ライトハウス
Magazine Information

タウンガイド特集 SanDiego

アメリカ
初ドライブの注意点

Lighthouse編集部

クリスマスやお正月休暇に、日本からLA・サンディエゴを訪ねる計画の方も多いはず。
カリフォルニアの観光には、やはり車が便利ですが、日本とは交通ルールや道路事情も違い、戸惑いますね。
そんな方に向けて、初ドライブの注意点をご紹介いたします。こちらに在住の方も、レンタカーを借りる予定の友人やご家族へ、今一度伝えておくようにしましょう。


 ̄βδ鵡
アメリカの車は左ハンドルの右側通行。「慣れれば大丈夫」という人でも、駐車場から広い道に出る時や、周りに車が走っていない時など、ふとした瞬間に忘れてしまうことが多いので気をつけて。また、フリーウェイでは遅い車が右車線を走る。

右折と左折
カリフォルニア州では「NO TURN ON RED」の標識がない限り、赤信号の間も右折できる。一時停止し、安全が確認できたら右折する。左折は中央車線から交差点の中央手前まで進入し、対向車が来なくなったら左折。この時、間違って左車線に入らないように。信号に青矢印が表示される場合は対向直進車用のサインは赤になっているので安心して左折できる。ちなみに、信号に「NO U TURN」と書いてある場合は、Uターン禁止。

0貉停止
住宅地などでは信号の代わりに赤い「STOP」サインがあることも。停止線の前で止まり、先に停止線に着いた車から発進。また、日本では踏み切りは一時停止するが、アメリカでは一般車は停止する必要がない。

ざ杁渕嵶召悗梁仆
救急車やパトカーが緊急を知らせるサイレンを鳴らしながら近づいてきたら、車を路肩などに寄せて一時停止し、緊急車両が通り過ぎるのを待つ。その後の発進は後ろから来る車に気をつけて。

駐車について

]上駐車
住宅地などでは路上駐車をすることが多いが、縁石の色に気をつけて。赤は駐車禁止、白は人の乗り降り、郵便物を出したりする短時間の停車、緑は時間制限あり、黄色は荷物の積み下ろしのみ、青は障害者専用となっている。また、色がついていない縁石でも消火栓がある場合は駐車禁止。

▲僉璽ングメーター
路上の有料駐車スペース。短時間の場合は利用しやすいが、時間超過した場合には罰金を取られるので、余裕を持ってコインを入れたい。コインはクォーター(25セント硬貨)の他、ダイム(10セント硬貨)、ニッケル(5セント硬貨)が使えるものも。あらかじめ、クォーターをたくさん持って出かけると良い。夜6時以降など、時間帯によってコインを入れなくていい場合もある。

障害者専用スペース
駐車場には、青い車椅子のマークのついたスペースがあるが、ここは車椅子マークのプレートをつけた車だけが駐車できる。間違ってここに停めると高額な罰金を取られる。

日本語の通じるレンタカー会社はこちら

記事『日本からのゲスト アテンドマニュアル セルフガイド編』はこちら