昭和女子大学学長 / 坂東眞理子

「品格」とは誰にも必要な人間性。素晴らしい品格を持つ人は、社会で成功します

昭和女子大学の学長であり、官僚として長いキャリアを持つ坂東眞理子さん。女性としての振る舞い方を説いた『女性の品格』は、若い女性だけでなく中高年の女性や男性まで多くの読者を獲得し、300万部を超える大ベストセラーを記録した。昨年8月、ライトハウス/UTB共催によるロサンゼルス講演の際に、すべての人に伝えたい真の「品格」について、ご自身の経験を交えながら語ってもらった。

女性性を活かすことでより豊かな社会が実現

『女性の品格』を書いたきっかけは、2007年から昭和女子大の学長になることが決まり、一種のマニフェストとして、「理想的な女性はこうあらねばならない」というのをまとめたいと思ったこと。それから、私自身34年間も公務員をやってきて、ワーキングマザーとして子育て、家庭と両立しながら働いてきたなかで、試行錯誤しながら身に付けたことを、若い女性たちに伝えなければいけないんじゃないかと思ったこと。また、各分野に進出している女性に向けて、女性が社会に出て行くということは、女性の良いところを活かして、社会がそれによって、より豊かになるんだというメッセージを伝えたいと思ったこと。そういった思いがあって書きました。

この本の内容は、みんな子供の頃に「絶対にやらなければならないことだよ」と、1回は教えられているようなことです。ですが、社会に出ていくうちに、「そんなことをしていると、厳しい競争社会で脱落してしまうんじゃないか。とにかく、負けないように頑張らなくちゃ」と考え方が変わってしまいました。そこに「いや、そうじゃない。やっぱり基礎が大事なんだ」と、私が自信を込めて伝えたので、「あっ、そうかも」って、少し安心なさったのだと思います。それがブームの背景にあるのでしょう。

本の中には、私の反省材料が山ほどあります。例えば、職場で会食に招かれても、「これも仕事のうち」と、いちいち礼状を出さない習慣になっていました。ところがオーストラリアで総領事をしていた時、お招きした方からは必ずと言っていいほど、お礼状が来るんです。「私は今まで、何をしていたんだろう」と、とても恥ずかしくなりました。逆の立場になって初めて、自分が心ないことをしていたと反省させられました。

個人として通じる人間かが問われる時代になる

35年前に総理府に採用された時は、本当にうれしかったですね。当時、民間企業は女性を男性と同じように採用していませんでした。人間、世の中から必要とされてないのはつらいことです。

ですが、この35年で状況は本当に変わりました。バブル崩壊後、「失われた10年」の間に、社会全体が随分変わりました。男性も今までと働き方が変わらざるを得なくなり、かえって女性の方が頑張り過ぎてるっていうようなところもあります。これからは男性も女性も組織の中で、組織の肩書きに頼って仕事をするのではなく、個人としてちゃんと通じる人間かどうか、人間性が改めて問われるようになってきている気がします。個人としての品格は、男性も女性も持たなければいけないのですが、特に女性の場合はまだお手本が少ないですから、これから自分たちがどういう働き方をするのか、どういう生き方をするか、意識的に身に付けていかなければならないことがたくさんあると思います。

私は、「品格」というのは人間性だと思っています。その人自身がどういう風に考え、どういう風に行動するかということ。それは、男性にも女性にも、日本人にもアメリカの方たちにも必要です。現に、「素晴らしいな」という品格を持った方は、長い目で見ると社会で成功していらっしゃると思いますね。ですから、若い方たち、世界で活躍なさる方たちには、人生も長期的な目で作り上げていかなければならない、目先の利益、自分の利益ばかり考えていると卑しくなってしまうということを伝えたいですね。

私の考え方が多くの方に受け入れられたのは、「短期的な成功ばかりを目指す生き方ではまずいんじゃないか」と、皆さんが不安を感じていらっしゃるところに、インパクトを与えたからかなと思います。

丈夫な心と身体で地球のフルメンバーに

LAは太陽がいっぱいで、自由なライフスタイルというイメージがありますが、それと同時に、日系の方たちがそれぞれ頑張っていらっしゃるなという印象があります。「順境は教育の敵、逆境は最大の教師」という言葉がありますが、豊かで恵まれた社会で、ちゃんとした人間になるというのはとても難しいんですね。逆に色々な障害があった方が、それに打ち勝つために努力するし、その中で自分は何者であるか、自分の優れているところはどこか、足りないところはどこか、と考えざるを得ません。日系の方は、今からは想像できないような偏見や迫害、戦争などを乗り越えられた中で、自身が受け継いだ良きもの、日本人の誇りや伝統を意識して、大事にされてきたんじゃないかと思います。それをぜひ若い世代に受け継いでいただきたいと思います。

日本にいる時に、在日アメリカ大使館で働く日系3世、4世の方と仕事でお目にかかる機会がありました。その方たちは、日本語はほとんどお話しにならないんですが、自分のルーツは日本であるということをとても意識し、色々な意味で日本の理解者であることがわかりました。アメリカで、日系の方たちがもっと社会のメインストリームに入り、重要な立場に入って行かれると心強いので、日本人としても応援したいと思いました。

また、日本から来ている駐在員や永住の人たち、特に若い人たちが、アメリカとの架け橋になってくれることを非常に期待しています。日本のいいところとアメリカ、あるいは世界のいいところを自分のものとして持つ人たちが、日米関係の担い手になっていくと思っています。バイリンガルの若い人たちが活躍するようになったら、日本人は地球のフルメンバーになれると、非常に期待しています。

日本の社会は、本当に今、多様化に向けて大きな曲がり角に立っています。アメリカがそうだったように、さまざまなバッググラウンドを持ち、色々な考え方をする人たちが同じ社会に入り、チームメイトとして働くというのは大変なことが多いです。それをアメリカは苦しみながら克服していったわけです。

これから日本もさまざまな考え方を持つ人たちを受け入れて、しかもその人たちが、「日本社会へ来て良かった」「日本社会は自分たちにいいものを与えてくれた」と思ってくださるような社会を作るのが、私たち日本人の役割だと思います。また、個人の日本人としては、どういう社会で生きていくにしても、その社会のいいところを発見して、エンジョイする丈夫な心を持たなければいけないと思います。そういう丈夫な心と丈夫な身体を持った人たちが、21世紀を支えていくんだと思います。

ばんどう・まりこ●富山県出身。元官僚、評論家。東京大学文学部卒業後、1969年に総理府入省。80年よりハーバード大学へ留学。埼玉県副知事、在豪州ブリスベン総領事(女性初の総領事)、内閣府男女共同参画局長等を経て2003年に退官。現在、昭和女子大学学長を務める。官僚として多くの女性政策関連事項に携わり、その立案を一貫してリードしてきた。官僚としてのキャリアと2児の母としての役割を両立した経験を活かし、女性のライフスタイルに関わる著作も多数。06年9月発売の新書『女性の品格』(PHP新書)は昨年大ブームを巻き起こし、累計300万部を超えるベストセラーとなった。
 
(2009年1月1日号掲載)

「特別インタビュー」のコンテンツ