エンターテイメント

今週のオススメシネマ

ジャンル アクション
オススメ度

この冬のイチオシ話題作
ファン待望の007シリーズ最新作

Quantum of Solace
主演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、
   マチュー・アマルリック、他
監督:マーク・フォースター
公開中

イギリスの諜報部に属するスパイ、ジェームズ・ボンドの活躍を描く、アクションシリーズ最新作。

前作『Casino Royale』で、6代目ジェームズ・ボンドに抜擢されたクレイグだが、新ボンド役の人気ぶりをしっかり証明。本作は、シリーズ史上最高となるヒットのオープニングを記録した。監督は、ハル・ベリーがアカデミー賞主演女優賞を獲得した『Monster's Ball』、ジョニー・デップ主演『Finding Neverland』のマーク・フォースター。

前作で、愛する女性ヴェスパーの死に傷付き、その復讐に燃えるボンドは、彼女を操り、死に至らしめたスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を尋問するうちに、「Quantum(クアンタム)」という悪の組織の存在を知る。自分が所属する諜報部内にもこの組織の者が潜入していることを知り、その裏切り者が銀行口座を持つことを手がかりにハイチに向かうボンド。そこで、クアンタムの幹部であるドミニク・グリーン(アマルリック)の愛人で、彼への復讐に燃える美女カミーユ(キュリレンコ)と出会う。ボンドは、グリーンが南米のある国が所有する天然資源を買い占めて世界を支配し、同時にその国の政府を転覆させようとしているのを突き止める。『The Diving Bell and the Butterfly』のアマルリックの悪役ぶりがいい。

オーストリア、イタリア、南米と世界ロケで描くスケールの大きさはいいが、目まぐるしく舞台が変わり、ひっきりなしにアクションシーンが続くので、少々目が回った。『The Hitman』のキュリレンコが、復讐を秘めた謎の女性としてボンドガールを好演。

【 文:MAMIKO KAWAMOTO
【文:MAMIKO KAWAMOTO
▲ページトップへ