エンターテイメント

今週のオススメシネマ

ジャンル アドベンチャー
オススメ度

3Dやるならちゃんと金をかけろ!
ムダに画面が飛び出しても意味なし!

Journey To The Center Of The Earth
Rating : R
◎主演 | ブレンダン・フレイザー、ジョシュ・ハッチャーソン、
    アニタ・ブリエム、他
◎監督 | エリック・ブレヴィグ

©New Line Cinema

(2008年8月1日号掲載)
過去にも映画化されている、ジュール・ヴェルヌの小説『地底探検』を、新たに3D映画化したはいいが、独創的な映像は皆無。「どっかで見たことあるな」という、使い古された映像のオンパレード(『風の谷のナウシカ』の地底描写の方がよっぽどインパクトがあった)。背景もやたらと平坦で「どこに3Dを使っているの?」と言いたくなる始末。

地質学研究に打ち込むトレバー(フレイザー)は、亡き兄が発見した幻の地底世界を、甥のショーン(ハッチャーソン)とガイドのハンナ(ブリエム)と共に、見つけ出す。3人は無事に地底から戻って来られるのか?

『メン・イン・ブラック』『パールハーバー』で、ビジュアルエフェクトを担当したエリック・ブレヴィグの映像は、地底探検をするワクワク感がまったく湧かない安っぽさ。この手の作品はもっとお金をかけるべし!

【 文:MAMIKO KAWAMOTO
【文:MAMIKO KAWAMOTO
▲ページトップへ