特別インタビュー

現地情報誌ライトハウスが独自に取材した著名人・有名人のインタビュー記事です。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

映画『KUBO AND THE TWO STRINGS』ジョージ・タケイほか制作スタッフを直撃!

2016年夏公開の『KUBOANDTHETWOSTRINGS』は、太古の日本を舞台にした3Dストップモーション・アニメ映画。8月末、全米日系人博物館にて、同映画の製作物展示イベントが開かれ、声優として出演した日系人俳優ジョージ・タケイ氏が訪れました。また、同イベントには、監督を務めた米映画制作会社Laika, LLCのトラヴィス・ナイト社長ほか、制作スタッフ …
»特別インタビュー「映画『KUBO AND THE TWO STRINGS』ジョージ・タケイほか制作スタッフを直撃!」の続きを読む

お笑い芸人・陣内智則◎LAライブ直前インタビュー

2016年8月1日に、英語によるお笑いライブ「NETAJIN in Los Angeles」を行う、お笑い芸人の陣内智則さん。独特のシュールなネタで日本人もアメリカ人も大爆笑の渦に叩き込む陣内さんに、ライブに向けての意気込みを伺いました。 じんない・とものり◎NSC大阪校11期生。在学中にコンビ「リミテッド」を結成するも3年でコンビは解散。その後ピン芸人とし …
»特別インタビュー「お笑い芸人・陣内智則◎LAライブ直前インタビュー」の続きを読む

プロサーファー・五十嵐カノア◎サーフィン世界大会USオープン直前インタビュー

来たる2016年7月23日(土)~31日(日)、ハンティントンビーチで開催される、サ―フィンの世界大会「2016 Vans US Open of Surfing」。若干18歳にして優勝候補の一人として注目を浴びているのがカリフォルニア育ちの日本人プロサーファー五十嵐カノア選手。大会直前の意気込みを伺いました。 五十嵐カノア◎1997年、カリフォルニア生まれ。3 …
»特別インタビュー「プロサーファー・五十嵐カノア◎サーフィン世界大会USオープン直前インタビュー」の続きを読む

ギタリスト・布袋寅奏◎LA初ライブ記念インタビュー

今年でアーティスト活動35周年を迎えた、ギタリストの布袋寅泰さん。その記念プロジェクト「8BEATのシルエット」の一環で、来たる7月に初のLAライブを行う同氏に、ライブへの意気込みや今後の展望などについて伺いました。 ほてい・ともやす◎ギタリスト。伝説的ロックバンドBOØWYのギタリストとして活躍し、1988年にアルバム『GUITARHYTHM』でソロデビュ …
»特別インタビュー「ギタリスト・布袋寅奏◎LA初ライブ記念インタビュー」の続きを読む

医学博士・谷川啓二◎がんと闘う免疫をサポートする免疫療法とは

日本人の国民病と言ってさしつかえのない病気、「がん」。2016年4月23日(土)に講演会、「実はわかっていない“がん”の話」をオレンジ・カウンティーで開く、がん免疫療法の権威、谷川啓司医学博士に、がんとは何なのか? どのような治療法があり、どのような気持ちで対峙したらいいのかをうかがいました。 たにがわけいし◎1964年生まれ。専門は消化器外科、 …
»特別インタビュー「医学博士・谷川啓二◎がんと闘う免疫をサポートする免疫療法とは」の続きを読む

山本千尋 / 女優・太極拳選手

武術太極拳選手として活躍を続けると共に、映画『太秦ライ ムライト』以後、女優としても注目を集める山本千尋さん。世界的アクション女優を目指し、2015年からLAのアクティングスクールで学ぶ山本さんにお話を伺いました。 山本千尋◎1996年8月29日兵庫県神戸市生まれ。武術歴13年。2012年第4回世界ジュニア武術選手権大会で、槍術の金メダル、剣術と長拳の銀メダ …
»特別インタビュー「山本千尋 / 女優・太極拳選手」の続きを読む

Anime Expoで初のLA公演!ももいろクローバーZ

クオリティーの高い楽曲とエンタメ性満載のダンスで大ブレイク中のアイドルグ ループ「ももいろクローバーZ」が、Anime Expo 2015で初のLA公演を行います。なんとKISSのメンバーもゲストとして登場予定。今の心境をリーダーの百田夏菜子さん(右写真中央)にうかがいました。 (左から)有安杏果、佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに。「ピュアな女の子 …
»特別インタビュー「Anime Expoで初のLA公演!ももいろクローバーZ」の続きを読む

LA公演を見逃すべからず!SCANDAL

キャッチーかつ疾走感溢れるロック&ポップで、日本で圧倒的な人気を誇るガールズ・ロックバンド、SCANDAL。来たる2015年5月、ハリウッドとアナハイムでライブを行う同バンドのメンバーの皆さんに、今の心境をうかがいました。 SCANDAL◎2006年大阪で結成。08年「DOLL」でデビュー。翌年には「少女S」でレコード大賞新人賞受賞。2012年3月には日本武 …
»特別インタビュー「LA公演を見逃すべからず!SCANDAL」の続きを読む

田中凛太郎 / アメリカン・ヴィンテージ愛好家

毎年、世界中から3000人ものヴィンテージファンをLAに集める古着の祭典「Inspiration」。主催者である日本人、田中凛太郎さんに、古着へのこだわりや今年で第6回を迎える同イベントの見どころなどをうかがいました。 Rin Tanaka◎1970年神奈川県生まれ。大学在学時、黒人音楽の評論家デビュー。1994年〜1998年、広告代理店に務め …
»特別インタビュー「田中凛太郎 / アメリカン・ヴィンテージ愛好家」の続きを読む

奥田民生◎LAで「The Verbs」のライブ直前インタビュー

2015年1月、世界的ドラマーのスティーブ・ジョーダンらと組むバンド「The Verbs」のライブでLAに来る奥田民生さん。ライブの見どころや自身の今後などについてうかがいました。 奥田民生◎1965年5月12日、広島生まれ。1994年にシングル『愛のために』でソロ活動を本格的にスタート。ファーストソロアルバム『29』と共にミリオンヒットとなる。以後、井上陽 …
»特別インタビュー「奥田民生◎LAで「The Verbs」のライブ直前インタビュー」の続きを読む

LUNA SEA

日本を代表するロックバンド、LUNA SEA。女子中高生を中心に「SLAVE」と呼ばれる熱狂的なファンを持つが、2000年に“終幕”を宣言し、活動を終えた。その後、メンバーは、各方面でソロ活動を展開。およそ10年の歳月を経て、10年に「REBOOT(活動再開)」を発表した。 今回は、世界ツアーの一環で、2011年12月4日にロサンゼルスライブを開催した同バン …
»特別インタビュー「LUNA SEA」の続きを読む

料理家 栗原はるみさん×女優 榊原るみさん

去る9月19日に、TorranceMarriottSouthBayで開催した「栗原はるみ料理&トークショー」には、約580人の栗原さんファンが集まりました。栗原さんの料理の実演、試食会に続き、スペシャルゲストに女優の榊原るみさんを招き、対談を行いました。その一部を、誌面で再現します。 『ごちそうさまが、ききたくて。』は忙しかったから生まれたレシピ。 榊原:私 …
»特別インタビュー「料理家 栗原はるみさん×女優 榊原るみさん」の続きを読む

花園 直道(はなぞの なおみち) / 日本舞踊家

“Jダンス”の七変化楽しんで 自らの踊りを“Jダンス”と名付け、正統派の日本舞踊をベースにポップスや歌謡曲を取り入れて日本舞踊会に新風を巻き起こしている花園直道さん。10月のロサンゼルス公演を前に、花園さんに日本舞踊についての思いや公演への意気込みを伺いました。 花園直道(はなぞの なおみち)◎1998年東京生まれ。幼い頃から日本舞踊(坂東流名取。坂東蔦之龍 …
»特別インタビュー「花園 直道(はなぞの なおみち) / 日本舞踊家」の続きを読む

大原 洋人 / プロサーファー

サーフィン世界大会USオープンで優勝!日本人初の快挙を果たした18歳のプロサーファー 『僕が頑張ることでサーフィンの素晴らしさをもっと伝えたい!』 大原洋人さんが8月にハンティントンビーチで開催されたサーフィンの世界大会「2015 Vans US Open Of Surfing」で日本人として初めて優勝しました。ファイナルで見事な逆転劇を見せて、大会を制した …
»特別インタビュー「大原 洋人 / プロサーファー」の続きを読む

VAMPS(ヴァンプス) / ロックユニット

世界中のファンを魅了する日本のロックユニットがLAで公演! L’Arc~en~CielのボーカルHYDE(写真中央)とOBLIVION DUSTのギタリストK.A.Z(写真右)で結成されたロックユニットVAMPS。直前に迫ったロサンゼルス公演を前に、現在の心境からロサンゼルスへの思いまでを語っていただきました。 L’Arc~en~Ci …
»特別インタビュー「VAMPS(ヴァンプス) / ロックユニット」の続きを読む

上原ひろみ / ジャズピアニスト

「音楽を作ることに毎日わくわくドキドキ」 日本を代表するジャズピアニストで、世界中に幅広い層のファンを持つ上原ひろみさん。毎年、世界を舞台に約100日150公演のツアーを続けています。9月のLA公演を前に、今回の公演に対する思いや見どころなどについてお話をうかがいました。 上原ひろみ◎1979年静岡県浜松市生まれ。6歳よりピアノを始め、同時に作曲も学ぶ。17 …
»特別インタビュー「上原ひろみ / ジャズピアニスト」の続きを読む

松井 誠 / 俳優

「舞台中はすべて忘れて酔いしれて」 昭和の大俳優、長谷川一夫の再来と言われ、多くの熱烈なファンを持つ松井誠さんは、歌舞伎界や日本舞踊会からも注目される俳優。8月に初のLA公演を控え、会場の下見に来ていた同氏にインタビューし、今回の公演に対する思いや見どころなどをうかがいました。 松井誠◎1965年、九州が拠点の松井千恵子一座の子どもとして生まれ、0歳から子役 …
»特別インタビュー「松井 誠 / 俳優」の続きを読む

アンジェラ・アキ / シンガー・ソングライター

「LAにいる今だからこその大胆なライブがしたい!」 毎年秋恒例、オーロラ日本語奨学金基金主催のベネフィット・コンサートに、今年は人気シンガー・ソングライターのアンジェラ・アキさんが出演!昨年から活動停止に入り、LAで音楽を学ぶ彼女に、その理由や毎日の生活、ライブへの意気込みなどについてうかがいました。 アンジェラ・アキ◎シンガー・ソングライター。3歳からピア …
»特別インタビュー「アンジェラ・アキ / シンガー・ソングライター」の続きを読む

仲代達矢 / 俳優

映画やテレビ、舞台で活躍を続ける俳優の仲代達矢さん。2014年5月に開催される「仲代達矢映画祭」では、主演映画等3本が上映される他、仲代さんによるトークショーや舞台挨拶も行われます。渡米前にお話をうかがいました。 1932年東京生まれ。81歳。俳優座養成所時代に、黒澤明監督の『七人の侍』でエキストラとして出演し、映画デビュー。以後、小林正樹、黒澤明、市川崑、 …
»特別インタビュー「仲代達矢 / 俳優」の続きを読む

美甘 章子 / 臨床心理医

原爆を生き抜いた父、進示さんの体験を描いた著書『8時15分ヒロシマで生きぬいて許す心』に込めたメッセージが評価され、イギリスの財団「The World Peace and Prosperity Foundation」の世界平和賞を受賞した美甘章子さん。2014年11月、授賞式帰りの美甘さんにお話をうかがいました。 みかも あきこ◎カリフォルニア心理学専門大学 …
»特別インタビュー「美甘 章子 / 臨床心理医」の続きを読む

原美樹子 / 写真家

原美樹子さんをはじめとする4人の写真家が写した東京が並ぶ、「In Focus:Tokyo」展がゲティーセンターで開催中です。原さんに同展の見どころやご自身の写真について、お話をうかがいました。 1967年富山県生まれ。1990年慶應義塾大学文学部卒業。94年、東京綜合写真専門学校に入学し、本格的に写真を始める。96年、同校研究科を卒業。以後、日本国内外で多く …
»特別インタビュー「原美樹子 / 写真家」の続きを読む

伊藤 比呂美 / 詩人

特別インタビュー 「海千山千人生相談」連載中・詩人 伊藤比呂美 本誌で「海千山千人生相談」を連載中の伊藤比呂美さん。実は、人生相談回答歴はなんと17年にも上るのです。そしてこの秋、人生相談をまとめた『女の一生』を刊行。びりびり響く愛の言葉に打たれた編集者が、サンディエゴの伊藤さんのお宅にお邪魔しました。 いとうひろみ◎詩人。1955年東京都生まれ。78年、第 …
»特別インタビュー「伊藤 比呂美 / 詩人」の続きを読む

柴崎 友香 / 作家

今年「春の庭」で第151回芥川賞を受賞された作家の柴崎友香さん。英語で日本現代文学を紹介する文芸誌『Monkey Business』の朗読ツアーで、初めてカリフォルニアを訪れられた柴崎さんに、小説の面白さや創作方法、ロサンゼルスの印象についてお話をうかがいました。 しばさきともか◎1973年大阪生まれ。大阪府立大学卒業後、会社勤めを経て、99年作家デビュー。 …
»特別インタビュー「柴崎 友香 / 作家」の続きを読む

映画監督 / 岩井俊二

いわい・しゅんじ◎映画監督・映像作家・脚本家・音楽家。1963年1月24日生まれ。宮城県仙台市出身。横浜国立大学在学中から映画を撮り始め、ミュージックビデオや深夜テレビドラマの演出を経て映画監督に。代表作に『Love Letter』や『スワロウテイル』などがある。現在、長編映画の撮影準備を進めるかたわら、映画ファンとの相互コミュニケーションで構成される「岩井 …
»特別インタビュー「映画監督 / 岩井俊二」の続きを読む

声楽家 / 秋川雅史

あきかわ・まさふみ◎1967年、愛媛県西条市生まれ。4歳よりバイオリンとピアノを始め、声楽へと転向。国立音楽大学・大学院卒業後、4年間イタリアのパルマで、デリオ・ポレンギ氏に師事。98年、カンツォーネコンクール第1位、日本クラッシック音楽コンクール声楽部門最高位をそれぞれ受賞。2001年、日本コロムビアより日本人テノールとして最年少CDデビュー。06年、『千 …
»特別インタビュー「声楽家 / 秋川雅史」の続きを読む

脳神経外科医 / 福島孝徳

持てるもの、できる限りのこと 「すべてを患者さんのために」 臨床実績がなかなか評価に直結しない日本医学界で、「本当の医者は患者さんを治せる医者」と信じ、ひたすらに手術中心の日々を送る脳神経外科医の福島さん。48歳で南カリフォルニア大学(USC)医療センターから脳神経外科教授のオファーを受け渡米。自身が確立させた「鍵穴手術」により、「神の手を持つ男」「ゴッドハ …
»特別インタビュー「脳神経外科医 / 福島孝徳」の続きを読む

CGアートディレクター / 中島聖

夢を実現するには、とにかくやってみることアメリカでは失敗を恐れる必要はありませんから ハリウッドの老舗CG映像制作会社Rhythm & Hues Studios(R & H)に入り、200人ものスタッフを従え、社内でも数少ないアートディレクターの1人として活躍する中島さん。コンピューターを駆使する技術者が多い中、手描きのデザイン能力を発揮 …
»特別インタビュー「CGアートディレクター / 中島聖」の続きを読む

昭和女子大学学長 / 坂東眞理子

「品格」とは誰にも必要な人間性。素晴らしい品格を持つ人は、社会で成功します 昭和女子大学の学長であり、官僚として長いキャリアを持つ坂東眞理子さん。女性としての振る舞い方を説いた『女性の品格』は、若い女性だけでなく中高年の女性や男性まで多くの読者を獲得し、300万部を超える大ベストセラーを記録した。昨年8月、ライトハウス/UTB共催によるロサンゼルス講演の際に …
»特別インタビュー「昭和女子大学学長 / 坂東眞理子」の続きを読む

シンガーソングライター・作家 / さだまさし

自分のことを好きになったり嫌いになったり 何度もぐるぐる回ってみんな生きているんだよ 繊細で率直、かつ叙情的な歌詞を、高音の美声で歌うさだまさしさん。軽快な話術とユニークなキャラクターで観客を魅了するさださんだが、実は17歳でノイローゼになった過去を持つ。歌手として華々しく活躍するその裏側にも、自分の存在意義を模索し続ける17歳の自分の姿が常にあった。今、彼 …
»特別インタビュー「シンガーソングライター・作家 / さだまさし」の続きを読む

女優 / 美元

結婚が自分の心のゆとりになって仕事もプライベートも充実する気がします 俳優の高嶋政伸さんと2008年8月に東京・帝国ホテルで式を挙げた女優の美元さん。日本人の父と韓国人の母の間に生まれ、ミス・ユニバース日本代表の準グランプリをきっかけに、グローバルな視点を持って、モデルとして、また女優として活躍してきた。「ロサンゼルスには人生の節目で呼ばれる」と言う美元さん …
»特別インタビュー「女優 / 美元」の続きを読む

ファーデザイナー / 今井千恵

私のデザインの原点は、自分が着たい軽くてきれいな毛皮を作るということです 全米・カナダで販売され、日本国内でも著名なファーブランドに成長した「ロイヤル チエ」。その革新的なデザインと色鮮やかな作品はニューヨークを始めとするショーでも高く評価されている。女性の海外1人旅が珍しかった頃に雑貨輸入販売から始め、ファーデザイナーへと華麗なる転身を遂げた今井さんのフロ …
»特別インタビュー「ファーデザイナー / 今井千恵」の続きを読む

俳優・コメディアン / 神田瀧夢

日本の素晴らしさを伝えたい。それが僕の生き様だからいまだにサムライを続けてる ABCテレビの『I Survived A Japanese Game Show』の司会者に抜擢された神田瀧夢さん。米4大ネットワークのプライムタイムの番組に、日本人が司会者として出演するのは初めての快挙。コメディアンとして、俳優としてNY、LAで精力的に活動を続け、「国際人であると …
»特別インタビュー「俳優・コメディアン / 神田瀧夢」の続きを読む

タレント / コロッケ

1つのことを永遠に続けることは大変 でも自分は死ぬまで芸人でありたい ものまねのレパートリーは100種類以上。ロボットバージョンやヒップホップダンスとの融合、1曲のメロディーに乗せて、高速で一気に33人もの顔を連続で変える「ものまね33面相」など、エンターテイナーとして新境地を開拓し続ける、ものまね芸人のパイオニアだ。もうすぐ芸歴30年を迎えるコロッケさん。 …
»特別インタビュー「タレント / コロッケ」の続きを読む

映画監督 / 井筒和幸

映画はオリジナルストーリーがいい。サプライズがあって、日本人を表すような 在日朝鮮人をテーマにした青春群像劇、映画『パッチギ!』で、国内の映画賞を軒並み受賞する旋風を巻き起こした井筒監督。独自の批評精神を買われ、さまざまな分野での辛口コメンテーターとしても知られ、レギュラー番組も持っている。11月に、UTB・ジェトロ主催のショートフィルムコンテスト「Pict …
»特別インタビュー「映画監督 / 井筒和幸」の続きを読む

アーティスト / LOVE PSYCHEDELICO

LAと東京から世界に向けて自分たちの信じる音楽を発信したい 日本語と英語が自然な形で行き交う独特な歌詞、存在感あるKumiのヴォーカルスタイルとNaokiの印象的なリフに、日本では「デリコサウンド」という言葉まで浸透している。2008年5月には、念願のアメリカ版ファーストアルバムをリリース。今後、アメリカでの活動を広げていくため、夏の3カ月をサンタモニカで過 …
»特別インタビュー「アーティスト / LOVE PSYCHEDELICO」の続きを読む

映画『今日という日が最後なら、』 柳 明菜監督 × サンプラザ中野くん

2008年4月11日~20日まで開催された「Japan Film Festival 2008」にて上映された『今日という日が最後なら、』。同作が初監督作品となる柳明菜監督とエンディング曲を歌うサンプラザ中野くんさんがプロモーションも兼ねて訪米した。2人に今作のテーマと意義についてお聞きした。 今回の作品を作ったきっかけは? 柳監督:根本にあったのは子供の頃か …
»特別インタビュー「映画『今日という日が最後なら、』 柳 明菜監督 × サンプラザ中野くん」の続きを読む

ピアニスト・フジコ・ヘミング◎コンサート直前インタビュー

演奏の中に詩や語りが入ったり色彩を表現しています 日本人ピアニストの母とスウェーデン人の父との間に生まれたフジコ・ヘミングさん。幼少の頃からピアニストとしての才能を発揮し、天才と賞賛される。耳が聴こえなくなるなど困難に見舞われたが、ピアニストになる夢は諦めず、プロデビュー。情感あふれる独特な演奏スタイルから「魂のピアニスト」と呼ばれ、絶大な人気を誇る。3年ぶ …
»特別インタビュー「ピアニスト・フジコ・ヘミング◎コンサート直前インタビュー」の続きを読む

ロサンゼルス・ドジャース / 斎藤隆

ロサンゼルス・ドジャースのクローザーとして、チームのプレーオフ進出に貢献した、遅咲きの日本人メジャーリーガー。1度は断念したメジャー再挑戦を決意したことが報じられた時、誰がこの活躍を予想しただろうか。父と兄の影響で、物心ついた時から野球をしていたという斎藤投手の野球に対する思いを聞いた。 自分で能力を決めるのではなく見極めるためにチャレンジする さいとう・た …
»特別インタビュー「ロサンゼルス・ドジャース / 斎藤隆」の続きを読む

プロゴルファー / 横峯留衣&横峯さくら、キャディー / 横峯彩花

日本女子ゴルフ界に旋風を巻き起こした横峯姉妹。「さくらパパ」こと良郎さんと3女・さくらさんとの絶妙な掛け合いが有名だが、家族全員で日本ツアーを闘う姿は、ゴルフファンならずとも観る者を魅了している。世界を目指す横峯姉妹の支柱にあるのは、ゴルフに対する情熱と家族への深い愛情だった。 ゴルフは自分の素が出るものだと思う。 ◆よこみね・るい(左前)◉19 …
»特別インタビュー「プロゴルファー / 横峯留衣&横峯さくら、キャディー / 横峯彩花」の続きを読む

D1副社長・シニアアドバイザー / 土屋圭市

車体の向きと進行方向にずれが生じ、横向きにスライドしながらコーナーを走行する「ドリフト」。日本では、2001年から全日本プロドリフト選手権(通称D1-GP)が開催され、一般的に認知されている。近年、アメリカGPも行われ、ドリフトは新しいモータースポーツとしても確立されつつある。ドリフトの第一人者で「ドリフトキング」と称される、D1副社長/シニアアドバイザーの …
»特別インタビュー「D1副社長・シニアアドバイザー / 土屋圭市」の続きを読む

HPI Holding, Inc.プレジデント&CEO / 渡辺龍郎

子供の頃から趣味だったラジコンカー。親にすすめられた留学先はラジコンのメッカ・ロサンゼルス。喜んで留学し、自分で何かやろうと思った時に持っていたのは、ラジコンの知識だけだった。資本金200ドルで自宅のガレージから部品の輸入販売を始め、今や世界中に拠点を構える年商1億ドルの企業に成長した。その影にあったのは、小さな努力の積み重ねと、レースを通じて世界中に広げた …
»特別インタビュー「HPI Holding, Inc.プレジデント&CEO / 渡辺龍郎」の続きを読む

渡辺 謙/俳優

『ラストサムライ』ではアカデミー助演男優賞ノミネート、続く『Memoirs of a Geisha』『バットマン・ビギンズ』『硫黄島からの手紙』では世界の名監督たちを魅了した。今や「ケン・ワタナベ」として圧倒的な存在感を誇る世界的スターだが、スクリーンを通して届けられる魂のメッセージの裏には、俳優として生き抜く覚悟と、それを支える人たちの姿があった。 「自分 …
»特別インタビュー「渡辺 謙/俳優」の続きを読む

井上怜奈/フィギュアスケート選手

スケートが好きで、ひたむきに練習を重ね、ペアとシングルで2度のオリンピック出場。だが、一時は情熱も目標も見失い、さらにガンに苦しめられ、引退を考えた。しかし、アメリカに拠点を移し、ゼロからの再出発。「スケートを楽しむ」という原点に立ち戻り、3度目のオリンピックは、米国籍を取得し、アメリカ人として出場した。肩の力を抜いてスケートをとことん楽しんだ、井上さんに話 …
»特別インタビュー「井上怜奈/フィギュアスケート選手」の続きを読む

タダシ・ショージ/ファッションデザイナー

自称〝ネクラのフリーター〟から、今や世界30カ国で展開するファッションデザイナーになった。4年前からはミス・ユニバースの公式スポンサーとして、世界の美女が大舞台で着るドレスを提供し、「タダシ」の名は世界中に放映されている。特に目的もなく訪れたロサンゼルスで開花した才能を支えたのは、失敗にくじけない前向きな性格と、自分に対するプライドだった。 日本でできなくて …
»特別インタビュー「タダシ・ショージ/ファッションデザイナー」の続きを読む

難波勝利/Robert Crowder & Co. 副社長

1968年にメキシコ五輪の通訳としてメキシコに向かう道中、最初の寄港地、ロサンゼルスでひょんなことから日本画家のロバート・クラウダーと出会った。以来、古美術品の売買から壁紙の印刷技術の習得に始まり、ラスベガスのカジノでの壁面装飾シェアナンバーワンを獲得するまで、会社の成長を支えてきた。今後は中国、ロシアやアラブ諸国などのホテルを中心に、さらに海外へと活躍の場 …
»特別インタビュー「難波勝利/Robert Crowder & Co. 副社長」の続きを読む

スピリチュアルカウンセラー・江原啓之

海外暮らしで大きな経験と感動を 今、「SMAP以上に忙しい」と言われ、日本中で引っ張りだこの江原啓之さん。『オーラの泉』(テレビ朝日系)や『天国からの手紙』(フジテレビ系)など多くの番組に出演し、執筆本は40冊以上におよぶ。「人間の本質はたましいである」というスピリチュアリズムを伝え、その愛にあふれた温かいメッセージが熱い支持を受けている。東京での講演の合間 …
»特別インタビュー「スピリチュアルカウンセラー・江原啓之」の続きを読む