エンターテイメント

今週のオススメシネマ

ジャンル アクション
オススメ度 ★★

『トランスポーター』監督の
ハリウッド・デビュー作、まずは及第点

The Incredible Hulk
Rating : PG-13
◎主演 | エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、他
◎監督 | ルイ・レテリエ

©2008 Universal Pictures

(2008年7月1日号掲載)
怒ると緑色の巨人ハルクに変身する、ブルース・バナー博士(ノートン)が、自分の持つスーパーパワーを悪用して怪人アボミネーションと化した悪者(ロス)からNYを守る。

善と悪の戦いがきちんと描かれ、ヒーローの内面的葛藤や恋愛もちゃんと盛り込まれ、数分に1回は爆発や戦闘シーン。“スーパーヒーロー映画の教科書”があったらお手本になりそうな、アクション満載な作品だ。

でも鑑賞後に、ほかのスーパーヒーローものとごっちゃになるのは、この手の映画が立て続けに公開されているからか?

2009年にバットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンなどが総出の『ジャスティス・リーグ』が公開されたら、ますます訳がわからなくなりそうだ。ラストに“アイアンマン”こと、トニー・スタークがチョイ出演するあたり、マーベルコミックのすさまじい商魂を見た。

【 文:MAMIKO KAWAMOTO
【文:MAMIKO KAWAMOTO
▲ページトップへ