エンターテイメント

今週のオススメシネマ

ジャンル ドラマ
オススメ度

女だらけのイベントムービー
お茶の間の次は映画館をハイジャック!

Sex and the City: The Movie
Rating : R
◎主演 | サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、
    クリスティン・デイヴィス、他
◎監督 | 高田雅博

©2008 New Line Cinema

(2008年6月16日号掲載)
 「さんざん待たせておいて…」。4年待って、わざわざ大画面で見る理由がほとんど見当たらない。4人のヒロインも、4年前から飛躍的な幸せを掴むでもなく、皺の数だけ増えた気がする。爆発的な人気を博したファッションや、センスのいいジョークも空振りに終わった感じ。“人生はそう甘くはない、女は若いうちが花!”といった現実的な教訓よりも、“ひと時の夢”を見せて欲しかった。

 しかし、映画館は女性客とゲイカップルでごったがえして、チケットは軒並み完売。『マトリックス リローデッド』『300』に続く、歴代3位のオープニングの興行成績だそうだから、ガールズパワーはナメられない。お茶の間で1人観ていたTVシリーズを、満員の女性客と一緒に見る不思議な連帯感は◎。コスモポリタンをひっかけて、ほろ酔い加減で映画館に行くべし!

【 文:MAMIKO KAWAMOTO
【文:MAMIKO KAWAMOTO
▲ページトップへ