学ぶ・育てる
Study

【活かす!イングリッシュ】Vol.66「"case" の使い方」

キャズ・カワゾエ
あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ
1週間無料キャンペーンを実施中!オンライン英会話【NativeCamp】

辞書を引くと、"case" には2つの異なった意味が載っています。一つは 「容器、入れ物」で、日本語で言うところの「ケース」。もう一つは「場合、問題、状態」、または法的な意味合いでは「訴訟、申し立て」、医療の現場でなら「患者、症例、容態」などという意味です。  

今回ご紹介するのは、後の方の "case" で、 "in" を付け、"in case ~" と文章を始める時の表現です。「〜の場合」という意味になり、色々と使えて便利でしょう。


“In case…”を使ってみる:

■ In case I’m not home, leave a note on the door.
(私が留守だったら、ドアにメモを残しておいて)
■ In case of emergency, please call my boss.
(緊急時は、私の上司に電話してください)
■ In case you never see me again, remember, I will always love you.
(もし2度と私と会えない場合、覚えておいて、いつでもあなたのことを愛しているって)  


などと、使えるわけです。そして、"just in case … " と、"just" が最初に付くと、「万が一の場合には…」という意味になり、その「場合」が明確な時には、説明を省いても使えます。例えば、雨雲が出ている時の外出時に、 "Just in case" とだけ言って傘を持つ、なんて感じに。

(2012年7月1日号掲載)

キャズ・カワゾエ
作家。医科系 A 級技術通訳。LA 留学中の 80 年代に歌手・作詞家として世界デビュー。その後は TV タレント、音楽ジャーナリスト、ラジオ DJ、コラムニストとして活躍。アメリカ文化・ 語学関連の著書多数。現在は2児の母ながら、執筆/通訳業の他に、アジア系タレントを扱う KAZ Talent Services 代表も務める。USC 文理芸術部卒。http://kazkawazoe.com


あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ


1週間無料キャンペーンを実施中!オンライン英会話【NativeCamp】

すぐに役立つ英会話・英語レッスン

アメリカの現地生活情報誌「ライトハウス」の英語レッスンコラム。使える英単語、使えるフレーズの紹介から、米国生活で欠かせない英語表現など。手軽に、簡単に、英語を覚えたいという方におすすめ。

Lighthouse編集部
Lighthouse編集部