エンターテイメント

今週のオススメシネマ

ジャンル コメディー
オススメ度 ★★

ダウンタウン、松ちゃんの監督第1作
奇想天外コメディー、待望のUS公開!

Big Man Japan
◎出演 |松本人志、竹内力、UA、他
◎監督 |松本人志
手持ちカメラで、インタビュアーがひたすら追いかけ続ける謎の男。おかっぱ頭で、常に折り畳み傘を携帯する大佐藤大(松本)という男。口数の少ない無愛想な男は、インタビュアーの唐突な質問に戸惑いながらも言葉を選んで答えていく。人目をはばかって、24時間常に出動可能な状態でなければならぬ特殊任務を背負った、どうやらただならぬ人物らしい…。

オープニングから、観客を謎めいた人物像に惹き込むように、台詞の端々にヒントを散りばめ、巧妙な伏線を張った、監督のよく練られた脚本が光る。そして、観客が大佐藤さんの素性についてわかりかけてきたなと思った矢先に、もの凄い正体を見せ付けられ、同時進行で、小市民的な彼の

日常を淡々と描き続ける。最近のハリウッドで描かれるアメコミの主人公たちにも似た、 必ずしも万人受けせず、無敵でもなく、失敗もすれば間違いも犯す、 等身大のヒーローを描いていて親近感が持てる。ヒーローも突き詰めれば人間。その能力にも限界があり、葛藤を感じているという『Batman』『Hellboy』『X-men』にも共通するアンチヒーローが、 大佐藤さんなのだ。

大佐藤大は、ある特殊な家系に育ち、地球を守るという任務を背負っている。それは、先祖代々継がれた由緒正しい職業で、特殊能力を持つ大佐藤さん一家だからこそできる技だ。しかし、その家族ビジネスも岐路に立たされる。大佐藤さんのおじいさんは、かつては国宝級の待遇を受けていたが、今ではボケが進んで老人ホーム暮らし。一方、大佐藤さんは、疎遠になっている妻と娘との破綻した関係を修復しようと一生懸命。地球を守りながら、家庭も両立させようとする大佐藤さん。そんな現在に生きるアンチヒーローの物語が、『大日本人』だ。次から次へとやって来る困難な敵に、大佐藤さんは今日も向かっていく!

デビュー監督作で、すっとぼけた様で、すべてを計算づくでやっている鬼才感を醸し出しているところが、松本人志のただならぬところだろう。企画、監督、主演と、まさに松本人志の“お笑いの世界感”が結集した様な本作は、2007年のカンヌ国際映画祭、監督週間部門で上映され、国際的にも話題を呼んだ。日本で公開されるやいなや、ロングランのヒットとなった。最後のオチは賛否両論だが、「こんなのあり?!?」という映画の常識を打ち破った演出には、三池崇史が1999年に監督した『DEAD OR ALIVE 犯罪者』を見た時の衝撃に似たものを感じた。既に監督第2作目『シンボル』が完成した松本人志だが、その魅力が詰まった監督デビュー作『大日本人』をまだ見ていない人は、ぜひこの機会に劇場に足を運んで見てもらいたい。

【文:Mamiko Kawamoto
ジャンル コメディー
オススメ度 ★★

ティーンのアイドル
ザック・エフロン主演の純愛コメディー

17 again
◎出演 |ザック・エフロン、レスリー・マン、マシュー・ペリー、他
◎監督 |バー・スティアーズ
アメリカでもティーンスターの人気は凄いな、筆頭に立つのがザック・エフロンだが、確かに万人受けするスターの要素を兼ね備えている。かわいい笑顔もさることながら、それなりに演技もできて、あまりケチがつけられない。映画も、それなりに笑え、感動して、楽しめる。

マイク(ペリー)は、30代半ばにして人生の挫折を味わう。仕事はクビ、最愛の女性との結婚生活も終わりを告げようとしている。人生の絶頂だった高校時代を懐古していると、謎の老人の魔法にかかって17歳(エフロン)に戻ってしまう。

人生をやり直すのではなく、自分を取り巻く人を幸せにするというストーリーのモラルが、爽やかな感動を呼ぶ、ティーンコメディーの典型。でもやはり、主役がエフロンだからこそ、皆思わずその笑顔に惹き込まれて、万事がうまくいく。美少年は得だ。
【文:Mamiko Kawamoto
ジャンル コメディ
オススメ度 ★★

【元気を出すのにオススメの一本】
人生、ポジティブに生きるのが1番!
超、前向きコメディー

YES MAN
◉出演 |ジム・キャリー、ズーイー・デシャネル、ブラッドレイ・クーパー、他
◉監督 |ペイトン・リード
自分が今、不幸せだな?と思うのは、自分の行動がネガティブだから。すべてを肯定して、「YES」と言ってみよう!そうすれば人生が好転するから…と、スピリチュアルリーダーに言われ、すべてに「YES」と答えるネガティブ男、カール(キャリー)。その途端、若い彼女はできるし、仕事も昇進。まさに気の持ちようひとつで、カールの人生は好転する。

ストーリー展開はありがちだが、このコンセプトに納得した。今の不景気で暗い世の中にこそ、この生き方が必要なのでは?

ジム・キャリーのコメディーはある程度先が読め、そのキャラが鼻につくこともあるのだが、それでも元気いっぱい笑いを届けるキャリーは、最高のエンターテイナーだと思う。次回作の純愛コメディー『 I Love YouPhillip Morris』では、ユアン・マクレガーとゲイカップルを演じ、お笑い街道まっしぐらだ


【文:Mamiko Kawamoto
ジャンル ドラマ
オススメ度

『American Psycho』『Less Than Zero』の
原作者が80年代映画スターをリバイバル!?

The Informers
◎出演 |ビリー・ボブ・ソーントン、キム・ベイシンガー、ミッキー・ローク、他
◎監督 |グレゴール・ジョーダン
ブレット・イーストン・エリスが脚本を手がけたというから期待して見たが、ありきたりな80年代を舞台にした群像劇でがっかり。

80年代のロサンゼルス。ハリウッドの映画スタジオエクゼクティブ(ソーントン)は、TV局のアナウンサー(ウイノナ・ライダー)と浮気をしている。妻のローラ(ベイシンガー)もまた、息子のグラハム(ジョン・フォスター)の音楽仲間と浮気。グラムは、仲間とドラッグ、酒、セックスに溺れる日々を過ごし、チンピラのピーター(ローク)は、子供を誘拐してギャングに売り飛ばそうとする。

80年代の音楽とファッションはgoodだが、特筆すべき見どころがない。80年代のアイコンとも言うべき俳優陣、キム・ベイシンガー、ミッキー・ローク、ウイノナ・ライダーの地をいく落ちぶれ方に、ちょっと切なさを感じた。
【文:MAMIKO KAWAMOTO
ジャンル ドキュメンタリー
オススメ度 ★★

動物、自然モノが好きな人は
迷わず見るべし!

Earth
◎監督 | アラステア・フォザーギル、マーク・リンフィールド
地球環境について考える日として提案されたアースデイの4月22日に合わせて公開された、ネイチャー・ドキュメンタリー。海洋ドキュメンタリー映画『Deep Blue』をヒットさせた英BBCが、5年間もの歳月をかけて、ホッキョクグマ、クジラ、ゾウの親子などを追ったド根性映像の集大成。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の高尚でドラマチックな音楽に合わせて、 迫力の映像で大自然の神秘を楽しめる。

最新の機材を投入し、高画質の映像で見せる自然は美しいのだが、ストーリー全体がよくDiscoveryChannelでも取り上げる、野生動物親子の成長ストーリーなので、少々目新しさには欠ける。それでも、愛らしいホッキョクグマの子供が画面に登場すると、思わず顔がほころんでしまうが。大自然を、大画面で、迫力の音質で見たい人にオススメ。


【文:Mamiko Kawamoto
▲ページトップへ