ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

脳における言語

Lighthouse編集部


プロセス成人日本人の脳では「R」「L」は変な音?

 コーネル大学のジョイ・ハーシュ教授の研究室では、FMRI(Functional Magnetic Resonance Imaging)というテクノロジーを使って、第1言語と第2言語が脳の中でどのように処理されるのかを研究した。その結果、言語の表出を行うブローカー中枢(運動性言語野)では、第1言語と第2言語の間には距離があるが、言葉の理解を行うウェルニッケ中枢(感覚性言語野)が反応していると、2言語間の距離がほとんどなくなることがわかった。

 一方、幼い時期にバイリンガルになり2カ国語を流暢に操る人たちは、ブローカー中枢とウェルニッケ中枢のどちらにおいても、2言語間に距離が認められないという結果が出た。つまり、大人になってから外国語を習得するのが困難になるのは、言語理解の衰えが原因ではなく、脳から口や顎へ表出する運動能力の衰えが原因というわけだ。

 1999年、認知神経科学協会の会議で日本人を対象にした研究を発表したのは、ピッツバーグ研究室のジェイ・マクリーランドさん。日本人にとって「R」と「L」の聞き分けが難しいのは、脳が成長してしまうと聞き慣れない音は「変な音」として認識されるから。日本人と英語のネイティブスピーカーに英語を聞かせて脳のイメージを調べたところ、日本人は脳の1部しか反応しないのに対して、ネイティブスピーカーの場合は、それぞれの音に合わせていろいろな部位が反応するという結果が出た。大人になってから馴染みのない音を聞き分けるには、脳の回路を配線し直す必要があるのだ。


(資料:www.brainconnetion.com、
参考文献:"Nature" Vol 204, p 190-193,
"Growth patterns in the developing brain
detected by using continuum mechanical
tensor maps.")

言語中枢の発達は6歳から13歳まで

 UCLAのポール・トンプソン博士の研究室では、健康な3〜15歳の子供の脳を、2週間〜4年のペースでMRIを使って調べた。ネイチャー誌(2000年3月9日号)に発表された報告によると、3〜6歳までは前頭葉が発達し、6〜13歳で急激に前頭葉から言語中枢のある後方に向かって発達する。

 また脳腫瘍や脳に損傷を負った患者を調べたところ、思春期前の患者は、言語に関わる大脳皮質を除去したとしても、脳が柔軟なため言語能力を補うことができるが、思春期以降に除去した患者は、言語能力を取り戻すのが難しいという結果が出た。13〜15歳で運動神経を司る脳細胞の50%が柔軟性に衰えが現れ、「脳が硬い針金でできたようになっていく」(トンプソン博士)らしい。外国語の習得という観点だけで見れば、「6〜13歳が最も習得しやすい年齢」(トンプソン博士)という結果となった。

(2005年5月16日号掲載)