エンターテイメント

今週のオススメシネマ

ジャンル コメディ
オススメ度 ★★★

殺人現場のクリーニング!?
美人姉妹のおちゃめな感動物語

Sunshine Cleaning
◉出演 | エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、アラン・アーキン、他
◉監督 | クリスティン・ジェフズ
幼い娘を美少女コンテストに出場させるため、家族がおんぼろバスに乗って旅をする感動ロードムービー『Little Miss Sunshine』の製作スタッフの作品だけあって、今回もちょっと問題ありの家族が、一丸となって幸せに向かって行く姿が描かれ、好感が持てる。

今、旬の女優2人の共演だが、特にお姉さん役のエイミー・アダムスが光っている。それもそのはず、アダムスは、厳格なカソリック学校の新任教師を演じた『Doubt』で、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた実力派。その妹役のエミリー・ブラントは、『The Devil Wears Prada』で、アン・ハサウェイをいびる編集長のアシスタント役で一躍メジャーになった。現在撮影中で、ジャック・ブラックが出演する『Gulliver's Travels』では、ヒロイン役に大抜擢された期待の若手だ。また、『LittleMiss Sunshine』で、一風変わったおじいちゃん役を好演したアラン・アーキンが、本作でもいい味を出す。美人姉妹が心のトラウマと経済苦を乗り越えて輝いていく姿は、実に魅力的。

ローズ(アダムス)は、家政婦として働きながら、小学校に通う息子を女手ひとつで育てるシングルマザー。息抜きは、大学時代の彼氏との不倫。現役刑事の彼から、殺人現場の清掃はいいお金になると聞いて、妹のノラ(ブラント)を誘って、殺人現場掃除屋「サンシャイン・クリーニング」を始める。初めは死臭や血痕に怯える2人だが、次第にプロとしての頭角を現し、すぐに注文殺到の人気となる。

幼い頃に母親を亡くした姉妹は、いつもどこかで母親の死を引きずっている。姉のローズは美人で学校の人気者だった自分が、今では家政婦をしている現実に絶望を感じている。また妹のノラは、成人してからも自立できず、父親と暮らしている。

ローズの息子・オスカー(ジェイソン・スペヴァック)は、壁や机などを舐める変なクセがエスカレートして先生に呼び出しを食らい、退学になってしまう。ローズが仕事中、おじいちゃん(アーキン)の家に預けられたオスカーは、一緒にペテンまがいのお菓子の売り込みを始める。学校では落ちこぼれのレッテルを貼られていたオスカーだが、その商才を絶賛される。すべてが順調と思われた矢先、思わぬアクシデントが発生。サンシャイン・クリーニングは廃業に追い込まれるのか?

ブラックなユーモアが小気味いい感動ドラマとして、2008年のサンダンス映画祭で上映され話題となった。かわいらしく、愛情に溢れた家族の再生物語は、観る人の心を温かくする。小粒だが、ピリッとスパイスの利いた秀作。

【 文:MAMIKO KAWAMOTO
【文:MAMIKO KAWAMOTO
▲ページトップへ