暮らす
LIFE

病気の処方Q&A

かかりやすい病気や怪我の症状と、治療のポイントを解説。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

歯周病

日本人の80%がかかっている病気

 アメリカでは歯を失う第1の原因は歯周病によると言われ、日本でも成人の80%がかかっていると言われています。初期は自覚症状があまりなく、放置していると膿が歯の間からにじみ出て口臭がひどくなり、最後には歯を抜く結果になってしまう病気です。

 歯は、歯根という根が顎の骨の中(歯槽骨)に、歯根膜に支えられて植わっていますが、歯周病になると歯槽骨が溶けて根を支える部分が少なくなり、歯周ポケット(歯茎の上辺部から根が歯槽骨に支えられている間の距離)の中に膿が蔓延して、歯茎から膿が出てきます。歯周病の主な原因である歯垢は、歯の表面に集まる目に見えない細胞でできたネバネバした薄い膜のことで、放置すると次第に固くなって歯石となります。

 歯周病は単に口の中だけの病気ではなく、全身の健康にも影響があることがわかっています。また、歯周ポケットのある人は、心臓、血管病との関連が指摘されています。糖尿病患者の歯周ポケットの浸出液中には、歯周病を進行させる炎症性物質が多いために歯周病が進行すると考えられ、同時に歯周病が糖尿病を悪化させている可能性も考えられます。


最良の治療は予防ゴシゴシ歯磨きは×

 遺伝的な要素もあり、家族で重症の歯周病にかかったことがある家系では特に注意が必要です。また喫煙は、歯周局所で防御反応をする白血球の機能を低下させたり、血管を収縮させて歯肉の血行を悪くさせるため、歯周病原菌に対する抵抗力を低下させます。

 最良の治療は予防です。歯垢が付くのを防ぐことが大事で、毎食後、口内の掃除が必要です。特に歯間の汚れは歯ブラシでは届きません。デンタルフロスで取り除きましょう。歯垢は強くこすることで取れるものではなく、ゴシゴシ磨くとかえってエナメル質が削り取られてしまいます。振動で歯垢を落とす「電動歯ブラシ」がおすすめです。

 ただ毎日の歯磨きでも取り残しが堆積するので、6カ月ごとに歯科医師に歯垢除去をしてもらうクリーニングが必要です。クリーニングでは除去できない深い部位の歯垢・歯石は、局所麻酔を施し、頑固に付着した歯石を取ります。さらにひどい場合は、歯茎を切開する外科手術を行います。



山田敏郎歯科医
ロマリンダ大学歯学部卒業
ロマリンダ大学歯学部助教授