学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

プレスクールの子供が乱暴な英語を使います。どう指導すれば?

プレスクールの子供が乱暴な英語を使います。どう指導すれば?

松本輝彦(INFOE代表)

子供の言語能力の習得が最優先しかし、しつけの指導も大切

幼児が、好ましくない言葉を多用するとのご心配です。

結論は、子供が自然に言葉を覚えていく段階を大切にして、友達と自由に遊ばせてください。ただし、好ましくない言葉を子供が使った時は「その言葉は使わないのよ」としつけてください。
 
相談者のお子さんは、家庭では日本語、プレスクールや友達とは英語を話していると思われます。このような場合の幼児の言葉について、いくつか気が付くことを述べてみましう


言葉を最も吸収する時期
2・3歳からプレスクール、さらにはキンダーまでは、人生で最も言葉(語彙)の数が増える時期です。
 
乳幼児の時期は、家庭内で家族が使う言葉を口移しで覚えていきます。同年齢の子供たちとのコミュニケーションが始まると、そのなかから、自宅では使わなかった多くの言葉が増えていきます。話し始めてからキンダーまでの間、特に友達との会話は言語習得の基礎で、最も大切です。親がその発達にブレーキをかけることがないようにすることが、肝心です。


言葉は家庭、社会の反映
子供は育つ家庭、地域、社会で使われている言葉を身に付けます。私は、小学生時代を漁村で過ごしました。都会の子供のように「私」「あなた・君」ではなく、「おれ」「おまえ」が普通の言葉でしたが、中学生で都会に出た時「言葉がきつい」とよく言われました。都会の友達が増えるにしたがって、言葉も変わっていきました。年齢、男女、兄弟構成などによって使う言葉が大きく変わる例は、皆さんご存知だと思います。もちろん、英語も日本語も同じです。


好ましい、好ましくない?
幼児にとっては、言葉に良い、悪いはありません。好ましい言葉かどうかは、親の判断により決まるのです。
 
親が考える幼児にとっての「好ましくない言葉」とはどんな言葉でしょうか? 発達段階順に考えてみると、相手を攻撃する言葉、暴力に関わる乱暴な言葉、人を馬鹿にしたり非難したりする言葉、あまり人前では口にしない性に関する言葉、差別用語などがあります。

ところがこれらの言葉が、好ましいかどうかは、親や社会が決めているのです。「そんな言葉を使っちゃだめよ」と親や先生が指導するのです。家庭によりその判断が異なりますので、他の子供より多く乱暴な言葉を口にする子供が出てくるのです。


言葉のしつけに日米差
アメリカでの子育ての経験から言えるのは、アメリカの方が言葉のしつけでは、厳しいように思います。学校の廊下で「Fワード」を大きな声で連発して、停学になった子供がいます。また、クラス内で差別的な言葉を口にして厳しく指導された例もあります。
 
この厳しい指導は、公衆の面前で人種差別の言葉を発して人を非難したりすると、「人種差別」の罪に問われる、多民族多文化のアメリカ社会の実情を反映しているのです


言葉の豊かな日本語?
日本語が英語に比べて言葉が豊かな言語であるとはよく言われます。その正誤は別としても、アメリカより日本の方が年齢により使う言葉に差が大きいように思います。例えば、幼児・小学生・中学生・高校生・若者、そして大人の言葉と、日本語は年齢による単語や表現の幅が大きく、豊か(?)です。
 
ところが、これをアメリカの教育から見ると、日本の子供はいつまでも大人の言葉で話をすることができない、という評価になります。
 
幼い時から大人の言葉を身に付けさせようとする日本人家庭がありますが、20歳になった時に言語能力に差が出るのでしょうか?

  
言葉はしつけの結果
こうしてみてくると、幼児の言葉は、親のしつけの結果とみなせます。これまで繰り返し述べてきたバイリンガルも、結局は家庭での日本語による言葉のしつけと学校での英語のしつけの程度で決まるのです。幼児以後の言葉の使い方は、TPO(時・場所・場合)の違いに応じてどんな言葉や表現を使えるようになるかのトレーニングなのです。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
色々述べましたが、幼児の言葉の習得は「親のしつけ」の結果であることを頭に置いて、学校や地域の子供と大いに遊ばせてください。言語習得と知的発達に最も効果的です。


(2010年2月16日号掲載)