ライトハウス
Magazine Information

タウンガイド特集 SanDiego

みんな大好き!日本のパン&ケーキ屋さんに行こう!
パン&ケーキのトリビア

Lighthouse編集部

焼き立てパンの匂いと、ふんわりケーキの甘さは、いつでも私たちを幸せにしてくれる。日本人にお馴染みの顔ぶれから世界各国の代表選手まで、奥が深いパンとケーキの小話をお届けしよう。


 今から約6000年前のメソポタミアでは、小麦粉を水でこね、焼いただけのものを食べており、それがパンの原形と言われている。その後、古代エジプトで、醗酵させたパンが誕生し、古代ギリシャでは本格的なパン職人が登場。ブドウ液から作られた酵母も使われるようになり、パンの量産が始まる。やがてヨーロッパからアジア、アフリカへと広がったパンは、世界各地で様々な形で主食として取り入れられるようになる。

 日本には、戦国時代に鉄砲やキリスト教とともに伝えられ、フランシスコ・ザビエルらの宣教師がパン作りを始めたそうだ。その後、1840年の中国におけるアヘン戦争時に、日本に外国軍が攻めてくることを恐れた徳川幕府が、米炊きの煙が敵方に居場所を知らせることを避けるため、保存性の面でも優れているパンを兵糧として作らせた。鎖国が解かれた1854年以降は、横浜や神戸などの港町を中心にパン作りが広がり始め、食生活の洋風化が進んだ第二次世界大戦後は、米に次ぐ主食として定着した。