ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

食はエンターテインメント ショーが楽しめる ディナースポット(2)

Lighthouse編集部

中世の騎士や海賊が活躍するファンタジーショーから、エキゾチックなダンスに推理劇まで、さまざまなショーと共に楽しむ食事はいかが? 日常をしばし忘れさせてくれる、ショーが楽しめるディナースポットを紹介。雰囲気に酔って、目一杯楽しんじゃいましょう!


※みなさんの《食はエンターテインメント ショーが楽しめる ディナースポット》情報をお寄せください!
ライトハウスではロサンゼルスのコミュニティサイトLighthouseLA.netで地域の人々と書き込みを通して情報交換をしています。みなさんのとっておきの情報をお待ちしています。


【中世騎士ショー】

食事は手づかみ火花を散らす迫力の殺陣

Medieval Times Dinner and Tournament  Buena Park
・金属製の食器に盛られたディナーは手づかみで
・中世のおどろおどろしい拷問道具が展示される
拷問美術館

先述したPirate's Dinner Adventureの隣にあるMedieval Timesは、中世ヨーロッパの世界と食事(現代風)が同時に楽しめる、北米で最も歴史の長いディーナーアトラクション。元々、スペインの本物の城で開いていたショーが発祥で、1983年にフロリダに初上陸し、現在ではここブエナパークも含め、全米に9つの「城」を構えている。ブエナパークはフロリダに次いで2番目に古い城だ。年間40万人もの人が訪れ、あらゆる世代に人気のスポットとなっている。
 
建物は、11世紀のヨーロッパの城を模倣して作られており、場内は中世のスペインを彷彿とさせるデコレーションがなされている。入場する際に王冠が配られ、その色が当日着席するエリアを示している。
 
マーケットプレイスと呼ばれるギフトショップには、中世の武具の精巧なレプリカが飾られているほか、当時の拷問道具のレプリカが展示される中世拷問美術館(別途入場料が必要)もある。一歩、足を踏み入れれば、そこは中世そのもので、タイムトラベルをしたかのような錯覚に陥る。
 
また、ショーの騎馬戦などで使用する馬の厩きゅうしゃ舎がガラス張りで見られる。スペインのアンダルシアの馬は、テキサスの牧場で調教され、保有する30頭のうち12頭が実際に見られる。
 
ショーの開始約1時間前から、プレショーが始まる。予め申し込んでおくと、ステージで王様による騎士の任命式に参加できる。誕生日など特別な日にはもってこいだ。ショーフロアに入る前に大臣(Chancellor)によるショーの説明があり、観客のテンションを巧みに盛り上げる。王冠の色別に順番で会場に入場していく。


「ラブストーリー、勧善懲悪、アクション、特
殊効果と、見どころ満載のショーです。迫力
と世界観を、ぜひ1度、実際に目で見て、肌
で感じで確かめてください」と、大臣役でスポ
ークスマンのビル・ヘインスワースさん

ショーは、フィリップ王と義娘のリオノア王女が、長年の戦争と犠牲の後で、ようやく訪れた平穏を祝うところから始まる。観客は、フリップ王のパーティーに招かれたゲストの設定。観客席は6種類の色に分かれており、それぞれ中世スペインに実在した領地を象徴している。その後,リオノア姫の回想によって、夫であるトリスタン王子が再び悪化した宿敵リオンとの関係修復を図り、決死の覚悟で城を飛び出した事実が明らかになる。迫力たっぷりのトーナメントシーンでは、騎士たちの見事な剣さばき、騎馬戦、鷹狩りの技術などが披露される。ショーは中世の闘いを再現しつつ、ハリウッドの最新技術を使用し、より見応えのあるものになっている。武具は金属製で、剣と剣、斧と楯がぶつかって、火花を散らすことも。
 
さて、ディナーだが、中世がテーマということでフォークやナイフは一切出てこない。「Hands-on Dinner」と呼ばれているゆえんだ。食器も重厚な金属製。前菜のスープは口を直接付けてすすり、鶏のモモのローストやバーベキューリブは、手づかみでワイルドに食べる。もちろん、どれも温度が最適に調節してあるので、冷えていたり、ヤケドを負うような心配はいらない。最近、ベジタリアンメニューも導入されたので、肉が苦手な人も安心だ。

中世ファンタジーの世界で繰り広げられる迫力の格闘劇。その独特の雰囲気は、ぜひ体験してみたい。


王と騎士団の入場(左)大臣役は、ショーのMCとなる(中)迫力の騎馬戦(右)

Medieval Times Dinner and Tournament
7662 Beach Blvd.Buena Park
☎1-866-543-9637
www.medievaltimes.com
Show
通常、5:00pm〜8:30pmに開始
*時期や日によって時間は異なるので、上記ウェブサイト参照
料金:$55.95(+Tax)(12歳以上)、$37.95(+Tax)(12歳未満)



【殺人推理ショー】

誰も信じてはいけない船内で起こる殺人事件を推理

The Dinner DetectiveLong Beach
・ロ ングビーチ港に停泊するクルーズ船「The Grand
Romance」が舞台
・第一の殺人事件の現場…
・ メインの「Beef Tri Tip」( 左)と「Chicken
Wellington」。他にも「Sicilian Lasagna」(ベジタリア
ン)、「Baked Atlantic Salmon」からチョイスできる

ディナークルーズを楽しみながら、ミステリーショーの舞台に自らが参加できる。そんなユニークな体験ができるディナースポットが、ロングビーチの「The Dinner Detective」だ。毎週金、土曜日に、ロングビーチ港に停泊するクルーズ船「The Grand Romance」が舞台となる。事件は自分が食事をするテーブルで起こり、参加者全員が探偵と一緒になって犯人を突き止めていくという観客完全参加型のディナーショー。しかも、キャストは予め参加者たちの中に巧みに紛れ込んでいて、自分が座る隣の席の人が、ストーリー上で殺害されたり、犯人という可能性もある。
 
船にチェックインし、名札を付けた時点から、ショーはスタートする。一緒に配られる注意書きには「Trust No One」と書かれている。キャストは自分たちと同じようにチェックインして名札を付けているため、参加している全員が容疑者というわけだ。

ショーの進行を務めるボビー・ラックスさんが、まず参加者にショーのルールなどを説明する。既にその時点で、参加者たちは「誰が犯人だ?」と、同じテーブルで話している相手までも疑うようになる。そして、第一の殺人が起き、探偵が登場、それと共に船は港を出港する…。

ストーリーの進行に従い、4 コースのディナーがサーブされる。アントレ(サーモン、ビーフ、チキン、ベジタリアン)、デザート(ピーチコブラ、ラズベリーソルベ、チーズケーキ)は、好みで選択できる。そして、渡された質問事項に沿って、居合わせた客や乗組員に「取り調べ」をし、探偵によって明かされる謎解きのヒントと組み合わせながら、犯人をズバリ推理する。犯人が誰で、どのような経緯で犯行に至ったかを正確に当てた参加者には、豪華賞品が贈られる。ほかにもユニークな推理や破天荒な推理をした人も表彰される。


・「 参加者全員が参加できる点が醍醐味」と話す、MCのラックスさん
・「 Trust No One!」。警察官役などキャストとわかっている人は、犯人から除外される
・第一の殺人が起こると探偵が登場。参加者たちに犯人推理のヒントをくれる

ストーリーは日によって異なり、定期的に新作と入れ替えられているので、「同じ事件に当たる可能性はまずありません」(ラックスさん)とのこと。英会話力は必要だが、ミステリーファンならずとも、ぜひ参加してみたい。

The Dinner Detective
The Grand Romance

200 Aquarium Way Dock #4Long Beach
☎1-866-496-0535(予約)
www.thedinnerdetective.com
Fri: 8:00pm〜、Sat: 6:30pm〜
料金:$71.95(+Tax)〜




  • シェア
  • ツイート
  • Eメール
  • 印刷