エンターテイメント

今週のオススメシネマ

ジャンル ドラマ
オススメ度 ★★

幼少期の揺れ動く繊細な気持ちを
見事に表現

Phoebe In Wonderland
出演 | フェリシティ・ハフマン、エル・ファニング、
   パトリシア・クラークソン、他
監督 | ダニエル・バーンズ
子供向けのファンタジーかと思って観たが、意外と“痛い”感じのシリアスなドラマ。ダコタ・ファニングの実の妹、エル・ファニングが、神経症により幻想と現実の世界の区別ができず、学校でも浮いてしまう9歳の少女を熱演。

空想の世界に憧れるフィービー(ファニング)は、忙しいが優しい両親と、生意気な妹の4人家族。演劇の先生(クラークソン)の授業で、「不思議の国のアリス」の主役を演じることになり有頂天になるが、学校で問題を起こしてしまい、舞台に立つことを禁じられる。

『Desperate Housewives』のハフマンが、キャリアに対する挫折感と、子育ての責任感に押しつぶされそうになりながらも奮闘する母親を好演。クラークソンは、浮世離れした女教師を体現。ファニングの表現力と、3女優の名演技が、難しい題材をチャーミングなファンタジーに作り上げる。


©2009 THINKFilm

【 文:MAMIKO KAWAMOTO
【文:MAMIKO KAWAMOTO
▲ページトップへ