プランで、月50~80ドル程度。ファミリープランは、家族で同一会社と契約することで、一人当たりの料金がお得になります。

渡米後すぐに契約可能な日系電話会社

アメリカでの携帯電話のポストペイド契約には、18歳以上であること、ソーシャル・セキュリティーナンバー、本人確認書類(アメリカの運転免許証、IDカード)が必要です。ソーシャル・セキュリティナンバーを元に米国内におけるクレジットヒストリーがチェックされるため、渡米して間もない場合には、契約を拒否されたり、デポジット(保証金)を最大400~500ドル程度求められたりすることがあります。日系の携帯電話サービス会社では、パスポートか日本の運転免許証のいずれかと、日本のクレジットカードで契約することができます。この場合、契約時の説明、端末の利用方法、盗難や紛失時のカスタマーサポートも日本語で対応しているので安心です。
アメリカ国内の長距離通話は、古いプランを除いて、基本的に一定料金です。国際通話は分ごとに課金されるか、プランによっては利用に別途契約が必要です。通話やデータ通信には月々の利用分数やデータ量に上限があり、それを超えると追加料金が発生します。通話やデータ通信が無制限のプランもあります。
なお、各電話会社では、期間限定のお得なプランも登場します。まずは自分や家族の携帯電話の使用傾向を十分に把握し、契約前に各種プランを比較して、ムダの出ないプランを見つけましょう。

取材協力/KDDIMobilexH2O(www.kddimobilesim.com)SoftBank(www.softbanktelecomamerica.com/individual)

「アメリカ生活大事典」のコンテンツ