遊ぶ
Leisure

ゴルフ南加A(なんかエエ)コース!

ゴルフライター「ヒデ・スギヤマ」による、ロサンゼルスを含む南カリフォルニアのゴルフコース情報とゴルフ雑学エッセイ。

ヒデ・スギヤマ/平日はハリウッド映画業界を駆け回るビジネスマン、
週末はゴルフと執筆活動に励むゴルフライター。

ヒデ・スギヤマ

Vol.11 Lakewood Country Club
フロリダを思わせる景観に満足のコース&プライス

サウスベイ

3101 Carson St.,
Lakewood, CA 90712
☎562-429-9711
www.americangolf.com

ヒデ・スギヤマが綴るエッセイ
ゴルフ徒然草2006
vol.11「CHAPEAU(シャポー)」はこちら


辛口スコアカード

1番ホール: プロショップの従業員の対応 (±0)
2番ホール:
ドライビングレンジ設備レベル (±0)
3番ホール:
カートと機器(GPS他)のレベル (±0)
4番ホール:
コース全体の景観 (−1)
5番ホール:
フェアウエイのコンディション (±0)
6番ホール:
グリーンのコンディション (±0)
7番ホール:
ホットドッグの味 (±0)
8番ホール:
バーのサービス内容 (±0)
9番ホール:
料金(注) (−1)
Total:
2アンダー(−2 )
注:料金は「安ければ良い」という意味ではなく、内容に見合っていたかどうか

今回はロングビーチ空港のすぐ北側、コース入口の左側には道を挟んで滑走路やハンガーの一部が見えているほど空港の近くで、しかしながら閑静な住宅街の中に位置する“Lakewood Country Club”です。以前このコーナーで、同じロングビーチ空港のすぐ東側にある“スカイリンクス”を紹介した際に、結構レベルの高い『A(ええ)コース』である内容の記事を書きましたが、こちらも負けず劣らずのナイスコースでした。当コースの噂はよく耳にしていたのですが、今回初めてプレーをしてみてすごく気に入り、ロングビーチ空港の周りは何故かいいゴルフ場が多い…と新たな発見がありました。ゴルフ好きの空港職員は、仕事前後の『ちょこっとプレー』に最適かも。ゴルフコースの詳細はウエブサイトにて。


施設関連はOKライン
ドライビングレンジも手入れ良し

まずはプロショップ。無愛想なお兄ちゃんでしたが、(いつも同じ事を書きますが)やはり彼も体育会系なのでしょうか。仕事はてきぱきとこなしていました。特に問題なし。このゴルフコースも前回のシミバレーと同じく、おそらく元々はローカルのためのゴルフコースで(カントリークラブと付いているので間違いないでしょう)、アメリカンゴルフが買収して運営、という最近多いパターンですね。このようなコースのドライビングレンジは、マイナスポイント対象の“人口芝マット”と“ネット仕切り”が当然です。でもウォームアップには問題ありません。何よりもすごく手入れが行き届いてボールも新しい。例えば平日でも100ドル以上のフィーを支払うようなコースでこの設備なら疑問ですが、価格に比例する評価としては問題ありません。


池のレイアウトは絶妙
フロリダを思わせる景観

カート。これもGPSや特別な設備がついているわけでありませんが、快適に走るという意味では問題ありません。次にコース全体の景観ですが、これには高い評価を差し上げましょう。まず池が多くて、というか実際には2つしかないのですが、非常にうまくレイアウトされていて、全18ホール中、8ホールも大なり小なり池が見えています。とてもうまく背景に溶け込んでおり、強烈な池超えというよりは、「爽やかで穏やかな水絡みの風景」という雰囲気です。大きなパームツリーも目立っており、カリフォルニアというよりはフロリダのコースに来たような錯覚を覚えました。後でふれますがリーズナブルな値段で、なかなかいい景観です。バーディにしましょう。


フェアウエイは丁寧な管理
グリーンの手入れは残念

次はフェアウエイのコンディション。問題ありません。丁寧に管理されていましたね。ただ幾つかのホールでティーグランドが少し荒れておりバーディには届かず、惜しいバーディ逃しのパーといった印象です。グリーンもパー。いつも書いていますが、LAのパブリックコースは、どこもちょっとグリーンが遅い印象。でも早くするにはその維持を行う為の人件費もかかるだろうし、何よりも初心者も来るパブリックでは、グリーンがあまり早いと全体進行が遅くなってしまうという難点があることは理解できます。でもせっかくコースもいいから、グリーンに手をかければもっとコースが引き締まるのに… 惜しいなという印象。でもコンディションという意味では全く問題ありません。ホールごとのバラつきもありません。パーにしました。

日本の「海の家」の風情
レベル問わず楽しめてリーズナブル

ホットドッグの味はまあ普通でしょう。ここのスナックバーはクラブハウスの中ではなく、コースの途中にあり、昔の日本にあった「海の家」のような風情ある建物で中々好感が持てました。日本人的には、あれでカキ氷でも売っていたら最高! 売り子の女性は(失礼ながら)若干ご年配(推定50歳代?)のきれいなお姉さんでした(いつもながらコース採点には関係ありませんが…)。プレー後のバーは、気軽に入れるカジュアルなアコモデーション。まあゴルフ場のバーは、冷たいビールさえあればこれでいいのでしょう。ただせっかくオープンスペースもあるのに、夕方の時間帯はアウトサイドが何故かクローズ。もったいない…。パーにしました。料金は週末でも55ドル。これは価値がありますね。ここのコース、いいスコアを出そうとする上級者には難しく、無難にまとめたい初級者には優しく、という基本がしっかりしており、優れたゴルフコースだと思います。そして場所もさほど遠くなく、これでこの料金はとっても良心的。珍しく料金で“バーディ”を出しました。上級者、初心者、女性、誰を誘ってもそれなりに楽しんでもらえそう。お薦めです!


ゴルフ南加Aコース一覧はこちら