アメリカ生活

ニュースダイジェスト

「日時はすべて現地時間」

海外

カナダで大火災
1万人以上が避難

7月19日

バンクーバーから東に170マイルほどのブリティッシュ・コロンビア南部で、大規模な火災が発生し、周辺6500世帯が危険地区とされ、住民約1万1千人が避難した。ヘリコプター、空中消火機も動員され、必死の消火活動にあたった。

ロサンゼルスで
暴力犯罪が減少

7月14日

ロサンゼルス市警察は、ロサンゼルスでの暴力犯罪件数が昨年同時期よりも6%減少したと発表した。また、08年1月から6月に発生した殺人事件が197件だったのに対し、今年の同時期は137件だった。暴力事件で8%、銃撃事件11%、犠牲者を伴う銃撃事件は18%減少した。

メジャーリーグ
オールスター戦開催

7月14日

第80回MLBオールスターゲームが、セントルイスで開催された。今年唯一の日本人選手として選出されたシアトル・マリナーズのイチロー選手は、9年連続9回目の出場。始球式は、地元シカゴのホワイトソックスのジャケットを着たバラク・オバマ大統領が務めた。試合は4対3で、オールスター記録となる13年連続でアメリカンリーグが勝利した。

「最も幸せな国」に
コスタリカ

7月4日

英シンクタンク、新経済財団(NEF)が、世界の「幸福度」についての調査結果を発表した。結果、中米のコスタリカが1位となり、日本は75位、アメリカは110位だった。人々が感じている人生への満足度や期待、環境への負荷を基準にして「幸福度指数」を算出し、それらの合計数によって決定された。

香港ディズニーランド
拡大プロジェクトが決定

6月30日

ウォルト・ディズニー社と香港政府は、香港ディズニーランドを拡大することで同意したと発表。香港ディズニーランドは05年の開場以来、来場者が伸びず、苦戦していた。ウォルト・ディズニー社は4億5千万ドルを拠出することで同意し、今後5年間でテーマエリアを4つから7つに拡大、「世界で最小規模のディズニーランド」というレッテルを返上する。

コンフェデ・カップ
ブラジルが優勝

6月28日

サッカーのコンフェデレーションズ・カップの決勝戦が、南アフリカのヨハネスブルク市内のエリスパーク競技場で行われ、南米王者のブラジルが、米国に3対2で逆転勝ちし、2大会連続、最多3度目の優勝を決めた。ブラジルは前半2点を先取されたが、後半にルイス・ファビアーノが2ゴールを決め、さらに、ルシオが勝ち越しの3点目を決めた。3位決定戦は、欧州王者スペインが延長戦の末、南アフリカを3対2で下した。

世界のミリオネア層
急激に縮小

6月24日

国際的コンサルティング会社、Capgeminiと金融機関のメリルリンチが行ったアンケートが発表され、08年は世界のミリオネア層が急激に縮小したことがわかった。不動産・株式市場が世界的に下落したことが大きく影響しており、07年までは2年連続で増大していたミリオネア層が15%減少した。

新型インフルエンザ
警戒度最高の「6」に

6月11日

WHO(世界保健機関)は、新型インフルエンザの警戒度を、現在の「5」から最高値の「6」へ引き上げると発表した。これは「Pandemic(世界的大流行)」を意味し、警戒度「6」は1968年の香港風邪以来41年ぶり。WHO関係者は、警戒度が上がったことに関する過剰な反応を避け、慎重に受け止めることへの重要性を強調した。

北朝鮮が核実験を実施
オバマ大統領「世界の脅威」

5月24日

北朝鮮は近く実験を実施し成功したと発表した。韓国や日本北部で実験を行ったと見られる時間に人工的な地震波を確認した。オバマ大統領は「国連安全保障理事会にあからさまに反逆する行為は、国際社会への挑戦に他ならない」と怒りをあらわにした。

日本人また世界一の長寿
平均寿命は83歳

5月21日

世界保健機構(WHO)の発表によると、世界一の長寿は日本人で、平均寿命は(ゼロ歳児童の平均余命)は83歳となった。特に日本人女性の平均寿命(ゼロ歳児童の平均余命)は86歳で世界一、男性の世界一はサンマリーノの81歳。

ハッブル宇宙望遠鏡
シャトルクルーが修理

5月18日

スペースシャトル「アトランティス」のクルーが、船外活動でハッブル宇宙望遠鏡の修理を完了した。今回の修理により、NASAは同望遠鏡の寿命が少なくとも5年から10年延びたと発表した。

パーキンソン病
発生関与の遺伝子を発見

5月11日

辻省次・東大教授(神経内科)と戸田達史・神戸大教授(同)の研究チームが、パーキンソン病発生に関与する遺伝子を発見、米医学紙に発表した。この遺伝子が通常の配列と異なった場合、発症率が28倍になるという。今回の発見により発生の仕組み解明や治療薬の開発が期待されている。

イラクでの婦女暴行殺人
量刑審査へ

5月10日

2006年3月にイラク中部マフムディヤで起こった婦女暴行殺人事件で、連邦地裁の陪審は、主犯格の元陸軍兵士スティーブン・グリーン被告に対し、17罪状すべてに対して有罪評決を下し、量刑審査に入った。同被告に死刑判決が下れば、元米国兵士として初めての民間法廷での死刑決定となる。

オバマ大統領
アラブでの好感度48%

5月9日

世論調査会社IPSOSの調査によると、アラブ諸国国民の48%が、オバマ大統領に好感を抱いていることがわかった。米国に対する好感度は30%に留まったことから、オバマ氏の個人的人気の高さが鮮明になった。オバマ政権は、発足以来ブッシュ前政権下で極端に悪化した、イスラム圏での対米感情改善に努めてきた。

北朝鮮政府が
オバマ政権を非難

5月7日

北朝鮮の外務省は、オバマ政権の発足後初めて同政権を名指しで非難し、核開発の再開を改めて主張した。4月の北朝鮮によるミサイル試射を「挑発」と表現したオバマ政権に対し、「政権発足から100日間見守ってきたが、北朝鮮に対する敵対的な政治体制はブッシュ前大統領時代からまったく変わっていない」と表明した。

ロクサナ・サベリさん
ハンガーストライキ中止

5月3日

イラン国内で、スパイ容疑で今年1月に逮捕、訴追され、禁固8年の判決を受けた日系米国人の記者、ロクサナ・サベリさんは、無罪を主張しハンガーストライキを実施していた。しかし、健康上の理由でこれを中止していたことが明らかになった。面会した父親によると、ロクサナさんは衰弱した状態だったという。

新型インフルエンザ
ワクチン開発に半年

5月2日

WHO(世界保健機構)は、新型豚インフルエンザに効果のあるワクチンの開発には、4カ月から半年かかる見通しであることを発表した。WHOのニーキー・ワクチン研究部長は、通常の季節性インフルエンザのワクチンはほとんど効き目がないだろうと述べた上で、5月中にサンプルを製薬会社に配布し、ワクチンの開発を急ぐと表明した。

メキシコ政府
業務を5日間停止

4月29日

新型インフルエンザによる死亡が相次ぐメキシコでは、必要不可欠な業務を除いて5月30日から連邦政府機関の業務を停止する旨を発表。また、政府は企業にも活動を一時停止するように呼びかけている。政府機関は5月6日から業務再開予定。

WHOが豚インフルの
警戒水準を引き上げ

4月27日

メキシコでの豚インフルエンザによる死者が149人になり、世界保健機構(WHO)は警戒レベルを4に引き上げた。レベル4は、世界大流行の恐れがかなり高まったことを意味する。疫病対策予防センター(CDC)では、不必要なメキシコ旅行は控えるよう促した。

海軍が船長を無事救出
海賊3人射殺し1人拘束

3月12日

海軍特殊部隊「SEALS」が、ソマリア沖の救命ボートに拉致されていたフィリップス船長を無事救出した。海賊3人を狙撃し、3人は死亡、1人を拘束した。船長の生命に危機が生じたため、オバマ大統領が狙撃を許可した。

海賊に拉致の船長
脱出を試みるも失敗

3月10日

ソマリア沖で海賊に拉致されているフィリップス船長は、救命ボートから海に飛び込み脱出を試みたが、海賊に連れ戻された。一方、フランスのヨットも海賊に乗っ取られたが、フランス海軍特殊部隊がヨットを急襲し、人質5人中4人を救出。ヨットのオーナーは流れ弾に当たって死亡した。

米貨物船の船長が
ソマリア沖で人質

3月8日

ソマリア沖で米貨物船が海賊に襲われ、船長が人質に取られた。乗組員10人は抵抗し、貨物船は奪回したが、リチャード・フィリップス船長は拉致され、救命ボートに乗せられたまま。アメリカ人が海賊被害に遭ったのは200年以上ぶり。米海軍は緊急に駆逐艦を派遣した。

オバマ大統領が
イラク電撃訪問

4月7日

欧州を訪問中のオバマ大統領が、最後の訪問地であったトルコを訪れた後、大統領就任後、初めてイラクを訪問した、駐留米兵に「帰国する時が来た」と語り、多国籍軍司令官である米軍のオディエノル氏と撤退計画などを協議し、マリキ首相とも会談予定。

イタリア中部M6・3の地震
死者150人超す

4月6日

イタリア中部でマグニチュード6・3の地震が発生し、震源地に近い歴史の村、ラクイラを中心に、少なくとも150人が死亡した。一帯は中世からの古い村が散在しており、ほぼ壊滅状態の村もあるという。

北朝鮮の飛翔体
東北上空を通過し太平洋に

4月4日

裁判所がDWPに返金命令
総額3千万ドルを利用者に

4月2日

上級裁判所は、DWP(ロサンゼルス水道電力局)に約3千万ドルを利用者に返金するか、将来のクレジットにするよう命じた。DWPは資金の一部をロサンゼルス市の一般会計に回していたが、これが税法に違反するとの見方。

モンタナで単発機墜落
子供含む14〜17人死亡

3月22日

カリフォルニア州レドランズから飛び立った単発機がモンタナ州で墜落し、搭乗していた14人から17人全員が死亡した。搭乗者の多くは6歳から10歳ほどの子供で、家族旅行の可能性が高いと見られている。原因は不明。

オークランド警察官
3人が殉職、1人重傷

3月21日

交通違反に端を発した銃撃戦により、オークランド警察の警察官3人が殉職し、1人が重傷を負った。犯人は近くのアパートに逃げ込んだが、警察官に射殺された。

全米ジャンケン大会
フロリダで開催

3月20日

初の全米大学ジャンケン大会がフロリダ州パナマシティーで開催され、シラキュース大学の学生が優勝した。優勝者は学費2万ドルを受け取った。

韓国系米人ジャーナリスト
取材中に北朝鮮に拘束

3月19日

サンフランシスコのCurrent TVの韓国系アメリカ人女性のジャーナリスト2人が、中国の北朝鮮との国境付近で取材中、北朝鮮当局に拘束されたことがわかった。

6カ月でイラク駐留米軍
1万2千人を削減

3月8日

米軍当局は、今後6カ月以内にイラク駐留米軍を、駐留米軍総数の10%に当たる1万2千人削減すると発表した。

GMとクライスラーさらに220億ドル必要

2月17日

既に政府から134億ドルの金融支援を受けていた自動車大手ゼネラルモータース(GM)とクライスラーは、経営再建計画を提出し、さらに2社合わせて220億ドルの融資が必要であると示した。

予算問題で州議会が異例の深夜会議に突入

2月14日

予算案で折り合いが付かないカリフォルニア州議会は、異例の週末深夜会議に突入した。民主党が示す税金の引き上げ案に、共和党議員が難色を示している。

ベッカムの移籍まとまらずギャラクシーに残留

2月14日

メジャーリーグサッカーのロサンゼルス・ギャラクシーは、期限付きでイタリア1部リーグのACミランでプレーしているベッカム選手のミラン移籍交渉がまとまらず、3月9日以降にロサンゼルスに戻ることになったと発表した。

イスラエル軍がガザに地上部隊投入

1月3日

イスラエル軍はガザ地区に地上部隊を投入し、パレスチナ武装組織と激しい戦闘を繰り広げた。これまでに死者は、市民を含め500人を超えた。

イスラエル軍ガザ空爆ハマス攻撃を宣言

12月27日

イスラム過激組織ハマスがイスラエルにロケット砲を撃ち込んだ報復として、イスラエル軍はガザを空爆、パレスチナ人230人が死亡した。ハマス幹部はパレスチナ人の蜂起を訴え、報復合戦が懸念された。

ブッシュ大統領に靴投げ
イラクで英雄扱い

12月15日

イラクの首都バグダッドでブッシュ大統領が記者会見中に、イラク人記者が大統領に向けて靴を立て続けに投げつけた。記者は即座に拘束されたが、イラク国民の間では「英雄」扱いされ、各地で釈放を求めるデモが相次いだ。

カナダのグレイハウンドバス
首切り事件でセキュリティー強化

12月13日

カナダのグレイハウンドバスで、睡眠中の乗客が隣席の男に首を切られて死亡した事件をきっかけに、同社はアメリカ以上のセキュリティー強化に乗り出した。セキュリティーポイントを設け、車内持ち込みできる荷物を制限し、手荷物検査を実施する。

ノーベル化学賞 下村脩氏が受賞

10月8日

 クラゲから緑色蛍光たんぱく質を発見した元ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員の下村脩(おさむ)氏が、ノーベル化学賞を受賞した。他UCCサンディエゴ大教授のロジャー・チェン氏、コロンビア大教授のマーティン・チャルフィー氏も同時に受賞。

ノーベル物理学賞 日本人学者3人が受賞

10月7日

 2008年度のノーベル物理学賞を南部陽一郎氏、益川敏英氏、小林誠氏の3人が受賞した。南部氏はシカゴ大名誉教授で、シカゴ在住。3人は素粒子物理学の発展に貢献した。

世界の全哺乳類の4分の1が絶滅の危機

10月6日

 130国以上から1700人以上の科学者を対象に実施された調査によると、全世界の哺乳類の4分の1が、人間活動が原因で絶滅の危機にあることがわかった。

中国初の船外活動した神舟7号が無事帰還

9月28日

中国の有人宇宙船神舟7号が、中国初の大気圏外での船外活動を終えて無事帰還した。神舟7号は、5号・6号に続く3機目の有人飛行船。

金融システム不安でNY市場で株急落

9月22日

金融システムに対する不安からニューヨーク株式市場は売りが先行し、ダウ平均工業株価は372ドル25セント(3.3%)安で取引を終えた。

北京五輪の閉会式開催17日間の宴に幕

8月24日

 北京五輪が17日間に及ぶ全競技を無事終了し、華やかに閉会式が開催された。懸念されたテロやデモなど大きな混乱もなく、夏季五輪のバトンは2012年のロンドンに渡された。

グリーンランドの氷河に巨大な亀裂を確認

8月22日

 北極の一部をなすグリーンランドの巨大氷河に、縦7マイル、幅約0.5マイルの広さを囲む亀裂が入り、徐々に拡大していることがわかった。亀裂が入った部分は11平方マイル(マンハッタンの約半分)で、この部分が離れるのは時間の問題と見られている。

スペインの飛行機 離陸後に爆発し153人死亡

8月20日

 スペインの首都マドリードにあるバラハス空港で、カタリナ諸島行きスパンエア航空の旅客機(乗客乗員172人)が離陸状態に入った直後に爆発し、少なくとも153人が死亡した。子供2人を含む9人の生存が確認されている。

水泳フェルプスが金8個 歴代最多記録を更新

8月16日

 北京五輪で水泳男子400mメドレーが行われ、アメリカが金メダルに輝き、マイケル・フェルプスは金メダル8個目を獲得して、1大会の金メダル獲得数の歴代最多記録を更新した。日本は銅メダルを獲得した。

五輪水泳のフェルプス 100分の1秒差で歴代タイ

8月15日

 北京五輪の水泳で米代表マイケル・フェルプスが、男子100mバタフライで50.58秒で2位のセルビア代表ミロラド・カビッチを100分の1秒差で破り、7個目の金メダルを獲得。72年ミュンヘン五輪で米代表マーク・スピッツが獲得した1大会金7個の歴代最多記録と並んだ。

石器時代の墓 サハラ砂漠で発見

8月14日

 アメリカ人考古学者グループは、約1万年前の石器時代の墓と思われる遺跡をサハラ砂漠で発掘したと発表した。当時サハラ砂漠は湖に恵まれた緑地だった。見つかった墓は現時点で200以上ある。

北京五輪開会式でCG「天使の歌声」も口パク

8月11日

 北京五輪組織委員会は、開会式で天安門広場から開会式会場まで巨人が歩いている様子をかたどった足跡の花火は、1年近くかけて作成したCG映像だったと認めた。また天使の歌声を披露した少女は口パクで、別の少女が歌った録音だった。

北京で親族殺害された米男子バレー監督離脱

8月10日

 9日、北京の観光名所のひとつである鼓楼で中国人男に親族を殺害された米男子バレのマッカーチョン監督が、遺族を支えるためにチームを離脱した。犯人はアメリカ人観光客グループを襲った後、鼓楼から飛び降り自殺した。死亡したのは監督の義父で、義母も負傷した。

南オセチア自治州でグルジアとロシア本格交戦

8月9日

 グルジアから分離を求める南オセチア自治州で、ロシア軍とグルジア軍が本格交戦に突入し、住民1400人以上が死亡した。

北京オリンピック開幕 幻想的な開会式

8月8日

 北京オリンピックが開幕し、204国が参加した開会式が「鳥の巣」会場で華やかに行われた。花火を多用し、史上最大のLCDモニターなど最新技術を駆使した幻想的な式典は、世界中の人々を釘付けにした。

州内のガソリン価格 わずかに下落の傾向

7月25日

 カリフォルニア州のガソリン平均価格は4ドル374セントで、6月19日に記録した最高値1ガロンにつき4ドル610セントより23.6セント下落したことがわかった。過去5週間連続してわずかながら下落しており、一部では4ドルを切るスタンドも出ている。

総合格闘技大会のチャンプ カーチェイス後に逮捕

7月15日

 総合格闘技大会「アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ」ライトヘビー級元チャンピオンのクイントン・「ランページ」・ジャクソンが、コスタメサからニューポートビーチまで警察とカーチェイスの末、逮捕された。ジャクソンは数台の車に衝突した後、現場を立ち去っていた。

ベルギーのビール大手がバドワイザーを買収

7月14日

 同第3位のバドワイザーで知られるアンハンザー・ブッシュは、ビール業界世界第2のインベブ(ベルギー)の買収に同意したと発表した。買収額は520億ドルと見られ、買収が成立すると世界最大のビール会社となる。

アフガン米兵9人が死亡 治安悪化が明らかに

7月13日

 アフガニスタン北東部で、駐留米軍の拠点が武装勢力に攻撃され、米兵9人が死亡、15人が死亡した。1度の交戦では過去3年で最大の犠牲者を出し、アフガンでの武装勢力の活発化と治安の悪化が明らかになった。

08北海道洞爺湖サミット ブッシュ大統領ら出席

7月6日

 08年北海道洞爺湖サミットが実施され、ブッシュ大統領など世界の首脳が続々と北海道に到着した。日本が議長を務める今回のサミットでは、50年までに温室効果ガス排出量を半分にする削減目標を提示する見込み。

ウィンブルドン男子 ナダルが初優勝

7月6日

 ウィンブルドン男子シングルス決勝権が行われ、全仏オープン優勝のラファエル・ナダルがフルセットの末、6連覇を目指すロジャー・フェデラーを制し、初優勝を果たした。全仏とウィンブルドンを同じ年に優勝したのは、80年のビヨン・ボルグ以来10人目。

ウィンブルドン女子 ビーナスが妹を下す

7月5日

 ウィンブルドン選手権の女子シングルス決勝戦が行われ、ビーナス・ウィリアムズが妹のセリーナと対決した。ビーナスがセリーナをストレートで下し、2年連続5度目の優勝を果たした。

今夏の北極は氷なしの可能性50%

6月27日

 コロラド大学全米雪氷データセンターのよると、現時点での北極の氷はきわめて薄いため、このまま氷が解け続けると、今夏には史上初めて北極点から氷が消滅する可能性は50%あることがわかった。

チャプマン大の経済学者 米は「景気後退」と発表

6月24日

 オレンジ・カウンティーにあるチャプマン大学ゲリー・アンダーソン経済研究所は、アメリカはすでに景気後退状態に突入しており、景気の回復は来年以上になるだろうと野予測を発表した。カリフォルニア州の景気回復は2年後と予測している。

秋葉原で無差別殺人 7人死亡、10人負傷

6月8日

 アニメのメッカ、東京の秋葉原で男がトラックで歩行者天国に突っ込み人をはねた後、車から降りて負傷者や警官、通行人などを次々に戦闘用のダガーナイフで襲った。これにより7人が死亡、10人が重軽傷を負った。男は現行犯で逮捕された。

ホンジュラスの国際空港で事故

5月31日

 30日、中央アメリカの国ホンジュラスの首都テグシガルパの国際空港で、タカ航空の飛行機が滑走路を飛び出すという事故を起こした。パイロット1名を含む4名が死亡。81名の負傷者を出した。以前から、同空港は滑走路が短いので危険だと指摘されていた。

さよならキティホーク

5月29日

 米海軍横須賀基地に配備されていた空母キティホークが、10年間に渡る日本での任務を終えて出港した。式典にはシーファー駐日大使が「アジアの安定のために貢献してくれた。さよならキティホーク」と別れの言葉を述べた。

中国国内のシネコン シャロン・ストーンの出演映画をボイコット

5月29日

 シャロン・ストーンがカンヌ映画祭で、中国の大地震について「チベット人に対する扱いがひどい。これは悪いことをした報い」と発言し、中国で非難の嵐が巻き起こった。その後謝罪をしたが、すでに中国国内のシネコンは、シャロン・ストーンの出演映画をボイコットすることを明らかにしている。

メモリアルデイ 国立墓地を訪れたブッシュ大統領

5月25日

 戦没将兵追悼記念日であるメモリアルデイに、ブッシュ大統領はヴァージニア州アーリントンにある国立墓地を訪れた。過去の戦争で亡くなった男女に追悼の言葉を述べ、「国家の指導者は勇気を持ち、亡き彼らに習い従い平和と自由を保持して行くべきだ」と演説した。

社会学の勉強として不法入国のシュミレーション体験ツアー

5月24日

 メキシコシティから北へ約3時間のところにあるヒルダルゴ州の公園では、毎週土曜日の夜に不法入国のシュミレーション体験ツアーが行われている。10ドルで3時間、泥だらけになりながらナイトハイキングをする。メキシコ国内からの観光客のみならず、アメリカ、ヨーロッパ、アジアからの観光客も訪れている。

「インディ・ジョーンズ」の第4作目 カンヌ映画祭で上映される

5月19日

 カンヌ映画祭で18日、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」のワールドプレミアが行われた。監督のスピルバーグ、製作総指揮のジョージ・ルーカス、主役のハリソン・フォード等がレッドカーペットに勢揃いした。作品はおおむね好評を得ているが、「スタントが多すぎる」など、否定的な意見もある。

中国の四川省大地震 被災地に日本の援助隊到着

5月16日

 日本政府の国際緊急援助隊の第一陣が、四川省北部の青川県に到着。国際援助隊の第1号到着となった。次いで、台湾、ロシア、韓国、シンガポールの援助隊が到着の予定。なお、災害対策本部は、最も被害の大きかった四川省だけで、死者数が今後、5万人以上に達するとの見通しを発表。

北極の白クマ 絶滅の危機

5月15日

 北極の白クマが絶滅の危機に瀕していると発表された。地球温暖化により、北極の氷の面積が減少。白クマの住処が激減していることに原因する。白クマは、氷の上でアザラシなどの狩りをするが、氷の減少により餌の捕獲もままならず、空腹の白クマ同士の共食いも行われているとの調査結果。

イスラエルのショッピングセンターにロケットが打ち込まれる

5月15日

 ガザのパレスチナ軍から、イスラエルのショッピングセンターにロケットが打ち込まれた。小児科クリニックが破壊され、16人の負傷者が出た。ブッシュ大統領がエルサレムにて、イスラエルの代表者と会談中に起きた事件である。

中国四川省の地震 難航する救助活動に世界からの支援

5月14日

 12日、中国の四川省を襲った大地震。死者は1万5千人に迫る、生き埋めは2万5788人。ブッシュ大統領をはじめ世界からの支援も開始され、チベット問題などで不信感を募らせていた西欧諸国との関係が修復されるのではないかと言われている。なお、中国は1976年の大地震の時には、海外からの支援を拒否していた。

中国四川省の地震で死者10000人超

5月13日

 地元時間12日午後2時28分に中国四川省汶川(ブンセン)県を震源地とするマグニチュード7.9の大地震があり、多くの建物が倒壊して人々が生き埋めとなった。13日夜明け時点で死者10000人を超えたことが判明。中国政府は被災地に兵士、武装警官および民兵等数万人と医療専門家を派遣して救助活動にあたっているが、悪天候のため難航している。

軍事組織ヒズボラが実力で西ベイルートを制圧

5月10日

 レバノンでは親シリアの野党勢力と親米・反シリアの与党支持者が対立していたが、9日金曜日、野党勢力のイスラム教シーア派の軍事組織ヒズボラが、レバノンの首都ベイルートの大部分を制圧した。そのさいの戦闘で10人以上の死者が出た模様。レバノン軍は、政治的な行詰まりのなかで中立を保つため、傍観している。

ロシアで旧ソビエト色の勝利パレード

5月10日

 ロシアでは、9日金曜日に第二次世界大戦の勝利を記念して赤の広場まで軍事パレードが行なわれ、メドベージェフ新大統領やプーチン首相らも観閲した。パレードには戦車やマシンガンのほか核弾頭を搭載することもできるミサイルも登場し、旧ソビエトを彷彿させた。

中国で「手足口病」15000人以上の子供が感染、28人が死亡

5月8日

 中国東部の安徽省阜陽市で発症した「手足口病」のエンテロウィルス71型(EV−71)は、杭州、上海などにも感染地域を広げている。5歳以下の幼児にしか発症していないことから、五輪大会への影響はないとされるが、6月から7月には発症率が高くなるので依然として注意が必要。

大型のサイクロンミャンマー南部を直撃

5月5日

 風速120メートルの大型サイクロンがミャンマーに甚大な被害をもたらした。当初発表された死者数は350名だったが、行方不明者は3,000名にのぼり、被害はさらに大きかった模様。今後、死者数は10,000名を超えるものと推定されている。

メーデーのデモ行進 ロサンゼルスでは約8500人が参加

5月1日

 メキシコからの移民を中心としたメーデーのデモ行進がダウンタウンで行われた。マリアッチの民族音楽にのせて、移民権、労働権等を表明しながらの行進。ここ数年の中では規模は小さく、比較的平和なデモ行進となった。

北京五輪開幕まであと100日 メイン会場前でパフォーマンス

4月30日

 北京五輪開幕まであと100日となった。北京ではメイン会場「鳥の巣」前で歌と踊りのパフォーマンスが行われた。北京五輪については、インフラの整備は続いているものの、チベット政策に抗議する人たちによる妨害行動も起きている。

遺伝子療法で盲目者が視力回復

4月27日

 ロンドンカレッジ大学の遺伝子学者が、レーベル遺伝子性視神経症によって盲目になっていた患者に遺伝子療法を施し、視力を取り戻したと発表した。

ティワナで乱射事件 13人が死亡

4月26日

 メキシコのティワナで、薬物取引が原因と見られる乱射事件が発生し、13人が死亡した。
ティワナでは薬物取引に関わる事件が多発しており、今年になって誘拐、暴行、殺人などが発生している。

ペルーで4千年前のゴールドネックレス発見

4月4日

 アリゾナの考古学者はペルーで、アメリカ大陸最古と見られる4千年前のゴールドネックレスを発見したと発表した。ネックレスが発見されたペルーの村は、紀元前3300年から紀元前1500年ごろに人が住んでいたと考えられている。

シャトル「エンデバー」号 土井さんを乗せて無事帰還

3月26日

 日本人の土井隆雄宇宙飛行士らを乗せたスペースシャトル「エンデバー」号が、フロリダ州ケネディ宇宙センターに無事帰還した。土井さんは日本初の友人宇宙施設「きぼう」の保管質を設置した。

南極の巨大氷河が突然崩れ落ちる

3月25日

 南極西部の160平方マイルもある巨大氷河が、突然崩れ落ちたことが衛星の画像で確認された。崩れ落ちた氷河はマンハッタンの7倍の大きさ。

イスラエルの空爆 ガザで57人が死亡

3月1日

 イスラエル軍は原理主義組織ハマスの一掃攻撃として、パレスチナ自治区ガザを空爆支援をうけた地上部隊による攻撃を開始し、市民を含む57人が死亡した。

英国ハリー王子がアフガンの前線に

2月29日

 イギリス王室チャールズ皇太子の次男で、英陸軍に属するハリー王子が、10週間前からアフガニスタンの前線で、タリバンと野戦闘に参加していることがわかった。英メディアは協定を敷き記事を伏せていたが、ドイツのウェブサイトから事実が漏れた模様。王子は即刻に帰国が確定した。

三浦容疑者の逮捕は本人のブログが決め手

2月28日

 81年にロサンゼルスで発生した三浦一美さん殺害事件で、先日の三浦容疑者の逮捕は、本人が自身のブログにサイパン旅行の書き込みをしたことで実現したことがわかった。ロサンゼルス警察では、05年以来、三浦容疑者のブログをモニターしていた。

チェス世界チャンピオン ボビー・フィッシャー死去

1月18日

 伝説のチェス世界チャンピオンのボビー・フィッシャーが、アイスランドで死去した。72年の世界大会でソ連代表を破り、冷戦時代のヒーローとなったが、経済制裁措置中のユーゴスラビアでの試合に出場して起訴された。晩年はアイスランドで市民権を得ていた。享年64歳。

エベレスト初登頂の登山家が死去

1月10日

 1953年に、世界で初めてエベレスト登頂に成功したニュージーランド出身の登山家エドモンド・ヒラリー氏が、オークランドの病院で死去した。死因は未公表。享年88歳。ヒラリー氏は世界最高峰を制覇した年、イギリス王室からナイトの称号を授与された。

パキスタンのブット元首相 暗殺され民主化に道に影

12月28日

 パキスタンのベナジル・ブット元首相が、総選挙に向けて出席していた集会場から立ち去ろうとしたところを狙撃された。男は自爆し、少なくとも20人が死亡した。民主化を目指していたブット元首相の暗殺で、パキスタンは混乱を深めている。

在米の被爆者を支援のイノウエ医師が死去

12月27日

 70年代に広島から日本の医師団を招聘し、在米の広島および長崎の原爆投下による被爆者に、治療の道を開いたミツオ・イノウエ医師が、腎不全で他界した。享年82歳。

国連気候変動会議がロードマップ採択して閉会

12月15日

 インドネシアで開催された国連気候変動会議は、京都議定書が失効する12年以降の枠組みを決定するためのロードマップを採択して閉会した。先進国の排ガス規制の数値目標は削除されたが、初めて温室効果ガスの排出削減などを盛り込んだ内容となった。

LAのモール爆破予告でオーストラリア人逮捕

12月7日

 オーストラリアのメルボルン在住の男(20歳)が、ロサンゼルスの「グローブ」ショッピングセンターを爆破するとインターネットで予告して逮捕された。男は訪米経験がなく、「グローブ」の存在もネットで知った模様。

バングラディッシュで、大型サイクロン数千人死亡

11月17日

 大型サイクロンがバングラディッシュを襲い、少なくとも1700人以上の痛いが確認された。家屋や建物は倒壊し、道路は切断されており、被害者数はさらに増えると見られている。

中国製玩具でさらに子供7人が病気

11月9日

 中国で製造されたオーストラリアに本社を置くムースエンタープライズの玩具「Aqua Dots」で、さらに7人の子供が病気になっていたことがわかった。同玩具に含まれるビーズの塗料に、デートレイプの名称を持つ薬品が使用されており、少なくとも6人の子供が入院したためリコールされた。

エアバスA380が商業飛行を開始

10月25日

 世界最大の旅客ジェット機エアバスA380が、乗客450人以上を乗せてシンガポールからシドニーに到着し、商業飛行の幕開けを切った。

往年の大女優、デボラ・カー死去

10月18日

 往年の大女優で映画『ここより永遠に』、『めぐり逢い』、『王様と私』などに主演したデボラ・カーが、イギリス東部で死亡した。『めぐり逢い』は90年代になってトム・ハンクスとメグ・ライアン主演の『めぐり逢えたら』で紹介され、再び話題になった。享年86歳。

パントマイムの巨匠、マルセル・マルソー死去

9月23日

 白塗り顔の道化師でパントマイムの代表的なキャラクターを創り出したパントマイム界の巨匠、フランスのマルセル・マルソーが84歳で他界した。死因は未公表。

世界3大テノール、パバロッティ死去

9月5日

 世界3大テノールと称えられたイタリアのテノール歌手ルチアーノ・パバラッティが、同国北部のモデナの自宅で死去した。昨年、すい臓ガンと診断されており、健康状態が懸念されていた。享年71歳。

日系人の家が、公民権博物館に

9月3日

 リバーサイドにある元ハラダ家所有の家が、リバーサイド市により公民権博物館として蘇ることになった。ハラダ一家が1915年に2世である子供の名義で家を購入。排日運動で州は没収を試みたが、リバーサイド郡上級裁判所の判決により没収を免れた。

故ダイアナ妃、没後10周年記念

8月31日

 故ダイアナ妃の没後10周年の式典がロンドンで開催された。バッキンガム宮殿では王室ならび上流階級が集い、ケンジントン宮殿の外では一般市民が集ってダイアナ妃を偲んだ。

煙突に引っかかった泥棒が逮捕

8月26日

 ウエストコビナで未明、物音で目を覚ました住民が煙突を覗いたところ、煙突の中間地点で男が身動き取れなくなっているのを発見した。男は泥棒に入って煙突から逃げようとした模様。

那覇空港で航空機炎上、乗客乗員は全員無事

8月20日

 台湾発の中華航空機が、沖縄の那覇空港に着陸直後に炎上した。乗客乗員165人は全員無事に脱出した。着陸までトラブルは報告されておらず、現在のところ原因は不明。

ペルーでM8の地震、約500人死亡

8月16日

 ペルー中部でマグニチュード8.0の地震が発生し、家屋1万6000戸以上が倒壊し、死亡者数も500人に達すると見られている。

韓国人の従軍慰安婦問題で、決議案を上程

7月31日

 戦時中の日本軍による韓国人従軍慰安婦問題で、連邦下院議会は日本政府の公式謝罪と補償を求める決議案を全会一致で上程した。決議案はマイク・ホンダ下院議員が提出したもので、委員会では韓国から渡米した元慰安婦が証言していた。

サッカーアジア杯で、イラクが初優勝

7月29日

 サッカーのアジア杯決勝戦で、イラクチームが3度の優勝を誇る強豪サウジアラビアチームを1対0で破って初優勝を飾った。イラクでは多数がテレビ中継を観戦しており、優勝が決定すると市民がイラク中で快挙を祝った。

友人が肥満だと肥満になるリスク3倍

7月25日

 科学誌『ニューイングランドジャーナル・オブ・メディスン』に発表された研究によると、肥満の友人を持つ人が肥満になるリスクは、他の人に比べて3倍高いことがわかった。交友関係による肥満の広がりは、インフルエンザなどの伝染病と似たような影響力を持つという。

ハリー・ポッター新作発売、世界中で長蛇の列

7月20日

 ハリー・ポッターシリーズの新作第7巻で最終巻となる『Harry Potter and the Deathly Harrows』が発売になり、世界中でファンが前夜から書店に並んだ。

中越沖で連続地震、M6以上が2回

7月16日

 新潟県沖でマグニチュード6.8の地震が発生。世界最大の柏崎刈羽原子力発電所では、使用済み燃料プールの水がこぼれた。余震が続く中、13時間後には余震とは別の同様規模の地震が再度発生。列車は脱線し、多くの家屋が崩壊。千人以上が負傷した。

食料の輸出入規制で、米中関係が悪化

7月15日

 今年3月、中国から輸入した原材料が原因でペット数千匹が病気になって以来、アメリカは中国からのシーフードなど多数の食糧の輸入を規制していたが、中国は対抗してアメリカからチキンやポークの輸入を規制すると発表。米中関係はさらに悪化した。

西ナイル熱で死亡。加州で今夏第1号

7月13日

 カリフォルニア州カーン・カウンティー在住の96歳女性が、西ナイル熱で死亡した。同州における今夏初の犠牲者となった。

LAカウンティーの行政局長にフジオカ氏

7月10日

 ロサンゼルス・カウンティーの管理官たちは、全会一致で新行政局長に、ウィリアム・フジオカ氏を認定した。同氏はロサンゼルス市の行政職などの経験がある。

ウィンブルドン男子、フェデラーが5連覇

7月8日

 テニスのウィンブルドン男子決勝が開催され、スイスのロジャー・フェデラーが優勝し、80年のボルグ以来、大会至上4人目の5連覇を達成した。女子の決勝は前日行われ、ビーナス・ウィリアムスが2年ぶり4度目の優勝を果たした。

新世界の七不思議、インターネットなどで投票

7月7日

 スイス出身の映画監督バーナード・ウェバーが発案した「新世界の七不思議」が、2007年7月7日に合わせて発表され、万里の長城やタジマハールなどが選ばれた。選出はインターネットや電話の投票によって行われたが、エジプトのピラミッドは選ばれなかった。

痩せ型のメス鯨が増加、地球温暖化の影響か

7月5日

  メキシコのバハカリフォルニアで越冬した後、北上してベーリング海から北極に向かう鯨の体型に、変化が出ていることがわかった。特に痩せ型のメス鯨が増加しており、専門家は北極の海温が上がったことで、餌が減ったのが原因ではないかと見ている。

「女はおしゃべり」は迷信、サイエンス誌が発表

7月5日

  『サイエンス』に発表された調査結果によると、1日に発する単語数の平均は男女とも1万6000語で、男女間で差がないことがわかった。調査はアメリカとメキシコにある396校の大学生を対象に、10日間に渡って実施された。

ウィリアム王子ら企画、母ダイアナ妃の追悼コンサート

7 月1日

 故ダイアナ元英皇太子妃の10周忌を記念して、ウィリアム王子とハリー王子が企画した追悼コンサートが、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで開催された。コンサートの模様は世界約140カ国で放映された。

グラスゴー空港に炎上した車が突入

6月30日

 イギリス北部スコットランドのグラスゴー空港に、炎上した車が突入した。前日にはロンドン中心部で、爆弾を仕掛けた車が2台発見されたばかりで、当局では明らかな類似点があるとしてテロ事件と確認し、テロレベルを「最高」に引き上げた。

エジプト初の女性ファラオ、ハトシェプストのミイラ

6月26日

 エジプト考古庁は、1903年に「王家の谷」で発見されたミイラは、エジプト初の女性ファラオであるハトシェプスト女王であることを確認したと発表した。 

パリス・ヒルトンに45日の禁固刑

5月4日

 飲酒運転で免停中に運転をして起訴されていたヒルトン一族の令嬢で、タレントのハリス・ヒルトンの公判がロサンゼルス高等裁判所で行われ、裁判官は45日間の禁固刑を言い渡した。ヒルトンは、6月5日までにレイクウッドの刑務所に出頭しなければならない。

新生ロシア初代大統領、エリツィン氏死去

4月23日

 旧ソ連のペレストロイカ時代に民主改革派として活躍し、新生ロシアの初代大統領となったボリス・エリツィン前大統領が、心血管不全で死亡した。享年76歳

ロングビーチ市庁舎で、男が焼身自殺を図る

4月19日

 ロングビーチ市庁舎を訪れていた男が、案内所で突然自分に火をつけ、焼身自殺を図った。即座に警護員が男をタックルして消火したが、男は重態。男はファウンテンバレー在住(50歳)だが、自殺を図った理由は不明。

イラクとアフガン駐留期間を延長

4月11日

 ゲーツ国防長官は、イラクとアフガニスタンに駐留する陸軍の駐留期間を90日延長し、12カ月から15カ月にすると発表した。駐留期間の延長は、10万人以上の米兵に影響する。

イランで拘束の英兵、解放され帰国

4月6日

 イラン海域に不法侵入したとして、イラン政府に拘束されていた英兵15人が、無事解放されロンドンに到着した。兵士たちは記者会見で「目隠しされ、不法侵入を認めるように脅された」と語った。

能登半島でM6.9、死者1人重軽傷191人

3月24日

 能登半島沖でマグニチュード6・9の地震が発生。輪島市内の女性が1人死亡し、石川、富山、新潟の3県で191人が重軽傷を負った。金沢市沿岸では津波も発生。余震が続いている。

覚せい剤密売の収益、2億500万ドルを押収

3月16日

 メキシコ当局は、メキシコシティーで麻薬の売買人7人を逮捕し、現金2億500万ドルを押収した。麻薬密売で押収された金額としては過去最高。現金はほとんどが100ドル札で、重さにして4500ポンド以上。現金の転送だけで、パトカー25台がキャラバンを組んだ。

ピカソの絵画2点が、孫娘宅から盗難

2月28日

 パリ在住のピカソの孫娘宅から、巨匠の娘・マヤの肖像画とジャクリーヌ夫人の肖像画2点、6600万ドル相当が盗まれた。盗難時、孫娘など2人が在宅していたが、物音に気付かなかった。

LAXの国際線、7年で12%減少

2月22日

 ロサンゼルス国際空港の国際線発着便数が、2000年に比べて12%減少したことがわかった。国際線は新装したばかりのサンフランシスコ国際空港やラスベガスのマッカラン国際空港などに移行している。

北朝鮮が核凍結、一時的に合意

2月12日

 北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議は、暫定的な北朝鮮の核凍結で合意し閉会した。北朝鮮は核施設におけるプラトニウム生産を凍結し、国際原子力機関(IAEA)による査察を受け入れる見返りとして、経済、エネルギー、人道支援などを受ける。

移民生徒数は郊外で急増

2月10日

 ロサンゼルス界隈で、英語が母国語ではない生徒の数が、郊外で急増していることがわかった。2000年から05年にかけて、サンバナディーノ・カウンティーでは25%、リバーサイド・カウンティーでは19%増加したのに比べて、ロサンゼルス・カウンティーでは18%、オレンジ・カウンティーでは7%減少した。

「地球温暖化は止まらない」、国連パネルが正式発表

2月1日

 国連「気候変動に関する政府間パネル」は報告書を発表し、「地球温暖化は疑う余地がない」として「人間活動に起因する可能性がかなり高い」と断定した。「かなり高い」は90%以上の確率を示し、「温室効果ガスを安定させても、温暖化は数百年続くだろう」と予測した。

イラクの米兵、20人以上が戦死

1月20日

 ブッシュ大統領による米兵の増派が始まったイラクでは、米軍ヘリコプター「ブラックホーク」が墜落し、乗員13人全員が死亡、他の部隊も武装勢力の攻撃を受けて、この日だけで計20人以上が死亡した。米軍ヘリは撃墜された可能性もあり、2年来で最悪の1日を記録した。

バグダッドの大学でテロ、70人以上が死亡

1月16日

 バグダッドのシーア派地区にあるムスタンシリア大学で、車2台がほぼ同時に爆発し、少なくとも70人が死亡、170人以上が負傷した。国連の報告書によると、2006年のイラク人死者は約3万4000人で、その75%は11月と12月に死亡している。

大学フットボール、フロリダ大が優勝

1月8日

 アリゾナ州スコッツデールで大学フットボール優勝決定戦が行われ、フロリダ大学ゲーターズが、41‐14でオハイオ州立大学バックアイズを下し、優勝を決めた。フロリダ大はバスケットチームも優勝し、同時に栄冠を手にしたのは同大が初めて。

チリ沖で遭難、無事救助される

1月7日

ヨットで地球一周を目指して単独航海に出て遭難したニューポートビーチ在住の男性が、漁船に無事救助され、チリの港町に上陸した。男性はチリ沖で嵐に遭い遭難。緊急のサテライトシグナルを発信したのを機に、各国が協力して救助活動に乗り出していた。

フセインの墓に数百人が弔問

12月31日

 処刑されたフセイン元大統領が眠る、フセインの生まれ故郷の墓に、外出禁止令を破って数百人が弔問に集まった。近くのティクリートでは住民が集まり「これは正義ではなく報復だ」と抗議デモを起こし、復讐を叫ぶ声も上がった。

米兵のイラク戦死者、3000人に達する

12月31日

 ブッシュ大統領が2007年度のイラク対策で増兵を検討する中、テキサス州出身の22歳の米兵が戦死し、イラク戦争での戦死者は3000人に達した。12月だけで111人が戦死し、イラク戦争開戦以来、3番目に多くの戦死者を出した。

北極の棚氷41スクエアマイルが氷解

12月30日

 2005年夏に、3000年になる北極の棚氷が、41スクエアマイルにわたってカナダの最北端から崩れ落ちていたことがわかった。厚さ100フィートにおよぶ棚氷はエルスメア島沖の北岸を漂流しており、棚氷のあった地帯は現在、海岸線になった。

イラク独裁者の最期、フセインの死刑執行

12月29日

 人道に対する罪で死刑を宣告されていた、イラク元大統領のサダム・フセインの死刑が執行され、絞首刑で処刑された。死刑確定から4日後だった。享年69歳。

イラク裁判所がフセイン死刑を支持

12月26日

 イラクの控訴裁判所は、1982年のシーア派大量殺戮を命令した罪で死刑を宣告されたフセイン元大統領の罪状に対し、「30日以内に絞首刑を実施するべき」と支持した。これで元大統領は控訴の道が断たれ、死刑が確実になった。

国連安保理がイラン制裁を決定

12月23日

 国連安全保障理事会は、ウラン濃縮活動の停止を拒否しているイランに対して、全会一致で制裁決議を採択した。制裁内容は、核兵器開発に結びつくテクノロジーや原材料の輸送禁止などが含まれる。

世界最高齢の女性、116歳で死亡

12月11日

 ギネスブックに、世界最高齢の女性として認定されていた116歳の女性が、メンフィスのナーシングホームで他界した。孫40人、ひ孫75人、さらにその子供や孫など500人以上の子孫を残した。これで世界最高齢女性は、プエルトリコ在住の115歳となった。

チリの軍事独裁者、ピノチェト元大統領が死去

12月10日

 1973年のクーデターでチリ大統領となり、以降17年間、軍事独裁を敷いたピノチェト元大統領が、急性心不全で死亡した。クーデター以降、チリでは約3200人が殺害・行方不明となっており、近年は人権侵害などの追訴が進んでいた。享年91歳。

ドル安を懸念、1ドル115.75円に

11月24日

 ユーロや日本円、イギリスポンドなど、全面的なドル安が続き、対ユーロでは20カ月来の最低値をつけた。日本円では、3カ月ぶりに115円75銭となった。

レバノン産業相、運転中に暗殺される

11月21日

 レバノン政界で将来を有望視されたピエール・ジュマイエル産業相が、白昼、首都ベイルート郊外を運転中に、交差点で武装集団に車列銃撃されて死亡した。享年34歳。同産業相はキリスト教徒だった。

APECで議長声明、北朝鮮の核を懸念

11月19日

 ベトナムでAPEC(アジア太平洋経済協力会議)が開催され、ベトナムのグェン・ミン・チェット大統領が議長声明で、北朝鮮の核実験を懸念し、国連安全保障理事会の掲載決議の実行を促した。ブッシュ大統領もハノイ入りし、同会議に出席した。

イラク高等教育省で、イラク人約70人が拉致

11月14日

 警察官のユニフォームを着た武装勢力がイラク高等教育省に乱入し、イラク人約70人をトラック30台に拉致して逃走した。チェックポイントで約20人は解放され、数人は身代金を払った後に開放されたが、拷問を受けた形跡のある遺体も発見された。

フセイン元大統領に、求刑通り死刑判決

11月5日

 1982年にシーア派村民148人を虐殺した罪で、フセイン元イラク大統領とその幹部2人に対し、イラク高等法廷は求刑通り死刑を言い渡した。フセイン元大統領らは直ちに控訴した。

4500年前に歯科医?! エジプトで墓を発掘

10月22日

 カイロ郊外のサッカラ遺跡で発見された約4500年前の墓地で、ファラオとその家族の歯を治療していた歯科医3人が発掘されたことが明らかにした。古王国第4王朝末期から第5王朝初期にあたるとみられている。墓の扉に描かれた象形文字(ヒエログリフ)から、墓の主が歯科医だと判明した。

イラクの米兵死者最悪 今月既に78人

10月21日

 イラク中西部アンバル州で米軍とテロリストが戦闘になり、米兵3人が死亡した。今月に入っての米兵の死者は78人に達し、今年の月間死者数としては最悪となった。イラク問題を主要な争点にした中間選挙を控え、米兵の犠牲拡大はブッシュ大統領にとって大きな痛手となりそうだ。

トルコでバス横転事故 邦人1人死亡26人負傷

10月18日

 トルコ中部のコンヤで、日本人観光客を乗せたバスが雨でスリップし、横転した。この事故で1人が死亡、26人が負傷した。

ローマで地下鉄追突事故 死傷者170人

10月16日

 ローマ中心部の地下鉄ビットーリオ・エマヌエレ駅で現地時間17日午前9時過ぎ、停車中の列車に後続列車が追突、少なくとも1人が死亡、約170人が負傷した。朝の通勤ラッシュ時間帯で、双方の車両に多数の乗客が一時閉じ込められ、パニック状態になった。ローマ県のセラ知事は、追突の詳しい原因は不明とした上で、テロとの情報はなく事故との見方を示した。

北朝鮮上空で放射性物質 核実験は失敗か

10月16日

 ネグロポンテ国家情報長官は声明を出し、朝鮮半島周辺で11日に採取した大気から放射性物質が検出され、北朝鮮が9日に北東部で地下核実験を実施したことが確認されたと発表した。爆発規模は1キロトン未満で、核爆発としては小規模なことから、実験は失敗だったとの見方が強まっている。一方、北朝鮮が2度目の核実験を準備している兆候があるとの報道も相次いだ。

貧困撲滅尽力のユヌス氏 ノーベル平和賞受賞

10月13日

 ノルウェーのノーベル賞委員会は06年のノーベル平和賞を、貧困撲滅に尽力したバングラデシュの経済学者ムハメド・ユヌス氏(66)と同氏が創設したグラミン(村落)銀行に授与すると発表した。ユヌス氏は83年、貧困にあえぐ農村女性らを対象に、無担保小口融資を実施する同銀行を設立。融資を受けた人々に対し、新たな収入源を確保して、返済させるというグラミン銀行の手法は、「マイクロ・クレジット」として世界各国に広がった。

自称126歳 キューバ人男性死亡

10月12日

 キューバの最高齢者で、自称126歳の男性が、同国中部シエゴデアビラの病院で心不全と気管支肺炎を併発して死亡した。男性のキューバ政府発行の身分証明書には「1880年6月19日ハイチ生まれ」と記載されているが、出生証明書などは持っておらず実際の年齢は不明。ギネスブックが認定した存命中の世界最高齢者は、テネシー州在住のエリザベス・ボールデンさんで116歳。

ロシア政府 北朝鮮に核実験情報要求

10月11日

 ロシア極東・沿海州地方の非常事態省代表部は、ナホトカにある北朝鮮総領事館に対し、同国が実施したとされる核実験と、今後予定している核実験に関するすべての公式情報を提供するよう求めた。同\代表部によると、ウラジオストクなど北朝鮮国境近くの都市では、これまでのところ放射能値に異常は見られないが、地元の気象観測所では1時間おきに大気のサンプル検査を続けているという。

巨大ダイヤ14億円で落札

10月10日

 アフリカ南部のレソトで見つかり、「レソトの約束」と名づけられた603カラット(約120グラム)のダイヤの原石が、ベルギー北部のアントワープで競売にかけられ、大手宝石会社が約1200万ドル(約14億3千万円)で落札した。ダイヤの原石としては、史上10番目の大きさで、ゴルフボールよりやや大きい。原石はハート形にカットされ、約2千万ドルで販売される予定。

北朝鮮が核地下実験 安保理の要請を無視

10月8日

 北朝鮮政府は、「核地下実験を実施し、成功裏に終わった」と発表した。これが事実であれば、北朝鮮は8カ国目の核保有国となる。北朝鮮の核実験に対しては、国連の安保理議長が、中止を要請する声明を出したばかりだった。

安部晋三氏が新総理に初の戦後生まれ

9月26日

 首相指名選挙で安部晋三自民党総裁が、第90代首相に選出された。52歳の安部新総理は、初の戦後生まれで、故田中角栄氏を抜いて戦後最年少の総理となった。

ホンダが、環境にやさしいディーゼルエンジン開発

9月24日

 ホンダは、同社の栃木研究所で、次世代の「スーパークリーン」ディーゼルエンジンを搭載した自動車を発表した。このエンジンは、09年にカリフォルニア州で施行される、最も厳しい排ガス基準を満たしている。08年には日米で、水素動力によって電気エネルギーを生み出すスポーツセダンも発売される予定。

情報機関の報告書 「イラク戦争がテロを悪化」

9月23日

 16ある連邦の情報機関は、4月に完成した未公開の報告書NIE(National Intelligence Estimate)で、「イラク戦争が世界中のテロを悪化させた」と結論付けていたことがわかった。

世界長者番付1位 13年連続でゲイツ氏

9月21日

 経済誌『フォーブス』が発表した長者番付によると、第1位は13年連続でマイクロソフトのビル・ゲイツ会長、2位は投資家のウォーレン・バフェット氏、3位は東南アジアのカジノに進出したシェルドン・アデルソン氏。トップ400人全員が、今回初めて資産10億ドルを超えた。最年少は33歳のグーグル創業者サーゲイ・ブリン氏とラリー・ペイジ氏。

アフリカで300万年前の最古の子供の化石発見

9月20日

 アフリカのエチオピアで、約330万年前の地層から、類人猿から人類に進化する途上にあった生物と見られる、アファール猿人と思われる3歳位の女児の化石を発見したとの記事が、科学雑誌『ネイチャー』に発表された。全身の骨格が揃っている子供の化石としては、人類最古。

ベネズエラ大統領 米大統領は「悪魔」と批判

9月20日

 ベネズエラのチャベス大統領は、国連総会の一般演説で、前日演説したブッシュ大統領のことを「昨日、ここに悪魔が来た。まだ硫黄の臭いが残っている」と罵り、米政府を批判した上で、「途上国には何の力もない」「国連システムは崩壊している」と国連自体も批判した。

タイでクーデター 首相は外遊中

9月19日

 タイで国軍によるクーデターが発生した。タクシン首相は国連総会出席のためにニューヨークに外遊中だった。軍は実権を掌握し、憲法、内閣、国会、憲法裁判所を無効とし、国王を元首とする「政治改革委員会」を設置すると発表。

バグダッドでテロ続発

9月13日

 イラクのバグダッドで、テロリストによる暗殺チームの犯行と思われる遺体60体が見つかった。また、道路脇に仕掛けられた爆弾テロ2件が発生し、少なくとも35人が死亡した。

米国大使館にテロ シリア当局が鎮圧

9月12日

 シリアの首都ダマスカスにある米国大使館が、手榴弾やマシンガンなどで武装した4人組のテロリストによる襲撃を受けた。シリア治安部隊がこれに応戦し、犯人のうち3人は死亡、1人が拘束された。米政府は、シリア政府に謝意を表明した。

フセインとアルカイダ やはり関連はなかった?

9月8日

 上院情報委員会は調査の結果、サダム・フセインはアルカイダと関連がなかっただけでなく、アルカイダのリーダー格アブ・ムサブ・ザルカウィをかくまっていた証拠も一切なかったとの結論を出した。

紀子妃殿下がご出産 41年ぶりに親王殿下誕生

9月5日

 秋篠宮紀子妃殿下が帝王切開で親王殿下をご出産された。身長48・8センチ、体重2558グラムで、母子ともにご健康。皇室に親王殿下が誕生したのは、父親の秋篠宮殿下以来41年ぶりで、皇太子殿下、秋篠宮殿下に次いで、皇位継承順位第3位となられる。

「クロコダイルハンター」アカエイに刺されて死亡

9月4日

 テレビや映画で「クロコダイルハンター」として知られるスティーブ・アーウィンさんが、オーストラリア沖のグレートバリアリーフで撮影中に、アカエイに心臓を一突きされ死亡した。享年44歳。

イラク人死傷者は毎月3千人以上

9月1日

 国防総省が議会に提出したイラク報告書によると、テロによるイラク人の犠牲者は、ここ数カ月で51%増と急増しており、犠牲者は5月以来、ひと月3千人を超えていることがわかった。

イラク駐留米軍 14万人に増加

8月31日

 国防総省は、イラク駐留の米軍の兵力を14万人に増強したと発表した。バグダッドで悪化する治安への対応策。

英国テロ未遂の後遺症 1日7便が緊急着陸

8月25日

 イギリスで起こったテロ未遂事件の後遺症で、空の旅に対する不安感が広がっている。この日1日で7便のフライトが緊急着陸をしていたことがわかった。いずれも深刻な問題には至っていない。

遭難のメキシコ漁民9カ月ぶりに太平洋で救助

8月15日

 昨年10月、メキシコの太平洋沿岸にあるサンブラスから漁に出て、行方不明になっていたメキシコ人漁師3人を乗せた漁船が、今月9日、5千マイル離れた太平洋のベーカー島北部の海上で漂流しているところを、マーシャル諸島共和国の漁船に救助されていたことがわかった。

英国でのテロ容疑者 パキスタンで9人逮捕

8月11日

 パキスタン政府は、米系航空機を狙った同時テロ未遂の容疑者9人を逮捕したと発表した。容疑者の1人はパキスタンに潜伏するアルカイダの幹部と面会したことを認めた。

英国でテロ計画容疑者逮捕 米航空機10機標的か

8月10日

 イギリス政府は、アメリカ行きの米系航空機10機を狙った同時テロを計画していた容疑で、24人を逮捕したと発表した。容疑者は起爆性の液体を使って、近日中にテロを行う予定だったという。全世界の空港で、水、歯磨き粉、ローションなどあらゆる液体の機内持ち込みが禁止になった。容疑者のほとんどは、パキスタン系イギリス人だった。

トルクメニスタン大統領 独立記念にベンツを支給

8月5日

 トルクメニスタンのニヤゾフ終身大統領は、独立15周年記念として、閣僚や軍の高官らにベンツを支給すると発表した。地方長官にはジープが贈られるが、綿の収穫を早めればベンツに格上げされる。

「イラク内戦の可能性大」米軍トップが議会で証言

8月3日

 中近東情勢に関わる米軍トップの司令官2人がイラク情勢について議会でし、「スンニ派とシーア派の対立は激化し、このままでは内戦につながる」と証言。年内の駐イラク米軍の撤退は無理だとの見解を示した。

イスラエルが同意 48時間の停戦

7月30日

イスラエル政府は、南レバノンから市民が避難する時間として、48時間の停戦に同意した。前日、イスラエルの空爆で女性や子供56人が死亡し、開戦以来、最大の犠牲者を出していた。

ツール・ド・フランス また優勝者にドーピング疑惑

7月27日

23日に終了したツール・ド・フランスで優勝したフロイド・ランディス選手の所属チームは、ランディスが薬物テストで陽性だったのを理由に、一時的にチームから外したと発表した。昨年まで7連続優勝を果たしたランス・アームストロングにも、ドーピング疑惑が上がっている。

国連施設空爆 職員4人が死亡

7月25日

レバノン南部のイスラエルとの国境近くにある国連レバノン暫定軍の施設がイスラエル軍の空爆を受け、 停戦監視要員4人が死亡した。アナン国連事務総長によると、イスラエル政府は国連施設へは空爆しないと約束していた。

インドネシアで地震、津波で260人以上死亡

7月17日

インドネシアのジャワ島南西150マイルの海底で、マグニチュード7.7の地震が発生。津波によって少なくとも262人が死亡、155人が行方不明になっている。

レバノン情勢悪化 空爆で死者140人超す

7月16日

レバノン情勢は悪化の一途をたどり、ヒズボラ本部が空爆されたのを始め、約1500回続いたイスラエル軍による空爆で、空港や橋、発電所などのインフラが破壊し、レバノン市民140人以上が死亡。イスラエル市民も24人が死亡した。

安保理全会一致で北朝鮮を非難

7月15日

国連安全保障理事会は15日、北朝鮮のミサイル発射を非難し、弾道ミサイル計画や核開発の廃棄等を求める決議案を全会一致で採択した。北朝鮮は直ちにこれを拒絶し、安保理を批判した。

兵士拉致に報復 イスラエルがレバノン攻撃

7月13日

イスラエル北部に侵入してきたレバノンのイスラム教シーア派テロ組織「ヒズボラ」に、イスラエル軍兵士が拉致された事件に対する報復で、イスラエル軍はレバノンの海岸線を封鎖し、ベイルート国際空港の燃料タンクや滑走路などを空爆した。これに対し、ヒズボラ側もイスラエル北部にロケット弾を撃ち込んで応酬している。

北朝鮮が弾道ミサイル発射日本海に落下

7月4日

北朝鮮は日本海に向けて、長距離弾道ミサイル「テポドン2」を含め、7発のミサイルを発射した。テポドン2と見られるミサイルは発射40秒後に爆発し、打ち上げ失敗したのではないかと見られている。

イラク駐留米兵4人がイラク女性をレイプ殺人か

6月30日

米軍は、イラク駐留米兵4人がイラクの女性市民をレイプし、女性とその家族を殺害した容疑で捜査中だと発表した。事件があったのは3月12日、バグダッド南部の町で、米兵2人の告発により発覚した。

イラク人死者5万人超す

6月24日

イラク保健省によると、2003年のイラク戦争開始以来、イラク人の死亡数が5万人を超えたことがわかった。開戦直後の混乱で記録できていない数字もあり、実数はさらに多いと見られている

フセインの弁護士また殺害 これで3人目

6月21日

イラク内務省の制服を着た男に自宅から拉致されていたフセイン容疑者の主任弁護士が、数時間後に遺体で発見された。同容疑者の弁護士が殺害されたのは3人目。

バグダッドで行方不明の米兵 遺体で発見

6月20日

行方不明になっていた2人の米兵と思われる遺体が、バグダッド南西部で発見された。遺体は切断され、拷問を受けた後が残っており、アメリカに輸送して身元の確認を急ぐ。

自衛隊のイラク撤収決定

6月19日

小泉純一郎首相は、イラク南部のサマワに駐屯する自衛隊を、2カ月以内に撤収すると自民党首脳に伝えた。サマワには現在、約600人の自衛官が駐屯している。

商業捕鯨再開への第1歩 賛成派が初めて多数派に

6月18日

 国際捕鯨委員会で、商業捕鯨を禁止する必要はないとする宣言を僅差で可決。しかし再開には投票の4分の3の賛成が必要。

北朝鮮が挑発行為 テポドン2発射か?

6月17日

 北朝鮮が長距離弾道ミサイル「テポドン2」の発射準備を進めている兆候が見られる。人工衛星から撮影された写真には、燃料用タンクがミサイル発射台近くに写っている。

あなたも孔子の子孫? DNA鑑定で確認

6月16日

 中国の北京にある遺伝子研究所が、孔子の子孫かどうかを調べるDNA鑑定のサービスを開始した。鑑定料は125ドル。同研究所がどのようにして孔家のDNAを入手したかは不明。

地球温暖化で シベリアが解凍

6月15日

 シベリアの永久凍土が、溶け出していることがわかった。このまま解凍が進むと、そこからも二酸化炭素が放出されるため、地球温暖化を速める恐れがある。

ザルカウィ容疑者発見に ヨルダン政府が協力

6月12日

 米・イラク連合軍が、攻撃で死亡したザルカウィ容疑者の居所を突き止めた陰に、ヨルダン政府の協力があったことがわかった。同容疑者はヨルダン生まれで、90年代にはテロ容疑でヨルダンの刑務所に拘留されていた。

グアンタナモ基地で 収容者3人が自殺

6月10日

 キューバにある米軍のグアンタナモ海軍基地で、中近東系の捕虜3人が、収容所内で首吊り自殺をしていたことがわかった。

米・イラク合同空爆で ザルカウィ容疑者死亡

6月8日

 イラク聖戦アルカイダ組織のリーダーとみなされ、日本人を含む多くの人質を殺害した容疑で連合軍が行方を追っていたアブムサブ・ザルカウィ容疑者が、米・イラク合同による空爆で死亡した。

国務省人権報告書 北朝鮮は最低レベル

6月5日

米国務省は各国の人身売買や強制労働についての報告書を発表し、北朝鮮を世界で最も抑圧的な国家の一つと批判。各国に対し脱北者の保護と支援を呼びかけている。

ペルー大統領選挙 ガルシア元大統領が当選

6月5日

アラン・ガルシア元大統領と、反米左派の元軍人、オジャンタ・ウマラ氏の争いとなったペルー大統領選挙は、ガルシア氏が勝利。同氏は16年ぶりの政権復帰となった。

カナダでテロ計画 容疑者逮捕される

6月4日

カナダの捜査当局はテロ未遂容疑で未成年を含む17人を逮捕し、3トンの爆発物(硝酸アンモニウム)を押収した。この量は、1995年のオクラホマ州連邦政府ビル爆破事件で使用された量の3倍。

モンンテネグロ ユーゴスラビアから独立

6月3日

5月に行われた国民投票の結果を受けて、モンテネグロ議会が正式に独立を宣言。これで旧ユーゴを構成していた6つの共和国がすべて独立国となった。

モナコ王子 パームデザートの少女を認知

6月2日

モナコ公国のアルバート王子が、パームデザートに住む14歳の少女の父であることを認めた。認知を求めて裁判を起こしていた少女の母親は、王子と出会った当時、ウェイトレスをしていた。

今村昌平監督死去

6月1日

『楢山節考』『うなぎ』でカンヌ映画祭グランプリ(現パルムドール賞)を2度受賞した今村昌平監督が、転移性肝腫瘍のため亡くなった。享年79歳。

ローマ法王 アウシュビッツ収容所訪問

5月29日

ローマ法王・ベネディクト16世が、ポーランドにあるアウシュビッツ収容所を訪れ、ホロコーストの生存者たちと面会した。

拉致被害者2人の母 日本で対面

5月28日

北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさんの夫である可能性が高い、韓国人拉致被害者、金英男さんの母親が、めぐみさんの母・早紀江さんらと対面。事件解決に向けて協力することを誓った。

国連反拷問委員会 グアンタナモ刑務所に不快感

5月20日

国連の反拷問委員会は、テロの容疑者を収容している、キューバのグアンタナモ米海軍基地内にある刑務所の閉鎖をブッシュ政権に求めた。

中米5カ国、米国の国境フェンス増強計画を批判

5月18日

米国が不法移民対策で、メキシコ国境沿いのフェンスを2倍の距離に延長する計画に対して、メキシコなど中南米5カ国は、密航者問題の解決につながらないと表明した。

ニューイングランド地方、記録的大雨

5月16日

アメリカ北東部のニューイングランド地方は先週末に記録的な豪雨に襲われ、各地で浸水した。今後もさらに降ると予測されている。

ブラジルの刑務所で3日連続の暴動

5月14日

ブラジル・サンパウロ州の46の刑務所で暴動が起こり、30人が死亡。ギャングによって仕組まれたものとみられ、一部で囚人が刑務官を人質に立てこもり、暴動は隣接州にも拡大している。

油まみれのペンギン100匹見つかる

5月11日

パタゴニアの最南端地域に、油まみれのペンギン100匹が死んでいるのが見つかった。原因は不明。

北朝鮮への食料支援、小規模で再開

5月10日

WFP(国連世界食料計画)は、北朝鮮への食糧支援を、最も必要とする190万人分だけ再開すると発表した。支援地域は、国連が配給を監視できる地域に限る。

アップルがビートルズに勝訴

5月9日

ビートルズが設立した英レコード会社・アップルがアップルコンピューターに対し、リンゴの商標の使用差し止めを求めていた裁判で、ロンドン高等法院はアップルコンピューター側に商標使用を認める判決を下した。

炭鉱事故で2週間ぶりに救助

5月8日

オーストラリア南部で起きた炭鉱事故で、2週間ぶりに最後の2人が無事救出された。この事故で14人が自力で脱出、1人が死亡した。

パレスチナの違法居住者を強制退去

5月7日

ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ヘブロンで、イスラエル警察は、退去命令を無視して居住し続けていたユダヤ人3家族とその支援者たちを強制退去させた。

脱北者が初めて米国亡命

5月6日

アメリカ政府の支援で、中国に潜伏していた北朝鮮からの脱北者6人が初の政治亡命者としてアメリカに到着した。女性4人は売春などを強制させられ、男性2人は収容所から脱走していた。

土星の月、タイタンに砂漠か?

5月5日

土星探査機・カッシーニから、土星の衛星・タイタンにある氷晶か砂でできたサハラ砂漠のような地域の映像が送られてきた。映像によると高さ500フィートの砂漠が数百マイル続いている。

韓国の米軍基地移転で暴動

5月4日

在韓米軍竜山基地などの移転先となるソウルの南40マイルにある京畿道平沢で、基地移転に反対した住民1000人が暴動を起こし、3000人以上の韓国軍や警察官が出動。200人以上が負傷した。

古代マヤ初代君主の墓発見

5月3日

グアテマラの考古学者グループが、グアテマラの創始者となる古代マヤの初代君主の墓を発見した可能性があると発表した。名もわからないこの君主は、紀元前200年頃に、その後700年続いたマヤ帝国の基礎を築いたと考えられている。

アルメニアの旅客機、黒海に墜落

5月2日

アルメニアの航空会社のエアバス320型機が、黒海沿岸のリゾート地ソチ沖で墜落した。同機には乗客乗員113人が乗っており、全員死亡した模様。同機はソチの空港に向けて着陸態勢に入った段階でレーダーから消えた。

ボリビアが天然資源を国有化

5月1日

ボリビアのモラレス大統領は、天然ガス油田などの天然資源を国有化すると発表し、新しい契約に応じない海外資本には退去を求めると発表した。

金鉱に閉じ込められ、1週間生存

4月30日

オーストラリアの金鉱で起こった事故で、地下3000フィート地点に閉じ込められていた炭鉱夫2人が、事故から1週間後、無事救出された。

キース・リチャーズが木から落下

4月29日

ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズが、フィジーでのバケーション中にパームツリーから落下して、ニュージーランドの病院に運び込まれた。容態など詳しいことは発表されていない。

IAEAがイラク制裁に

4月28日

IAEA(国際原子力機関)は、イランがウラン濃縮作業を継続していることを確認し、イランに作業停止を強制する制裁に向けて第一歩を踏み出した。

タリバン勢力が米スパイを殺害

4月27日

タリバン勢力が米スパイを殺害
アフガニスタンのタリバン勢力は、パキスタンに潜伏するアメリカのスパイやパキスタン政府支持者などを拉致し、処刑するなどして、過去2年間で少なくとも53人を殺害していたことがわかった。

イギリスで外国人犯罪者を釈放

4月26日

イギリス当局は、刑期を終えた外国人犯罪者1000人以上を、過去7年間、強制送還せずに釈放していたことがわかった。同国の法律では、外国人の場合、刑期を終了した後、強制送還するかどうかの審議をしなければならない。

エジプト爆弾テロで10人逮捕

4月25日

エジプト当局は、リゾート地の連続爆破テロの容疑で10人を拘束したと発表した。死傷者数は、死亡者18人、負傷者85人と確認された。

エジプトのリゾート地で連続テロ

4月24日

エジプトの紅海に面するリゾート地のホテルや飲食店の密集する地域で、大規模な爆発が3回、連続して発生。少なくとも23人が死亡し、60人以上が負傷した。死傷者の3分の2はエジプト人。

ビンラディンがスーダン支援を強調

4月23日

オサマ・ビンラディンの肉声テープが中東の衛星テレビ、アルジャジーラで放送された。テープでビンラディンは、資金援助停止をイスラム教徒に対する「十字軍」だと述べ、ハマスをめぐりイスラム教徒と欧米諸国との間で「戦争」が行われていると強調した。

アフガンでカナダ兵4人死亡

4月22日

アフガニスタンで、道路脇に仕掛けられた爆弾が爆発し、カナダ兵4人が死亡した。カナダ軍が米軍からカンダハール一帯の治安維持を引き継いで以来、最悪の犠牲者数となった。カナダはアフガン南部に兵士約2200人を派遣している。

エリザベス女王80歳に

4月21日

イギリスのエリザベス女王が80歳の誕生日を迎え、2万人以上の市民がウィンザー城前でバースデーソングを歌って祝福した。警察の発表では、昨年のチャールズ皇太子の結婚式よりも大勢の人が集まった。

中国で10回以上黄砂が発生

4月20日

中国で2月以来、10回以上黄砂が発生し、北京には30万トン以上の砂が降り積もった。2008年に予定されている夏季オリンピックへの影響を心配する声も上がっている。

イタリア最高裁が、中道左派に勝利

4月19日

イタリアの最高裁は、ベルルスコーニ首相が総選挙の票の再集計を求めていた問題で、ブロディ元首相の率いる野党の中道左派連合の勝利を確認した。

クルド同盟が独自の石油省設立か

4月18日

イラクのクルド同盟は、独自の議会で、石油や天然ガスなどの資源を管理する自然資源省の設立に向けて動き出した。同省が設立されると、イラク分断化を加速する可能性が高まるとの懸念が出ている。

原油価格1バレル70ドル超す

4月17日

原油価格が初めて1バレル70ドルを超し、最高値を更新した。夏のレジャーシーズンが始まる前に最高値を更新したことで、高値は秋まで続くとみられている。産油国で生産に支障が生じるようなことになれば、41バレル90ドル以上になる可能性もあると専門家は分析している。

カナダで新たにBSE感染牛見つかる

4月16日

カナダの食品検査庁は、BSEに感染した疑いのある牛が見つかったと発表した。アメリカがカナダからの牛肉輸入を禁止した03年以来、カナダでBSE感染牛が見つかったのは5件目。

チャド政府「未支払いならパイプライン閉鎖」

4月15日

チャドのハッサン石油相は、「国際社会がチャドの石油に対する支払いを行わなければ、パイプラインを閉鎖する」と語った。世界銀行は同政府がロンドンに持つエスクロー口座を凍結しており、その中には1億2千万ドル分の石油収入が含まれている。同政府は、凍結の解除か、パイプラインの使用者であるエクソンボービルなどによる支払いを要求している。

イラク警察官約30人が行方不明

4月14日

イラク警察のカリム署長は、バグダッド北部で、夜間に移動していた警察車輌が襲撃され、30人以上が死亡したと発表した。移動していた80人中、無事が確認されたのは24人で、残りは行方不明。また同日、別の場所で、米海兵隊員2人が死亡、23人が戦闘により負傷した。

イランがウラン濃縮に成功

4月11日

イランのアハマディネジャド大統領は、原子力の利用に有効な濃度のウランの濃縮に成功したと宣言した。欧米諸国はイランのウラン濃縮の最終目的は核爆弾の開発にあるとみている。

フランス政府、雇用政策を緩和

4月10日

初期雇用契約(CPE)をめぐって組合員や学生による長期ストやデモが決行されていたフランスで、仏政府は26歳以下の新入社員に対する2年間の試験期間と、その期間に雇用主が自由に解雇できる権利を撤回する緩和案を提案した。

アフガニスタンで、米軍事機密が販売に

4月9日

アフガニスタンで、米軍基地から盗難されたコンピューターなどが近くのバザーで販売されていたことが判明した。販売品の中には、機密情報の入ったメモリードライブも中古品として見つかっている。

ローリングストーンズ、中国初公演

4月8日

ローリングストーンズが、中国の上海で初公演を行った。内容は中国のロック歌手との共演など中国要素を取り入れたもの。ボーカルのミック・ジャガーは、持ち歌のうち5曲が中国当局の検閲によって演奏禁止になっていたことを明らかにした。

モスクで自爆テロ3件、78人死亡

4月7日

バグダッドのシーア派モスクで爆発テロがあり、少なくとも78人が死亡、154人が負傷した。3人が自爆したと見られているが、そのうち2人は黒い女性用の服を着ていたという。

インドネシアで『プレイボーイ』誌発売開始

4月6日

男性誌『プレイボーイ』がインドネシアでの発売を開始したが、イスラム強硬派団体などは「道徳破壊テロ」と非難、店頭からの撤去を求めている。インドネシアは世界最大のイスラム教徒人口を擁する。

北極圏で進化途中の化石発見

4月5日

魚から両生類への進化途中にある新種の化石が、北極圏にあるカナダのエルズミア島で発見された。新種の化石には、頭蓋骨、首、四肢の他にヒレ、うろこなどがあり、3億7000万年前に生存していたとみられている。

フランスで再び、大規模ストライキとデモ

4月4日

新雇用法をめぐって、フランス全土でまた学生や労働組合による大規模ストライキがあり、100万人以上がデモに参加した。フランスの調査機関BVAによると、ドビルパン首相の支持率は過去最低水準の28%まで低下した。

バグダッドのモスクで自爆テロ

4月3日

バグダッドのシーア派モスクに、爆弾を積んだトラックが突っ込み爆発。少なくとも10人が死亡、30人以上が負傷した。また、中西部アンバル州で海兵隊員3人と海軍兵1人が攻撃を受けて死亡した。

イランが水中ミサイル実験

4月2日

イランが、音響探知機を回避できる水中ミサイルの実験を行った。国際原子力機関のイラン代表は「同ミサイルに核弾頭は装備できない」と語った。

シーア派がジャファリ首相に退陣要求

4月1日

スンニ派やクルド人勢力などから反発を買っていたジャファリ首相の指導力不足に対して、これまで支持を示していたシーア派「統一イラク同盟(UIA)」も同首相に退陣要求を突きつけた。

シラク仏大統領「新雇用法に署名する」

3月31日

新しい雇用法を巡って抗議のデモが続いているフランスで、シラク大統領はテレビ演説を行い「新雇用法には署名するが、速やかに学生や組合員たちの意向に添えるような改善に着手する」と語った。

バーレーンで観光船が転覆、48人死亡

3月30日

バーレーン沖で150人を乗せた観光船が転覆し、少なくとも48人が死亡した。原因は不明。

中国で『ローリングストーン』誌の販売禁止

3月29日

中国で3月に発売開始になったばかりのロック雑誌『ローリングストーン』誌が、来月から発売禁止される。1989年の天安門事件に関係のあったロックスターの記事や、性生活を書いたブロガーの記事が中国政府の反発を買った模様。