ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

北米最大の韓国コミュニティー
LAコリアタウン探訪(1)

Lighthouse編集部

ロサンゼルスに広がる巨大コリアタウン。
街にはハングル文字が溢れ、店に入れば韓国語の嵐。
たまに「No English」の店もあるほど。
しかし、そんなコリアタウンには、焼肉屋、格安雑貨ショップ、クラブにカラオケ、
おまけにエステやスパと、楽しいことがてんこ盛り。
熱い熱い街コリアタウンを、早速探訪してみましょっ!


コリアタウンってこんな街

「コリアタウンは治安も良くなり、エリアも拡大中のパワフル
な街」と佐々木さん

コリアタウンの街の特徴を知るために、コリアタウンの中心地にオフィスを置く、Coldwell Banker Wilshire Real Estateの不動産エージェント、佐々木あき子さんに話を聞いた。
 
「南北はBeverlyからPico、東西はWiltonからHooverの間のエリアをコリアタウンと言うことができます。不動産は、賃貸物件が多く、他エリアに比べてレントが割安になっています。暮らしの面では、深夜営業のレストランやアジアンマーケット、クラブやバーなどの遊び場も多数あるので、生活しやすいですね。また、政府機関のオフィスや学校も多く、職・学・住・遊のすべてを、徒歩、自転車圏内に収めることも可能。地下鉄の駅も至近、バスの路線も網羅されていますから、隣接するハリウッドやダウンタウン方面へのアクセスも良い点が魅力的です」とのことだ。

【不動産】
Coldwell Banker Wilshire Real Estate
佐々木あき子
3731 Wilshire Blvd. Suite 104
Los Angeles
☎213-618-2765
akiko@coldwellbanker.com
www.cbcwilshire.com



コリアタウン探訪 食べる

コリアタウンのレストランを案内してくれたのはこの人!

人気ブログ『Kadaeのロサンゼルス★K-TOWN LIFE』の管理人

カヨ さん

コリアタウン在住の在日韓国人3世。日本ではラジオDJやレースクイーン、ミス○○などで活躍するも、今ではすっかり落ち着きスローライフをエンジョイ中!とは言うものの、LAでは韓国文化にドップリ浸かり、巨大K-Townを隅々まで知り尽くす。「住んでいる人同士が情報公開し、互いの文化を楽しめたら」と始めたコリアタウン情報ブログが話題となり、「最近では、メークなしでは歩けません(笑)」というほどの人気ぶり。 http://ameblo.jp/la-k-town




上から順に
・Yu Chun「冷麺」
・Corner KITCHEN「韓国キムチ餃子」
・Corner KITCHEN「みぞれ冷麺」
・Yu Chunの外観

【冷麺】
Yu Chun
LA一の冷麺有名店

本格冷麺を食べたいならココ。ラッシュ時には長い列ができるほどの人気ぶりで、同店から許可を得て秘伝レシピを使っている店もあるほど。まずは人気の「Cold Noodle Soup」($8.50)。冷え冷えの牛肉スープに、シャリシャリ氷が浮かんでいて、唐辛子ソースがほどよい辛さを演出。噛みごたえのある黒い麺とたっぷり野菜で食べる。

3185 W. Olympic Blvd.Los Angeles
☎213-382-3815
Mon-Sat 11:00am-9:00pm
Closed on Sundays


【キムチ餃子】
Corner KITCHEN
ファーストフード感覚で楽しむ

同店の人気商品は、「キムチ餃子」($7)と「みぞれ冷麺」($8)。餃子の具材は、野菜、挽き肉、そして刻んだキムチ!冷麺は、先の「Yu Chun」からレシピを譲り受けたもので、味は確実。「Octopus&Flying Fish Eggs Bibimbab inStone Plate」($10)は、アツアツの石鍋に盛られた具材を一気に混ぜ合わせて食べる。

3470 W. 6th St. #11, Los Angeles
☎213-388-9004
Daily 11:30am-10:00pm
Open 7 Days


上から順に
・Olympic Noodle Restaurant「ビビンバ」
・山(San)「サムゲタン」
・山(San)「アワビのおかゆ」
・Young Dong Restaurant「ソーロンタン」
・Young Dong Restaurant「野菜のスパイシースープ」

【韓国うどん】
Olympic Noodle Restaurant
決して目立たない隠れた名店

うっかりしていると通り越してしまうほど目立たないので、要注意! さて、ここの名物は韓国うどんの「カルグクス」($7.39)。巨大な器に盛られたその風貌からは想像できないほどの控え目な味で、スープを全部飲み干せるほどのサッパリ感。二日酔いの日や夜食に最適。味が物足りなくても、唐辛子とネギのソースで味を調節できる。刻みネギ、タマゴ、ノリ、モヤシ、豚肉がたっぷり入った「石焼ビビンバ」($8.39)は、ゴマ油と唐辛子ペーストをミックスし、自分流に楽しめる。

4008 Olympic Blvd., Los Angeles
☎323-931-0007
Mon-Sat 11:00am-9:00pm
Closed on Sundays


【サムゲタン】
山(San)
素朴なおかゆとサムゲタン

地元色がとても濃い店。創業、ナント33年! 店内は10人ほどが入れる大きさで、入るとハングル語でおばちゃんが出迎えてくれる。

鶏の内臓を取り除き、そこに朝鮮人参、モチ米、ナツメの実を詰めた「サムゲタン」($10.65)が有名な同店。グツグツ煮えたぎって出て来る石鍋には、小さめのチキンが1羽丸ごと入っている。味は淡泊で、好みで塩を入れながら食べる。

同じく、「アワビのおかゆ」($7.85)もオススメ。アワビから出る天然ダシが、ふんわり炊かれた米とベストマッチ。胃にやさしいく、朝食に最適。

3064 W. 8th St., Los Angeles
☎213-487-7615
Open 24 hours
7 Days Open


【ソーロンタン】
Young Dong Restaurant
やさしい味の素朴な牛骨スープ

「サムゲタン」と並ぶ、韓国伝統スープが「ソーロンタン」。スンドゥブやサムゲタンの陰に隠れてしまいがちな存在だが、韓国では代表的な家庭料理だ。

スープは少し白濁してはいるものの、基本はクリアスープ。味はとても淡泊で、サムゲタン同様、塩を入れて味を調節しながら食べる。やさしい味わいと、牛スジの濃厚な味が、口の中で美味しく混ざる。全体的にはさっぱりしているので、胃にはとてもやさしく、1日中いつでも食べたくなる味だ。

3828 Wilshire Blvd., Los Angeles
☎213-386-3729
Daily 7:00am-11:00pm
Open 7 Days


上から順に
・Ondal Restaurant「ユッケタン」
・Ondal Restaurantカニが丸ごと入っている
・Yang San Bak「ショートリブ」
・Dan Sung Sa「イカと野菜のソテー」

【カニ鍋】
Ondal Restaurant
1度で3回楽しめるカニ鍋

ここの1番人気はカニ鍋「ユッケタン」。ミディアムサイズでも3匹のカニが丸ごと入っている。まずは甲羅にご飯を入れて、カニ味噌と混ぜ合わせて食べる。新鮮な味噌と唐辛子の辛みが絶妙。その後は、カニ身や野菜を普通の鍋感覚で楽しむ。次に、目の前で韓国モチをちぎって入れる。少しトロミが出たらサッと取り上げ、口に運ぶと、ツルンとした食感。最後は、ダシが溶けた残り汁で韓国風焼き飯。満腹なのに、不思議と食が進んでしまう。

4566 W. Washington Blvd., Los Angeles
☎323-933-3228
Mon-Sat 10:00am-10:00pm
Sun 2:00pm-10:00pm
Open 7 Days


【豚肉BBQ】
Yang San Bak
新発見! 豚肉専門の焼肉店

グリルの周りにキムチを敷き詰め、そこに昆布、オニオン、アンチョビでダシをとったスープを流し込む。鉄板の真ん中で豚バラを焼くと、肉汁がキムチに染み込み、焼き肉を食べながら、キムチをサイドに楽しむのだ。残ったキムチは、最後にチャーハンにして完食!

3601 W. 6th St., Los Angeles
☎213-365-9689
Daily 3:00pm-2:00am
Open 7 Days


【屋台風居酒屋】
Dan Sung Sa
昭和初期を彷彿させる居酒屋

金大中・元韓国大統領と、北朝鮮の金正日総書記が向き合って微笑む、インパクトのある看板が目印。店内に屋台を作ったような店構えが特徴で、木の壁やランプには、ハングル文字で落書きし放題。

メニューは、「豚カルビ」($10.99)や各種串焼き($1.99)など、居酒屋メニューが揃う。「イカと野菜のソテー」($9.99)は、唐辛子のソース、タマネギ、長ネギを混ぜ合わせ、添えられた素麺とからめて食べる。

3317 W. 6th St., Los Angeles
☎213-487-9100
Daily 4:00pm-2:00am
Open 7 Days