ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

日々の努力で大きな効果
目からウロコの節約術 (1)

Lighthouse編集部

「あそこのお宅、収入はウチと変わらないはずなのにマイホームを買ったんですって。なぜ?」なんて、不思議に思ったことはないだろうか。何てことはない。
その秘密は、日々の生活で節約上手なだけ。でも、その"少し"が何年、何十年と積み重なると、とてつもなく大きな差になるのだ。そこで、カンタン節約・倹約術を紹介。今日から早速、始めてみませんか。


節約の基本その
できる限り安く買う

●PriceGrabber.com
家電、カメラ、家具など、大型商品の価格を比較・
閲覧できるサイトwww.pricegrabber.com

ヒント _然並咾離螢機璽

食品からトイレットペーパーやシャンプーなど、毎日消費する物には、それぞれお気に入りのブランドがあり、毎回同じ物を買う人が多い。また、消費量が多ければ多いほど、その単価が重要となることなどを考えると、自分の欲しい商品が、どの店がいくらで販売しているのかをリサーチし、その商品の「おトク価格ゾーン」を知っておこう。
 
リサーチするには、やはり自分で足を運んで調べるのが手っ取り早い。例えば、食品や小さな日用品に関しては、いつも同じ店ばかりで買い物していると適正価格が判断できなくなるため、時には違う店にも足を運ぶことがオススメ。大手スーパーなら、ウェブサイトでも週ごとのチラシが閲覧できる。カメラや家具など高価な商品を購入する場合は、さらにリサーチが重要。オンラインショッピングなら、送料やサービス料が含まれているかどうか、販売サイトが信頼できるかどうかなど、きちんと確認することが必要だ。店頭購入ならば、他店と価格を比較した上での割引があるか、値札からさらなるディスカウントがあるかなどの交渉も忘れずに。




●CouponMom.com
食品や日用雑貨を中心としたクーポンの情報が満載
www.couponmom.com
●RetailMeNot.com
商品名や店名でクーポンコードを検索できる
www.retailmenot.com

ヒント◆ クーポンのフル活用

郵便受けに無造作に配布されるスーパーマーケットや専門店のクーポン。もちろんこれらの活用も、有効な節約術となる。行きたいレストランや欲しい商品がある場合は、事前にその店のウェブサイトをチェック。最近では、オンラインのみのディスカウントや、プリントアウトして使えるクーポンなどが提供されていることが多いからだ。
 
また、下に紹介するウェブサイトでは、日常品から電化製品、ギフト、ジュエリーなど、あらゆるクーポンの情報が検索できる。特に毎日消費する生活必需品は、クーポンをなるべく賢く使って、できるだけ安く手に入れたい。




●e-Rewards.com
サイト上でアンケートに答えてポイントを貯めると、航
空会社のマイルやギフトカード、割引券などと交換
できるウェブサイトwww.e-rewards.com

ヒント メンバーシップのポイントを貯める

ご存知の通り、スーパーマーケットではポイントカードが広く利用されているが、スポーツ用品店や電化製品店などの専門店でも、無料でポイントカードを提供している。買い物した金額によりポイントが貯まり、一定の金額に達すると商品券などがもらえるシステムを採用している場合が多い。
 
ほかにも、アメリカ自動車協会(AAA)では、メンバーにあらゆるディスカウントの機会を提供。夏季限定として、レゴランドやサンディエゴ動物園、シーワールドユニバーサルスタジオなどの割引サービスのほか、レストランやホテルでの割引なども多数ある。




ヒントぁ。噂鬼嵎の献立表を作る

スーパーマーケットで無駄使いしない鉄則は「お腹が空いている時には行かない」こと。しかし、もっと効率の良い買い物の仕方がある。それは、買い物リストを作ることだ。
 
まずは1週間分の献立表を作り、それに従って、朝食、昼食、夕食の3食で、どんな食材が必要かを表にまとめる。そして、買い物の際は、そのリストに沿って購入するのだ。
 
中級者以上ならば、セール品を中心に献立を考えれば、食べ物を無駄にしない上に、とても経済的。さらに上級者ともなれば、2週間先まで見通し、セール品を最大活用する。加工品などは、セールの時にまとめ買いした方が断然おトクなのだ。




ヒントァ〇期をずらして安く買う

季節物は、少し時期をずらせば30〜50%オフは当たり前。時には80%オフなんて代物も登場する。例えば、翌年も確実に使うと思われるクリスマスやハロウィーン関連商品は、この時まとめて安く買っておけば、シーズン時に高値で買う必要がなくなる。
 
家族や友達への誕生日プレゼントも同様だ。誕生日は毎年決まっているわけだから、年間を通して、いつ、誰に、どんなプレゼントを贈るかをきちんと把握しておくだけで、その商品が安くなった時を狙って買うことができる。年間のギフト計画をきちんと立て、実行すると、かなりの金額が節約でき、
しかも切羽詰まってプレゼントを考えるという煩わしさも解消される。


※みなさんの《目からウロコの節約術》アイデアを教えてください!
ライトハウスではロサンゼルス LighthouseLA.netとサンディエゴ LighthouseSD.netのコミュニティサイトで地域の人々と書き込みを通して意見交換をしませんか?
おもしろ節約術やとっておきのお得情報等をお待ちしています。